<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

組子ベッド 『あんばい』

ベッドのことであります。

先日拙ブログでご紹介した『ふとんやのおっちゃん』睡眠体験ルーム。 

寝具について興味はあったものの、各社の各製品はどれも一理あり、魅力もあり。
試してから購入したいのが人情ですがそうもいかないのが寝具。
そこを試してから買えるというふとんやのおっちゃんこと 睡眠考房まついさんの体験睡眠は
親切を通り越して売る側の「自信」がみなぎるサービスだと思います。

敷マット、上掛け、枕、パジャマ、タオルなどをすべて試させていただいたのですが、
一番関心をもったのがこの組子ベッド「あんばい」でした。

【組子ベッドとは・・・・】
  人が一晩寝ると、コップ一杯から二杯分の水分がふとんに吸収されます。
  この水分が、夏ムシムシ、冬ヒンヤリする原因です。
  組子ベッドは床面が二重構造で、建具技術の組子でふとんとの接地面積を
  極限まで小さくすることで、ふとんを部屋の中で陰干し状態にできます。
  乾いたふとんは、本来の機能が発揮でき、夏はサラサラ、冬はポカポカです。
  (使用環境により、組子ベッドの機能を発揮できない場合があります。)
   ~㈱総桐箪笥 和光 【組子ベッド『あんばい』】の説明書より~

組子ベッドを製造しているのは㈱総桐箪笥 和光さんです。
(ただいまTBS系列で絶賛放映中の日曜ドラマ「運命の人」の弓成家の寝室のセットに
桐箪笥・宝珠が使われています。)


先代会長が建具職人であり彫刻家でもあるこの和光さんは、
ひたすらに材木と家具の調和を考えておられる真面目な家具屋さんです。
そして過去には色んな材質を家具に使い、
その上で今は「桐」のよさを引き出す家具作りに精進されておられます。

桐。

桐と言えば和箪笥しか思い浮かばないのですが、ここにきて桐ベッドです。
何故和光さんが桐のベッドを作られたのか。
それはとあるデパートからの注文に端を発します。
が、ここでそのことを書いている暇がないのですっとばします。
(興味のある人はコチラのQ&Aをご覧ください。)

暇がない。
そう桐の組子ベッド「あんばい」のことを書きたいので、暇がありません。

で、この「あんばい」です。
まず、材質は桐です。
総桐。
フレームもすのこも組子もピンも桐。
全部、桐!

桐は、ゴマの葉草科で、草の一種です。
ですので他の材木とは違って繊維が柔らかく、触った時もぬくもりがあります。
そして
①湿気の吸排出効果がある。
②遠赤外線やマイナスイオンは木炭より多い。
③夏涼しく、冬温かい。
④弱アルカリ性という性質とタンニンという成分が含まれているので虫がつきにくい。
という特質があります。
これを遺憾なく発揮するのが組子ベッドです。

組子ベッドというからには組子がしかれているわけですが、ではなぜ組子なのか。
すのこベッドはよくみかけますが、すのこの平面的な土台が
眠る人をまっ平らにしすぎて、腰痛や姿勢の悪さの元になることがあるそうです。
また平らすぎると眠っている時に寝がえりをうって安眠の妨げにもなる。
そしてすのこはその上に敷くお布団(またはマット)との接地面積が多いため使用しているうちに
すのこもお布団も湿気る、湿気たらかびる、かびたらベッドもいたむしお布団もいたむばかりか、お部屋全体のかびの温床になる・・・という忌々しき問題に発展するのです。

そこで、すのことお布団との間に組子。
もう組子が救世主なわけです。
面に近いすのこの上にらんまの技術で釘1本使わずに組まれた組子を載せます。
日本の匠、「らんま」です。
いまではお見かけすることも少なくなったこのらんまの技術をあろうことか見えない部分に使用する贅沢です。
まさに贅沢三昧です。
この組子をすのことお布団との間に挟むことで、お布団の湿気が組子を通してすのこに、すのこからベッド下に吐き出されるという仕組みになるわけです。
また、すのこと組子の間に空気の層ができるので、下からの冷気を和らげ、空気層が寝ている人の体温で温まるとそれを逃がさないという特性もあるそうです。
これはすべて「桐」だからできること。
桐の吸排出性と遠赤外線による効果だそうです。

あとは使い勝手の良さ、耐久性・・・と欲張り消費者(私)は無理難題をこのいたいけな組子ベッドにぶつけたのですが、それさえもクリア。
難なくクリアです。

使い勝手、というか組み立てはいたって簡単でした。(実はおっちゃんがやってくれましたが)
組み立て始めから終わりまでものの3分もかかりませんでした。
ダブルなのに、です。
カップヌードルも出来あがらないうちにベッドが出来上がる早さです。
そして出来あがった「あんばい」はなんとも重厚な面持ちでした。
それはフレームの焼桐から醸し出される佇まいとでも申しましょうか。
そうそう、この桐を焼くというのがプロパンガスバーナー直火焼きの技法だそうで、桐たんす屋さんでも難しいといわれているのだそうです。

ベッドの耐荷量はダブルで400キログラム。
よかった。
まだ太っても大丈夫です。

そんなこんなの組子ベッド「あんばい」の全貌です。



a0135439_16593920.jpg

まず、組み立てて(もらって)、すのこを敷き、組子をその上に乗せたところ。



a0135439_1659567.jpg

おっちゃんとこで買わせてもらった駱駝のお布団を2枚重ねて敷いたところ。




a0135439_170751.jpg

おちゃんとこで仕立て直していただいた羽毛布団をのっけたところ。



と、ビジュアルはかなり地味に終わりましたが、もうこれが何と言っても気持ちいいのです。
お布団に入って秒殺です。

って、これは前からですが(爆)

私にとってはよい「あんばい」とのお出会いでありました。

おまけ
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-27 18:30 | 拘り | Trackback | Comments(6)

シラルガン ニューシングルセット

a0135439_0573594.jpg


お鍋を買いました。
シリット社(ドイツ製)のシラルガン『ニューシングルセット』です。

ニューシングルセットは片手浅鍋とフライパンと
その両方に使えるガラス蓋の組み合わせです。

購入の日に早速作ったお料理はハヤシライスでした。
これがもうなんともまろやかに仕上がり、
玉ねぎトロトロ、お肉もプルプル。
すっかりこのお鍋のとりこになってしまいました。

浅鍋で一番だしをとったり、おからのたいたんや切干大根のたいたんなどを作り、
フライパンのほうではキャベツの千切りを蛍火でしんなりさせ(無水調理)温野菜を作ったり、
煮魚を作ったり、真蒸を温めたり(これが重宝なんです)。

「煮る」「焼く」「蒸す」「炒める」、そしてまだやっていないけれど
「揚げる」も出来そうなまさに万能調理器具。

浅鍋とフライパンの開口部を合わせると
取っ手の部分がスパイラルにピッタリとかみ合うので
場所とらずで仕舞えます。

この「仕舞いのスタイル」でも調理できるんじゃないか、と思ってやってみたのは・・・。

焼き芋
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-25 07:00 | いただきます | Trackback | Comments(8)

びわの葉エキス

びわの葉エキスにはじめてお世話になったのは昨年のことでした。
肌が荒れていたところ、おともだちのこるぷんさんが分けてくださった
びわの葉エキスを少し希釈してつけてみると半日で改善!

これはすごい!!

と思い、すぐに作ろうと思ったのですが、作り方を調べると
「大寒の日に作るのがいい」と書いてあったのでずっと我慢していました。

いつも(というか最近はさぼりがち)の散歩コースにびわの木があります。
林の中にぽつぽつと生えているびわの木。
枝は伸び放題ですが、エキスにちょうどよさそうな葉がたっぷりと茂っています。
(エキスには一年以上たった緑色が濃く葉肉の厚いできるだけきれいな葉が適しています。)

大寒の朝、少し小雨のまじる道を歩いて肉厚の葉っぱを採取。


a0135439_21285168.jpg

綺麗に洗って乾かします。
以下、こちらのサイトを参考に焼酎に漬けて完成。

a0135439_2129520.jpg

(↑丸1日経過したものです)

途中葉の上下を入れ替え作業を二、三回行い、
四力月以上置いたら成分が安定するそうです。
「葉の色がすっかり茶色になったらビワの葉を取り出し、エキスのみ保存してくだざい。」
と注意事項に書いてありますが、忘れそうでこわい。

どなたか「葉っぱ出して!」と教えてください。


※注意
びわの葉エキスは希釈せずに使用すると抗体ができるそうです。
具体的には、顔や身体に湿疹や腫れができるとのこと。
抗体ができると、今後びわの葉エキスを使用すれば必ず湿疹や腫れが起き、
抗体は何年たっても消えないこともあるのだそうです。
使用方法はしっかりお調べになってくださいね。

[PR]
by haijikg7 | 2012-01-24 21:00 | teate | Trackback | Comments(6)

陰影礼賛

a0135439_1721156.jpg


新年飾りの名残。
梅と紅白椿。

普段この時間帯は無人の我が家。
いつもこんな風にひっそりと時間が過ぎているのだろうか。

谷崎潤一郎の随筆 『陰影礼賛』を思う。

光が陰を生み、陰は光を引き立てる。


陰の美しさに心揺さぶられる。
日本人だから。
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-22 16:55 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

45日目

a0135439_0471564.jpg


45日目のヒヤシンス。
香りが春です。
早朝の香りが格別です。




a0135439_047541.jpg


となりで逆さまに育てられている子は少しずつ芽を伸ばしています。
でも若干育て主を恨んでいるように見えるのは
きっと気のせいです。
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-18 21:00 | ヒヤシンス | Trackback | Comments(2)

むそう塾 上級幸せコース 1月度

a0135439_0495541.jpg


《カリキュラム》
唐揚げ 
小松菜の煮浸し
切干大根のたいたん 

新年第1回目の講座。
塾生の仲間が年末に綺麗にお掃除してくださった教室で
気持ちよく講座を受けさせていただきました。
早速自宅で復習をしてみました。


《鶏の唐揚げ》
a0135439_050259.jpg


バリッとジュワッと。
香ばしくてジューシーな鶏の唐揚げでした。
次回はもう少しカリっとさせたほうが良いようです。
むこうに見えるキャベツの千切りはまだアップにする勇気がなく・・・。
特訓中です。
まだヘタッピですが、今までのキャベツの千切りより断然美味しくなるという方法で刻みます。
私はキャベツの千切りは好きではなかったのですが、
とても香りよく歯ごたえ良く仕上がります。
特訓する甲斐のあるキャベツ千切り!


《小松菜の煮浸し》
a0135439_0502185.jpg


手軽にできるおばんざいです。
青臭くなく、色鮮やかに仕上げることができるようになりました。
今までは、すぐにアーミー色に変色していた自分のおばんざい。
美しさを保つコツがあるんですね。



《切干大根のたいたん》

a0135439_0502829.jpg


これも簡単に作れるようになりました。
が、水分を間違えてしまって切干大根の色が濃くなってしまいました。
ううぅぅ・・。
今度は覚書どおりにちゃんとやろうっと。



家庭の食卓によく登場するメニューですが、
それが美味しいのと普通なのと美味しくないのとでは
随分違うなぁ・・・と思います。
毎月思うのですが、お料理を作るということは
作りながら気持ちが癒されるように感じます。
ましてや「美味しいものが作れる」なんて作って食べて幸せ!だと思います。

完全コピーまでまだまだ!です。
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-17 07:48 | むそう塾 | Trackback | Comments(0)

煮物椀から教わったこと

a0135439_16183297.jpg



今年の初釜で初めてひとりで煮物椀を作りました。
今まで叔母の催す茶事の手伝いで何度かやったことはありましたが、
いつも叔母がそばにいて、手とり足とり教えてくれていました。
ここ10年ぐらいは毎年茶道の師匠宅で催される初釜では
叔母が真蒸(しんじょう)の煮物椀を作っていました。
私はその盛付の手伝いをするぐらいでした。

ところが今年は叔母から
「私も古希を迎える歳になったことだし、これからはあんたに頼みたいんやけど」
と言われました。

正直驚きました。
その理由は、煮物椀は懐石の核となるお料理で食事の要になるものであること。
ひとりでやったことがないお料理を突然出来るはずがないと思ったこと。
また今まで叔母を手伝った経験からいうと、とてつもない労力が必要だとわかっていたからです。

ひとりで作り上げる自信がない、そして「めっちゃしんどそうやなぁ」という怠け心で
あれこれと言いわけをしました。
けれど叔母は
「数人分ならまだ私にも作れるけれど、14人分の真蒸はどうにもこうにも疲れるから」
とやんわりと、しかし譲らない強さで私にその仕事をするよう言いました。



京都でお料理を教えてくださっている中川さんにご相談すると、
煮物椀の椀種を真蒸にしないで
卵豆腐に岩茸をしのばせた「雲龍」というものにするのもよいと案をいただきました。
作り方も飾る方法も丁寧にツイッターで教えてくださいました。

しかし逡巡の結果、例年通り真蒸で煮物椀を作ることになりました。
日にちも迫っていたので練習用の材料をそろえることができず、
初釜前日に一発勝負で真蒸を作ることになりました。

中川さんにそのことをご報告し、教えていただいた「雲龍」は
今回の献立にあがらないことなどをお詫びしました。
中川さんは気を悪くされるどころか、真蒸の極意や飾り物に至るまで味や固さや艶や、
果ては食べる方の身になってどこに隠し包丁を入れるとよいか、
ということまで事細かに教えてくださいました。



初釜の前日は、朝から家を丁寧に掃除し、買い物、材料を整えました。
真蒸はご存知の方もおいでだと思いますが、
魚のすり身に卵白やお出汁を擦りあわせて蒸したり揚げたりするお料理です。

茶懐石のそれは後にいただくお茶を美味しく味わうために
邪魔にならない味と量、そして風味をださねばなりません。
作る工程で味見をすることができないお料理なので、
すべては予測値で作ることになります。

叔母の手伝いをしている時はすり身をあたっているときに
「これぐらいの固さ?」
「もっと擦るの?」
「量はどのぐらい?」
「こんな色でいい?」
といちいち叔母に尋ねていました。

蒸し器に入れてからも
「火加減これぐらい?」
「何分蒸すの?」
「蒸しあがったけど、どこで冷ますの?」・・・。
自分ひとりでやってみるとなんて自分は人任せだったんだろうと思いました。

作りはじめてから蒸し終わり、飾りの千代結びを終えるまでに8時間が経過していました。
叔母の手伝いをしていた時はすり身に混ぜる一番だしも
叔母が朝早くにとって常温まで冷ましてくれていました。
自分でやってみると一番だしを数リットルとって冷ますまでに2時間近くかかってしまい、
段取りもよろしくありませんでした。

前日に仕込めるものはすべてやっておき、当日の早朝に青味のものと松葉柚子を準備しました。
青味のものは本来なら鶯菜を用意したかったのですが、
揃えることができず菊菜の束の中から芽菊菜を人数分選り、
松葉柚子は講座で教わったように仕込みました。


初釜の懐石ではなんとかお席のみなさんに喜んでいただくことができました。

ちょうどその日はむそう塾でお教室を開催されていたので、
初釜を終えたあと京都に赴き、中川さんと美風さん、
そして教室で学ばれていた幸せコースの塾生さんに試食をしていただく機会に恵まれました。

そして実際に中川さんに温めて盛りつけるまでの手際や注意点を教えていただくことができました。


私には何度直そうと心掛けても直らない癖がいくつかあります。
中川さんにはとうの昔にそのことはお見通しで、あらゆる場面で露呈する私の悪しき癖を
直すためのヒントもいただきました。

そのひとつが「盛付のセンス」です。
食べる人がお椀の蓋を開けた時に、どの角度でお椀の中を見るのか。

私は調理台で盛付をしますが、お客様は座って蓋をあけられます。
その時の微妙な角度の違いをどうしても直すことができません。
また円と線の安定したバランスをとることも苦手です。

そして材料の見極めが甘い、これはどうしようもなく出来切らないことです。
「盛付は買い物をするときからはじまっている」
何度自分に言い聞かせても盛付の最後にその意味を思い知ります。

そして材料を切る時の思い切りもありません。
今回は松葉柚子にしっかりとその姿があらわれました。
本当はももう少し葉を長く、そして心もち葉を細く仕立てるべきなのですが、
「細すぎないか」
「切ってしまったら取り返しがつかない」
と気持ちひとつぶん葉が太くなります。
それは今まで何度も何度も叔母にも言われていたことでした。
盛付後の姿を予測値で想像しきれない力不足がいつまでも直りません。
仕込んでいた時は「講座で教わったようにできた」と思っていたのですが、
写真で比較すると中川さんの教えとは似て非なるものだということがわかります。


けれどそれもこれも丸っと含めて
中川さんは最後に「いいお仕事をした」とねぎらってくださいました。
きっと本当はこんなんじゃダメなんです。
それなのに、今の私の精一杯を褒めてくださいました。

そして「叔母さんが『しんどい』とおっしゃってる意味がわかってるよね。
しんどいのは今年に始まったことじゃない。
去年もその前からもずっとしんどかったはずや。
でも自分が『しんどいねん』と言うて、
はいじさんに引き継がせようとしてはる気持ちをありがたく受け止めなあかん」
と仰いました。

中川さんはたくさんの人との絆の中でそんなこともすべてお見通しなんだなと思いました。
そして叔母も私にさせてみることで自分がそばで教える以上に
見守ってくれていたんだと思いました。


煮物椀から教わったこと。
それは自分には教え導いてくださる人がいるという己の幸福でした。


中川さんの松葉柚子と私の松葉柚子の違いはコチラ
煮物椀 盛付の手直し前と手直し後はコチラ
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-13 18:40 | 思い | Trackback | Comments(16)

帆立貝柱真蒸

a0135439_16103592.jpg


帆立貝柱真蒸の煮物椀。
ほんのり とき色に染めて蒸し上げる。
初釜の懐石に。

私が最初に盛付た トンデモな画像はこちら!
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-13 18:20 | 茶道 | Trackback | Comments(0)

初花

a0135439_176449.jpg


「新年おめでとうございます。」

と言っているかのように、新年早々花が咲いたヒヤシンスです。
40日目にして蕾が開きました。

ご覧のとおりピンクの花でした。
(ラベル通りでした。>当たり前?)

そしてもう一方の紫の予定のアノ子は・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2012-01-04 17:11 | ヒヤシンス | Trackback | Comments(12)