<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

誕生日

a0135439_7252430.jpg


命あること、
年を重ねることができること。
そして、人に支えられているということ。
「感謝」という言葉を
これほどかみしめた誕生日はなかった。
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-30 06:20 | 思い | Trackback | Comments(16)

この木なんの木

a0135439_10385082.jpg

ハワイのモアナルア・ガーデンにある樹齢130年のモンキーポッド。
CMで「日立の樹」としてよく知られています。


幹の周囲は7メートル。
とても大きな木です。
ずっと寄りかかっていてもしっかり受け止めてもらえる力強さ。
どっしりとした幹からは、四方八方にたくましい枝が伸びています。
a0135439_10525630.jpg



同じように手を伸ばしてみたら、
この木と同じようにどっしりとした幹を持ち、
たくましく伸びていけるような気がしました。
a0135439_10485143.jpg


この写真を撮ったときは、震災が起こるなんて想像だにしていなかった。
けれど今、あらためて写真を見て、
この木の下で感じたことを違う意味でもう一度思い返しました。

力強く、前向きに。

小さなことでも、小さな思いでも自分にできることを続けようと思います。
小さなことでも、自分にできることを精一杯。
小さな思いでも、強い決意で。
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-24 11:00 | | Trackback | Comments(14)

雪柳

a0135439_23482296.jpg

雪柳の花がほころびはじめた。
まるで名残雪のように。
ひとつひとつの花は小さいが枝一杯に蕾みをつけ、
雨にも風にも負けることなく、しなやかに生きている。
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-21 23:00 | 思い | Trackback | Comments(4)

待つという支援

a0135439_442484.jpg


このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた被災地の皆様に、
心からお見舞い申し上げます。

この被害の大きな要因のひとつに津波があげられます。
津波という言葉は、ハワイで起こったアリューシャン地震の際に、
日系移民が「tsunami」という言葉を用いた1946年以降、
広くアメリカで使われるようになり、国際語化したとTV放映を通じて知りました。

この写真は先日私がハワイを訪れた際に、海にかかった大きな虹をおさめたものです。
65年前、ハワイを襲った大津波。
その海もこうして穏やかに虹の橋がかかる今日となっています。

今回被災された方々の、
「もう海辺には住みたくない」
「海が憎い」
との悲痛な叫びにも似た声を報道番組で目にしました。

今は土砂と瓦礫で埋まった吹雪の中の海岸の風景ですが、
一日も早く、風光明媚で豊かな元の姿に戻るよう、
光り輝く海の姿をみんなで望めるよう、
強い復興への思いを、虹の架け橋に託したいと切に願います。


3月11日の大きな震災以降、国や都道府県、あるいは各自治体の支援が
続々と被災地に集結し、諸外国からの救援部隊が到着する姿にも
心強い思いを抱き、またそれとはうらはらに遠く被災地から離れたところで
ただ報道を見守ることしかできない自分に強い焦燥感を感じました。

また刻々と被災地の様子が報道される中、原発のニュースが次々に放映され、
不安感は増すばかりでした。

震災から明日で1週間。
被災地から比較的遠い地域に暮らす私たちにどんな支援ができるのか、
各人が冷静に判断できるようになってきつつあります。
当初被災地に向った救護の人々や避難されている人々を見ると、
誰もが一刻も早く支援に向かいたいような気持ちになりました。
しかしながら、気持ちは今も向いつつ、今は「待つ」という支援も
大きな役割ではないかと思います。

・避難されている方々を受け入れる準備をして待つ。
・必要な物資・住まい・医療を確実に届けられるよう、資金を準備して待つ。
・現地に赴いた支援者が休息できるような環境を整えて待つ。

例えば大阪府のホームページには府営住宅456戸を
無償で提供する準備を整えているという記事が上がっています。
いまだ家族や友人・知人の行方や安否を確認できない方々に
現地を離れることはでききれないとは思いますが、
いつでも受け入れができるという準備を整えるということは
少しでも安心感に繋がるのではないかと思います。
みなさんの住まわれる自治体のホームページにも
同様の記事が掲載されているかもしれません。
掲載されていない場合は、
空き公営住宅を開放しようと呼びかけるのも支援のひとつです。
ご自分が所有される集合住宅や使用していない居宅をお持ちの方は、
それを開放すると自治体に申し出られるのも支援です。

また周知の通り、各自治体や自治体の外郭団体が義援金を募っています。
個人個人でされた募金は1円の経費をひかれることなく、
確実に被災地の復興の為につかわれます。
企業が募っておられる義援金も同様だと思われます。
もしもなんらかの影響力のある立場にたつ方がおられるなら、
義援金を呼びかけられるのも大きな支援だと思います。
個人個人だとワンコインの支援でも、呼びかけによるとそれが
札になるという可能性も秘めているからです。

支援に向った人々。
人命救助ばかりが支援ではありません。
被害の少ない地域のライフラインを確実に立て直す。
上下水道などの水質にかかわる検査や調査。
病気が蔓延しないような手立て。
彼らは被災地の食べ物にいっさい手をつけることなく、己の仕事をこなしています。
何故なら彼らは「自分には帰る場所がある」ことを強く認識して出向いているからです。
またその人々を待つ家族や仲間、次に交代で出かける準備をすることも支援の一つです。

買占めに走らないようにと喚起されているのと同様に、
不要にゴミを多く出さない暮らしぶりを心がける、公共のものを丁寧に扱うなど、
小さなことを心がけるだけで税金の無駄遣いを防ぐことことができます。
普段から当たり前のようにしていることでも、もう一度見直すことは大切です。
その税金が復興にまわるような社会にしたいと思います。

一日も早い復興を望みますが、大きな被害をみると中長期的支援を
私たち国民みんなが覚悟をして取り組まねばならないと感じています。

最初のうちだけ声を大きく声援するのではなく、
息の長い支援を続けられるような意識を高く持ち、
そして強い覚悟を持って共に乗り越えたいと、私はそんな風に考えています。

どうか被災された方々に、受け入れの支援の情報も早く伝わりますように。
またその大英断を下すべき機能が働きますように。

最後にもう一度、被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、
亡くなられた方々の安らかなご冥福をお祈りします。



※大阪府営住宅における被災者の受け入れについて
専用電話 06-6210-9779
申込み開始は平成23年3月22日(火)~
なお、入居に関するお問い合わせはすでに始まっております。
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-17 06:00 | 思い | Trackback | Comments(13)

クラッカー日和

朝、ホテルのベランダでクラッカーをかじっていると、
a0135439_6184518.jpg

小鳥がやってきて、なんとなくねだられているような気分。
1枚テラステーブルに置いてあげると、




a0135439_6201754.jpg

無茶だよ。





a0135439_6202652.jpg

それでも頑張る?
頬張れる?
頬張れ、頑張れ、頬張れ、頑張れ・・・・・・・・。




a0135439_6203318.jpg

あきらめた・・・。




a0135439_6204111.jpg


虹の朝の出来事。
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-11 06:00 | | Trackback | Comments(2)

double rainbow

a0135439_2236199.jpg

人工的なワイキキビーチに、大自然からの贈り物。
霧のような雨がザザーっと通りすぎたら見上げてみよう!
そこには大きな、大きな、大きーーな虹が大空にかかっている。






ほらっ!

a0135439_22485485.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2011-03-10 22:00 | | Trackback | Comments(2)

ALOHA

a0135439_18122098.jpg


ちょっと久しぶりな感じで、今日からハワイに行きます。
さっと行って、海に潜って、のび~~っとしたらすぐに戻ります。


ロマンチックな王様、いるかなぁ?
[PR]
by haijikg7 | 2011-03-04 18:30 | | Trackback | Comments(16)