<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

名残り  ~遠州木槿~

a0135439_10191816.jpg



「名残り」
とても美しい響きを持った言葉だと思いませんか。
遡ると王朝時代からあった言葉だそうです。

茶の湯で「名残り」というと、昨年の秋に口封を切って茶臼で挽いて使い始めた葉茶が
茶壺の底に残り少なく寂しくなって来た、というこの季節をさすことが多いのですが
夏の太陽を一身に受けて毎日新たな花を次々につけ、
来る日も来る日も咲き誇った夏の花の代表である木槿達の蕾が徐々に小さくなり、
勢いを失いつつも懸命に咲いている姿、それも名残りと呼びたいような気がします。


表千家7代家元如心斎天然宗左居士は、今日の家元制度の基を作り出したので、
表千家「中興の祖」と呼ばれています。
お家元では、毎年9月13日に居士の遺徳を偲び「天然忌」が営まれます。
「天然忌」には、残月亭の床に画像に当る円相が掛けられ、
その前にお家元が季節の白い芙蓉を入れられ、お茶湯を供えられるそうです。

今を盛りに咲き誇る花ではなく、名残りの花を一輪そっと供える。


茶室において花は「季節感」をかもし出す直接的な役割ですが、
出始め、出盛りでなく名残りを添えることにより
短い命の花から生の喜び感じ取る教えがあるような気がします。




11月の口切りのころから活けられる椿の種類もたくさんありますが、
木槿も白、ピンク、一重、八重などたくさん種類があるようです。
京都では祇園守りと呼ばれる白い木槿が、東京では大徳寺と言われるというのも面白いですね。


真っ白いものは、遠州が好んだことから「遠州木槿」と呼ばれ、
利休の孫であり三千家の祖といわれる千宗旦が好んだものは「宗旦木槿」と呼ばれます。
宗旦木槿は、真っ白い花の中が赤く、底紅とも呼ばれます。




a0135439_10542361.jpg

(宗旦木槿 写真は表千家HPよりお借りしました)




iPhoneから送信
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-26 06:30 | 茶道 | Trackback | Comments(0)

稲穂たわわに

a0135439_0132615.jpg


今日は秋分の日ですね。
このごろようやく日が落ちると涼しく感じられるようになってきた大阪です。

9月の半ばになると表千家では中興の祖7代家元如心斎の遺徳をしのぶ年回忌・天然忌の
法要がいとなまれます。
この頃になると、涼しく過ごしやすくなった秋の風情を題材に
たくさんのお菓子があちらこちらの和菓子屋さんを彩るようになりますね。

さて。
教室の天然忌のお菓子です。

お彼岸のお墓参りの折り、高台にある墓地から見下ろした収穫前の田んぼの風景。
澄み切った空に黄金色の稲穂が映え、それを見渡しているとなんともいえず感謝の気持ちがわきました。
お墓参りをすると心がすっきりとしますが、秋風の清々しい風に揺れる稲穂のように
心の中にも清らかな風が吹き抜けるようでした。

そんな気持ちをお菓子に託してお教室の天然忌のお菓子は稲穂にしました。

お干菓子で一番苦心するのは色だしです。
最後に寒梅粉を混ぜるので最初に予測値で濃いめの色をつけますが
経験が浅いのでなかなか予測通りに色だしができません。

もう少し黄金色に、と思いつつ優しい色合いが茶室には合いますので
そのあたりを工夫してみました。







a0135439_0131523.jpg


押し物の相方は寒氷。
雀を抜きました。
抜き型は先日京都の有次さんで求めたものです。

最近は雀の姿をあまり見かけなくなりましたね。

ちゅんちゅんとさえずりながらこぼれたお米をつつく姿が可愛らしくて見飽きることなく眺めていた幼いころを思い出します。






a0135439_0133980.jpg


菓子器は素朴なすす竹の盆笊。
祖母が愛用していたものですが、丈夫な作りなのでまだまだ現役で我が家では大活躍の器です。





a0135439_171283.jpg

お墓参りの時に見た田園風景。
遠くにPLタワーが見える私のふるさと。
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-24 00:12 | 和のお菓子 | Trackback | Comments(2)

中秋の名月

a0135439_11155217.jpg


昨夜はとてもきれいなお月さまでしたね。
ツイッターやfacebookでもたくさんの「綺麗!」が聞けました。
日本各地 それぞれに風習があるのですね。


私の育った地域では十三 七つ(合計二十)のまんまるおにぎりを三宝に盛付け、
芽つきの子芋やこんにゃく、揚げさんをたいたの、枝豆や梨、栗などと共に縁側にお供えします。
ススキや女郎花や藤袴など、季節のお花を活け、虫の音が聞こえるころにおにぎりを下げて
夕餉になります。
我が家だけかもしれませんが、「お団子」はいただきませんでした。
だからテレビなどでお団子を食べていたり、お供えしている光景をみると
「どんな味なんだろう?甘いのかな?」とずっと疑問に思っていました。

茶道の大先輩に伺った話ですが、大阪でも住まう地域によって全く違う風習があるようで驚きました。
大先輩は大阪府岸和田市のご出身なのですが、
そこでは夕方までにたくさんの煮物やおにぎりなどをお皿いっぱいに盛り付けて縁側にお供えするそうです。
それを近所の子供たちがその家の人に見つからないようにこっそり食べにやってきて
見つかってもいけないし、家人が見つけてもいけない、という風習があるそうです。
たくさんのお供えをしないとその家は栄えないし、こっそり食べなければ食いっぱぐれるんだそうです。

実りの秋らしいのどかな風習ですね。
八十をとうに超えた大先輩が目を細めてお話になる姿が印象的でした。



さて、今年は白米ではなく、玄米に鉄火味噌を混ぜたのでまんまるおにぎりにしました。
鉄火味噌を送ってくださる方々の笑顔を思い出しつつまんまるにしていると
それだけですっかり心が穏やかになります。


ところで、毎年中秋の名月と満月の日は一致するわけではないのですね。
来年は一日違いのようです。 →詳しくはこちらのサイトをぞどうぞ 「お月見のはなし」



iPhoneから送信
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-20 06:15 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

居酒屋 大阪ながほり

「こんなお店知ってる?」
と唐突に尋ねられ、そして教えてもらった。

「もうね、出てくるもの出てくるものがとにかく美味しいんだってば!」って。
聞くと居酒屋だけれど居酒屋っていうには勿体ないほどの(居酒屋さんごめんなさい)本格的な和食が食べられてそれに合ったお酒も厳選されているらしい。

でもそういうお店って時々あるような気がするんだけどなぁ・・・。

そう思いつつ名前だけをたよりに検索し予約を入れてみたら
「その日でしたら、午後9時半からの予約になります。」と。
午後9時半でもちゃんと予約をとっていただけるだけのご準備があるということだろうか。
それとも・・・・。



大阪遊びの締めくくりはそんな居酒屋 大阪「ながほり」で遅めの夕食をいただくことにしました。

JR玉造駅から徒歩10分程度。
比較的わかりやすい道順を歩き、そろそろかなぁ~?と思った時にそのお店はありました。

居酒屋 大阪「ながほり」

お店の玄関は見過ごしてしまいそうな植え木構えの一軒家。
暖簾がかかっていたような気がするけれど、ただの擦りガラスだったのか、
もう忘れてしまいましたが、引き違い戸を開けてスマートにお出迎えくださいました。

玄関を入ると「はいじさま奥にお通ししまぁす」と元気に言われてしまってちょっと恥ずかしいぞ。
カウンターなどの佇まいはきれいな割烹。

奥のテーブル席に着座し、お品書をみると、お薦め人の言葉どおり
「どれも美味しそう!」
なメニューが並んでいます。

気になったものから順番にアレコレとお尋ねし、お腹のすき具合や
お酒のいただく量などをお話させていただいて決めたのは次の四品。

北海道の毛ガニ(特大) 一杯  ジュレ酢
かにみそのクリームコロッケ
手羽先(やみつきです!とのこと)
季節野菜の餡かけ(大好評です!とのこと)


a0135439_1539159.jpg


a0135439_15392182.jpg


a0135439_153938100.jpg


a0135439_15454465.jpg


a0135439_15394486.jpg


a0135439_15401558.jpg



毛ガニは丸ごと一杯を板場ですべてほぐしていくださってます。
この写真の足の身の下には甲羅があり、その中に細かい身がぎっしり詰まっているのです。
食べやすさも美味しさ。
そしてジュレのお酢とミカンの酸味でさらに美味しくいただきます。

食べきれないの量なので、好きなだけこの状態でいただき、あとは頃あいを見計らって
サラダに、そして最後に蟹の雑炊にしてくださいます。

が、私達は美味しすぎてサラダになる分まですっかり食べてしまい、
最後の雑炊分を残しただけになりました。


かにみそのクリームコロッケ以下のメニューはこちらのオススメのお料理のようです。
もちろんどれも美味しくいただきました。

一緒に食べていた相棒が「美味しいものに限らず食べている時は無口」という人だったせいか
ただ黙々と食べ、時折「美味しいねぇ」とつぶやくばかりの美味時間が流れました。

胃袋がもっと大きくて、そして早い時間だったらもっといろいろ注文したかったなぁ(喰い気!)
たくさんのお品書があったので今度はお腹をぺこぺこにして伺いたいと思います。

言い忘れるところでした。
もちろん美酒。


途中ご店主の中村さんが一度席まで窺いにいらしてくださり、丁寧な物腰でお話しくださいました。
お店のスタッフの方々もかしこまり過ぎず丁寧で
「みんなでお店を愛している」
という雰囲気がさらに美味しさ度合いを高めているような気がしました。



帰宅してから検索してみたサイトを掲載しておきます。


大阪「ながほり」の中村重男さんが 「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK)に出演

YOMIURI ONLINE(読売新聞) 旬の「伝統野菜」作り手を感じる料理


この記事を拝見し、JR福知山線脱線事故で奥様を亡くされたことを知りました。
奥様のご冥福とお店の益々のご繁栄をお祈りします。

また伺いたいお店です。

美味しいものを二、三品。
そしてほろ酔いになってまた来たいね、と気軽に言えるお店。
みなさんもきっと満足されると思います。

是非。





 
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-17 06:30 | いただきます | Trackback | Comments(2)

「タイピスト」

a0135439_13531335.jpg


'50年代のパリを舞台に可愛くて、スポ根で、カラフルで愉しい話が繰り広げられる映画。
たくさんのレトロ車がパリの街を走る姿が見たくって!
「これどうやって撮ったんだろう」と、何度も思いました(笑)

シネ・リーブル梅田。
大好きな映画館。




iPhoneから送信
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-17 05:30 | 本や映画や舞台や音楽のこと | Trackback | Comments(0)

視覚情報センターへ行ってきました

最近近くの文字が見づらくなってきていました。
年齢から言うとそれは「老眼」。
「シルバーグラス」とカタカナで言い換えてもそれはまさしく「老眼」。
そう思うとなんだか急に鬱陶しく思えてきたのでした。

そんな折、千葉県佐倉市にある眼鏡の「とよふく」さんのことを知り、
ここなら行ってみたいなぁと思ったものの、
母の介護のことやアレコレを算段するとなかなか腰が上がりませんでした。

(「とよふく」さんの訪問記を書かれたブログは→ こちら!

と、そんな話をこるちゃんにしたら
「大阪には視覚情報センターがあるじゃないですか!」と。

「!」


聞くところによると眼鏡の「とよふく」さんでは食べ物、生活習慣、そのほかに
いろんな角度から「見る」ことについてのアプローチをされているようですが、

こるちゃんの、
「食べ物や食べ方、考え方についてはマクロビオティックとして、食養として、
むそう塾や岡部先生から教わっているのだから、今のはいじさんには時間的にも精神的にも
負担のない視覚情報センターに行かれたらどうでしょうか。」
という後押しをいただき、予約で電話をしたのが7月半ば。
検査を受けたのが8月中旬。
そして眼鏡ができあがりましたとご連絡いただいたのが9月上旬。
で、受け取りに伺いました。

出来あがった眼鏡はこちら。


a0135439_1446577.jpg




手元がよく見えます。
すごく!

と、その詳しい感想の前に視覚情報センターでの検査の話をしたいと思います。

と言っても文字でその検査のことを書き起こす筆力はありません(笑)ので検査の感想を少し。


驚いたのはよくある視力検査みたいなものはほんの僅かで、あとは独自の機械と
ビジョントレーナーの田村先生の経験に基づく患者(?)個々に応じた検査が
テンポよく進められたことです。

右目と左目の使い方、筋肉の使い方(使われ方?)、二つの目の動き・向き・物の追い方、
立体的な見方がどれだけできているか等。
検査は不思議体験を伴いながらアトラクションのように進められました。

そこで私に田村先生が仰ったのは
「あなたはとても目の良い方ですね。」
ということです。

「遺伝的にも、骨格的にもそうなのだと思われる」と。
筋肉、骨格、目の弾力、遺伝的な視力の良さ。
それらが複合していついつまでも子供の頃のようによく見えていた(いる)と。

「何かスポーツをされていますか(していましたか?)」とお聞きいただきましたが
残念ながら遊び半分にやったテニスとバドミントンぐらいしかない私。

「ありません・・・。 でも・・・。」
「でも?」
「そのご質問はよくよくされるのです。鍼治療でも、マッサージ士さんにも、美容師さんにも・・・。」
「ん~。筋肉と骨格と・・・、目に関しては物の追い方ですねぇ。」

もしかしたら何かスポーツをやっていたらモノになっていたのかもしれません、私。
でもやってない・・・。残念。


次に驚いたのは
「十年ぐらい前に酷い頭痛になっていたでしょう?」と仰ったことです。
確かに十年ほど前に頻繁に頭痛がしてMRI検査を受けたことがありました。
結果は脳には何ごともなかったのですが、当時の担当医には
「目が良すぎるのかもしれないですね」と言われたのでした。

そして近所の眼科で眼鏡を作ってもらいました。
その眼鏡は「見えすぎないように調整する」眼鏡でした。

けれど少しかけているだけで目が疲れるのでものの数日でかけるのをやめてしまいました。

田村先生は続けて仰いました。
「肩こりが酷い時があるでしょうね。」と。
マッサージに良く行くと答えると
「それは腐ったものを食べながら薬を飲んでいるようなものですね。」と仰いました。

「あなたに必要なのは、見えすぎる視力を休ませながら見ることです。」

つまり私は身体的にはとてもよく見えるのだけれど、
よく見えるがゆえに「見る」ことにストレスがかかっているのでした。

「見る」という行為には「単に見える」というものと「能動的に見極める」というものがあり、
多くの人はその使い分けが上手だったり、早い時期に見ることに疲弊して視力が落ちるのだそうですが、
私は人以上に「見極める」ことに積極的で、そして身体的にもそれが持続したのですが、
年齢的にいよいよ眼球付近の筋肉が衰えてきたので、「老眼かしら?」と思ったのですね。

しかし、そもそもの原因は「心」にあったのです。
なぜなら「見る」ことに能動的すぎるということは、自分にとって無用なものさえ刻みこんでしまう
自傷的要素があり、その矛先はえてして他者にも向かってしまう可能性があるからです。


「何事もしっかり見る(見える)から良いのではなく、
時にはぼんやりとさせておくことが「楽」な場合もあります。
ちゃんと見えている時、脳はストレスを感じませんが、眼球の周辺はストレスにさらされています。
つまり、「見たい」と思って「見える」ことで喜んでいる脳は満足しているでしょうけれど、
眼球付近の肉体はオーバーワークなんですね。
このメガネをかけて向うの壁をみてください。ぼんやりしか見えないでしょう?
これで0.3ぐらいです。つまり0・3の視力の人は裸眼だとこれぐらいの見え方で生活しているんです。
そんなに見えなくても困らないもんだということなんですね。」

そうなんです。
そうなんです。

ああぁぁぁ、わかっているつもりでもそれができない、私。
なんだか「小さいことに気するんだねぇ、わはは。」と言われたような気がしましたが
実際そういう気の小さいところがあるんだからしょうがないですね。

ということで、これからの私の課題。
それは柔らかさ、大らかさ、です。
もうその一言につきます。
そのために生き方、食べ方、考え方を整えたいと思います。

つまり、四季が繰り返えされるが如く、その時々に応じた柔軟な過ごし方こそが
私の心と身体を健康にしてくれるのだと、そう思います。


眼鏡ひとつでこんなにわからせていただいた視覚情報センター。
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1-18  エクラート江坂ビル2F 
TEL / FAX:06-6338-8093  
HPはこちら!

お世話になりました。
またひと月後、その後の検査(無料)に伺いたいと思います。


ところで私のこのフレームは残念ながら視覚情報センターで購入したものではありません。
もちろんたくさんの種類、メーカー、ブランドのものを取りそろえておられたのですが
どうも自分の顔にしっくりこなかったのです。
そうしたら眼鏡選びのポイント(私の場合のいくつか)を教えていただきました。
その足で大阪のデパートに行き、デパートの眼鏡売り場のプロの方に
「似合うフレーム」を選んでいただいたのでした。

備忘録として金額を記しておきます。
視覚情報センターの検査料  3,000円(ひと月後の再検査料含む)
視覚情報センター作製のレンズ 24,000円
デパートで買ったフレーム 50,000円



a0135439_14433164.jpg




今のところ60センチ以内のものは眼鏡の方がよく見えますが、それ以上になると裸眼の方がよく見えます。
けれど手元の文字の鮮明さといったら!
もうピントがピシっと合ってきもちいい!

でも見るのはほどほどに、です(笑)
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-12 23:50 | teate | Trackback | Comments(6)

文目堂(あやめどう)

今年の夏は暑かったですね。
最近ようやく少し、また少し・・・と秋めいてきました。
暑い日でも、もう夏の因子はすっかり消え失せ
空気は秋のそれになっています。

そんな秋の一日、遅めの夏休みをもらって一日大阪遊びをしました。


まずは前々から行きたかった蕎麦屋の「文目堂(あやめどう)」さんで少し早目のお昼を。
ミシュランの星付き蕎麦屋さんで修行されたという美味しいお蕎麦もさることながら
興味を持っているのはその建物。
古い建築物をリノベーションされているとお聞きし、是非拝見したいと思っていたのでした。


a0135439_15565839.jpg


「文目堂」さん。
大阪市内の蕎麦銀座と呼ばれる谷町界隈にそれはありました。



さて、久しぶりに出掛けたので嬉しくて写真多めです。
まだ1軒目なのに(笑)

それでも見ちゃうと仰る方は↓からどうぞ。

こちらからどうぞ・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2013-09-11 23:30 | いただきます | Trackback | Comments(24)