<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

猿之助!!

a0135439_3584732.jpg


元日から幕を開けた「壽初春大歌舞伎」。
猿之助改め二代目市川猿翁、
亀治郎改め四代目市川猿之助、
そして九代目市川中車(香川照之)という澤瀉屋3人の襲名披露公演。

昼の部、中車は襲名以来初めての古典「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」の石川五右衛門役。
豪華絢爛たる南禅寺三門を舞台に、親の敵である真柴久吉との対峙を描いた作品で、
久吉役の猿翁との初の父子共演が一番の愉しみだったが
残念なことに猿翁は病のため休演。
代役の猿之助との従兄弟競演が思いのほかの感銘だった。
「絶景かなーーーー!」
中車演じる五右衛門の台詞の朗誦。
代役とはいえ久吉役の猿之助との息もぴったりで胸のすくような舞台だった。


しかし。
終わってみればこの演目よりも、源九郎狐と静御前の道行を描いた
「吉野山」こそが昼の部の一番の見所だった、というのは嬉しい誤算だった!



チョンパ(「チョン」と拍子木が打たれると「パッ」と幕が落とされる)で浅黄の幕が下りると
そこは桜・桜・桜・・・見渡す限り満開の桜の吉野山。

静御前が義経から形見に渡された初音の鼓を打つと
スッポンから家来・佐藤忠信(実は源九郎狐)が現れる。

「ご両人!」と声がかかる静御前( 坂田藤十郎 )と居並ぶ源九郎狐(猿之助)の
優しく柔らかな表情、まさに怪し・麗し。

兄・頼朝から謀反の嫌疑をかけられ都落ちをしている義経が
後白河法皇より「 鼓を打て 」すなわち「 兄頼朝を打て 」との謎をかけられ下賜された初音の鼓。
その鼓を義経と思って大切にしている静御前。
実は鼓の皮にされた親狐を慕った子狐が奥州にいる佐藤忠信に化けて、静御前を守護している。 

二人は道行をして、義経の隠れ住む許へ向かっている。
愛妾として家来として義経を慕い、時に舞い鼓を打ちながら歩みを進める二人だが
時折現れる狐の本性の怪しげな忠信にぐいぐい引き込まれる。
源九郎狐と忠信の切り替えの自然さ、流暢さ。
それが幾度とそれとなく繰り返され、気づくと知らぬ間に心地好く
吉野山の幻想の世界に誘われてしまう。
猿之助、見事!

時に怪しく、時にユーモラスに、時に美しく、時にこの世のものとは思われぬ怖ろしげな
手の、足の、目の動きに釘付けであった。

義経はこの舞台に現れこそしないがその存在感は終始観客の意識の中にあり
それは紛れもなく愛妾・静御前と家来・佐藤忠信の恋慕の舞のなせる技ではあるが
「親を慕い人間に化けてついてくる子狐」の健気さ、未練、肉親の因果応報が
それを否応なく意識づけるからなのか。
いや、それさえも演じきる猿之助、まさしく怪しき歌舞伎役者!!

天晴れ!!!!
[PR]
by haijikg7 | 2013-01-25 03:59 | 本や映画や舞台や音楽のこと | Trackback | Comments(4)