<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

幸せクラス 2日目

桂むきをしてサラダにする
a0135439_015412.jpg


「和える」ということ
a0135439_016653.jpg

「博多にする」なんてはじめて聞いた・・。新鮮。

この色といったら・・・・
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-28 22:14 | むそう塾 | Trackback | Comments(0)

断食明けの頭痛について

考えられる原因(おっちゃんの見解)

① 食べたらアカンものを食べた
② 行ったらアカンところに行った
③ 吸ったらアカン空気を吸った

生涯で最初の断食のときが一番キツイ症状がでるので、次回からはもう少しゆるくなるとのこと。

今回は回復食2日目にスーパーマーケットに行ったのでそこでの匂いだったのでしょうとのこと。

おっちゃん場合、断食明け1週間目に肉まんを食べたら即効おなかを壊したらしい。
3時間腹痛。
上から下から出たとのこと。

断食は最中よりも明けのほうが神経を使う。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-26 18:14 | teate | Trackback | Comments(2)

展示会

今年も、今日からサンドブラストの展示会がはじまりました。


《サンドブラストガラス工芸 セ・サブラージュ展》
《サンドブラストガラス工芸 三角ガラス教室展》(同時開催)

場所:大阪市中央公会堂ギャラリー(B1F展示室)
   大阪市北区中之島1-1-27
   tel:06-6208-2002

日時:平成21年6月25日(木)~29日(月)
   午前10時~午後5時(最終日は4時まで)

交通:地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅下車1番出口 徒歩5分
   京阪電車淀屋橋駅下車 徒歩5分


昨日、展示のために会場に行きましたが、力作揃いで皆さんの作品にまたもや触発されました。

ちなみに、私は土曜日午前に在廊しています。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-25 18:13 | サンドブラスト | Trackback | Comments(0)

断食回復日 2日目

a0135439_18104966.jpg


断食最終日 回復食2日目

朝 三年番茶
昼 玄米粥(五分)、糠漬け、大根葉の炒め物、ラッキョの奈良漬
夜 玄米粥、糠漬け、ひじきのマリネ、蒸しパン

昼食後、実家へ。
母に竹布のシーツ、毛布、ピロケースをプレゼント。
あまりの心地よさにすっかりご満悦の母。布団からでない!!

そして一路こるぷん家へ。
断食の最終日を誰かとともに過ごしたくてお願いしました。
しかし、道中の車中で身体に異変が。

頭痛。

これはいけないなぁ、と思ったらよつばちゃんからメール。
待ち合わせを予定していた時間より40分ほど遅くなると。
天の助けである。
近くのコンビニに車を停め、小1時間ほど仮眠する。
ちょうど竹布のシーツがあったので、ふかふかと昼寝。

よつばちゃんからのメールで起き、なんとか待ち合わせ完了。
そしてこるぷん家へ。

美味しいスウィートコーンを湯がいて待っていてくれました。
けれど、ちょっと用心し、すぐにはいただけなかった私。
ゴメンなさい。
お茶をいただきながら、断食の様子を話す3人。

暴露話とか、それぞれの体験談などなど。

けれど私の頭痛はせっかくの集まりなのに、そして昼寝の甲斐なく酷くなる一方・・・。
こるぷんちゃんとよつばちゃんに代わる代わる肩を揉んでもらう。


こるぷんちゃんがお粥とひじきマリネを作ってくれて、私が糠漬けを切る。
よつばちゃんはデザートに豆乳プリンを作ってきてくださった。

胃に、腸にやさしいものばかりを用意してくれてありがとう。

ゆうきの八百屋で購入した採れたてスウィート・ベビー・コーンは
食膳のアミューズとしてあっという間になくなる。

こんな3人をこるぷん母は「お粥だけでかわいそう」と・・・。
よつばちゃんも実家でお粥だけだったら「かわいそう」と言われるとのこと。
うちは・・・、どうだろうなぁと考える。

茶粥で育った私にはお粥も常食のひとつ。
毎朝食は茶粥であった。
実家だけでなく、小学生の時はクラスメイトの半分ぐらいがそうだったと思う。

地域性かなぁ、なんて考えながら美味しく完食。

そして頭痛の私は片付けもせず、すぐに横になって眠る。

何分たったのか、こるぷん父の登場に飛び起き、ちょうど蒸しパン作りがはじまったので、教えてもらう。

なかなかに楽しい作業をキャハキャハさせてもらい、蒸してる間はテレビっ子。
そして蒸したてをハフハフいただく。

こるぷん母も一緒にハフハフ。
しかし母には「もっとフカフカなんものでは?蒸しパンとは」とのダメだし。
そうかな?
そうかな?
と言いつつ、三姉妹のマドモアゼル・蒸しパンはどんどん出来上がるのである。

夜もふけ、よつばちゃんはお泊りで、私は帰宅。

これで人生初の4日間断食+2日リカバリーが終わった。
なんなく日が過ぎ、楽しかったなぁ。


《反省点》
・葛を作るときのお湯の温度をもっと安定させること
・葛を購入する時は、塊のないもの(粉状)をえらぶこと
・最終日の頭痛は何故か?食べすぎか?もっと大事に回復食を摂るべきだったのだろうか?


追記:頭痛は翌日まで持ち越す。これの原因をこんどおっちゃんに聞くこと。

a0135439_1813699.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2009-06-22 22:07 | teate | Trackback | Comments(0)

断食回復日 1日目

a0135439_1894510.jpg


今日から回復食。

早朝より目覚める。

午前 三年番茶のみ

今日はれんげ農場。
作業は大麦の穂取り。なんと手作業。
Kちゃんと二人で工夫してやってみる。
やり方は工夫しなさいってことだろうか、おっちゃんらは教えてくださらない。
風を利用して、余分な穂を飛ばす。
これが麦茶になる。

大切だ。

お茶だって、一滴も無駄にできないことを実感。
Kちゃんと話しながらなので、苦痛よりも楽しさ倍増でよかった。

《収穫のうちいただいたもの》
ドイツ豆、にんにく、玉葱、じゃが芋

11時過ぎ ゆうきの八百屋で葛湯(塩味)をいただく。

おっちゃんと塩見さんに報告を兼ねて指導してもらう。

今日は回復食なので、夜は重湯程度にすること。
明日は朝、葛湯、昼はお粥(ご飯でもいい)、夜はご飯。
いずれにせよ、よく噛むこと。
絹の化粧品についての話も伺う。

12時30分 リデル
カラーとポイントカラー
美容室の匂いも場所によって違う。
店の奥と手前では違う匂い。

2時 姉さんち ゆうきで購入した玄米スープを温めて食べる+梅干。
糠漬けを持参したのを渡す。

今日は森おっさん(女性)が来るからピザらしい。
二人でトッピングを買いにいく。

ジャスコの食料品売り場で20メートル先から肉の匂いを感じる。

生肉のにおいは強い。
子供がポップコーンを食べてるのも見なくてもすぐわかった。

この世には色んな匂いが充満しているのを体感する。

これに慣れることも生きることの一部。
姉さんがお土産に「堅焼きポテト2袋ときのこの山(アーモンド味)と歯ブラシ」を買ってくれる。

断食明けに食べろとのこと。


帰宅後、姉さんちで昼寝。

夕方、森おっさんのスキンチェックをなるちゃんがしてる間、姉さんはピザ作り。
私は食べれないので帰宅。アデュ~!

7時30分帰宅

回復食のお粥を炊く。
炊く、という行為が嬉しい。
3分粥(0.2合)と糠漬け(きゅうり1本、大根少々、大根葉の炒めたもの少々)
お粥を噛んで噛んで食べる。
三年番茶


5日目に感じたこと
・匂いがする。昨日よりする。
・人の匂いは好き嫌い関係ない。初めて会う森おっさんとKちゃんは同じ匂い。
・スーパーマーケットの匂いにより、食欲が刺激される
・食べたいという食欲と、食べたくないという食欲がある
・肌が白くなっていく
・話をするとき、声がしっかりでる。
・お粥は腹持ちがいい
・8時に食べて深夜まで満腹感が持続する

大きな変化
・風の存在を強く感じる(温度、風の強弱、風向き)

明日からは感じないかもしれない、と直感で思う。それぐらい微妙な感じ方。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-21 22:03 | teate | Trackback | Comments(0)

断食4日目 大きな変化

最終日の大きな変化
午後から顕著にあらわれる

・音がよく聞こえる(特に遠くの音)
・目のかすみが少なくなる
・匂いがする(人の匂い。体臭ではない。体内の匂いみたいな感じ。嫌ではない
 「好きだなぁ」と思う人の匂いのほうが強く感じる)
・味が敏感(葛の味付けを薄くしても、強く感じる。いつまでも味が舌に残り続ける。1時間以上味がある)
・肌が白くなる
・おへその穴がポッカリあいて、中が真っ白
・体温が上がってるのが体感できる
・髪がしっかりする
・人と話すときの声がはっきり出る
・自分にとって大切なものの順位がはっきりする
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-20 22:55 | teate | Trackback | Comments(0)

断食3日目

断食も3日目になってくると一生このままでもいけそうな気がするから不思議。


今日は健康診断日。

最初の尿検査をするおにいちゃん看護師さんから問診。
「今朝は食事されましたか?」
もちろん「ノー」
「では昨日は何時に夕食を食べられましたか?」
もちろん「食べてません」
「・・・では、ガムとか飴とかジュースを最後に口にしたのはいつですか?」
「・・・・多分、1ヶ月以上前です」
「いつから食べてないんですか!!!!!!!!!」
「3日前です」
「それでしんどくはないんですか!!!!!!!!!」
「元気です」


職場でもさすがにドンビキされるかと思いきや、
意外にも断食の効果をご存知の方が多くて「デトですね」と。

認識度は多分いまいちだろうけど、「ダイエット?」なんて聞く人はいなかった。

「大丈夫?なんか不安定なの!!!!?????」と違う意味で心配をしてくれた人は2人いたが。

言いふらしてるわけではないけど、2時間に1回葛をパクパク食べてりゃ
誰だって「What??」となるでしょうな。

こっちだってウソをつく筋合いもないし、「断食」と断言。


「断食してるのに1時間も自転車で通勤するな、電車で来い」
「改宗か?」
「肌のためにやってるな?」(これは当たってる)
「お前って幸せやなぁ」(はい、そうですよ)
「色々やるよなぁ」(はい、なんでもやるんです)
みんな色々言ってくれた。


中でも英会話ではロジャーがかなりの理解度であった。
「I am fasting now.」に、はじめは「は?」な顔をしたが、
その後はクラスのみんなに断食の効果を話していた。
英語だったから半分ぐらいしかわからなかったけど。

帰路、ゆうきの八百屋へ。

再びおっちゃんからのアドバイス。
・生姜味もいい
・甘酒断食は、僕は薦めない。なぜなら糖分は普段思った以上に摂っているから、断食に糖分はいらない。
・葛はカラダを温めて排毒をするから僕がいいと思う断食に向いている
・僕がいいと思う断食とは「マイナスの効果」。排毒一番!
・だから酵素も薦めない
・酵素は回復のときに摂りたかったらとればいい
・葛断食はお腹がすかない(当たってる)
・断食の繰り返しは1年か1年半にすること
・半断食、1日断食は排毒の効果よりも胃腸を休めるためだけだと思ったほうがいい
・半断食、1日断食は繰り返してもいい(排毒には関係ないと思うこと)
・断食で変化が起こるのは3日目以降。4日目だと思ったほうがいい。
・手足がぬくもるからすぐわかる


私が故甲田先生の本を読んで、朝食ヌキの半断食をはじめて2年経つが、どうだろうかと聞いてみた。


・甲田先生のやり方は、温冷浴、体操、半断食、色々あるけど、すべていい。
実行したいものはどんどんやたらいい。
基本「マイナスの効果」を説いてはるから、家族で楽しみながら色々試すのはいい。


なるほど


おっちゃんに「今まで何回断食したんですか?」と聞いてみた。
「1週間の葛断食は3回」とのこと。

そして、有機の2号店の店長さんの塩見さんが最近断食をされたので、体験談を聞いてみた。
目をランランさせて語ってくださった。

・嗅覚が鋭くなる
・味覚が鋭くなる
・3日目に変化に気付き、4日目に確信する
・上半身が軽くなる
・基本お腹は空かなかった(これは同感)

なるほど

そして中川さんからのメールにもアドバイスが!

・葛を飲みながらの断食は本断食とはいいません
・本断食は水のみです
・危険だから今は誰も勧めない
・気をつけて成就すること
・途中食べ物の事ばかり頭に浮かぶようでしたら失敗です
・必ず復帰食のあとに過食が訪れます
・そんなときは途中でもやめた方がよいです

ありがたいアドバイスだ。


しかし、本当にどうしたんだろう。

危機感がない
食べ物が頭をよぎらない
むしろずっとこれでもいいか、みたいな感じ


明日は4日目。
どうなる、どうなるんだろう。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-19 22:49 | teate | Trackback | Comments(0)

断食2日目

二日目を終えた。

体重の変化もない。
自分が感じる変化もない。

何にも変わらない。

断食してる効果ってあるんだろうか・・・?

時々空腹を感じるけど、空腹感じたら葛でチャージ。

明日はどうなるんだろうか・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-18 23:47 | teate | Trackback | Comments(0)

断食1日目 おっちゃんからのアドバイス

朝から夏に向けての半期に一度の大掃除。
しつらいを夏向けに替え、部屋を拭き掃除する。
午前中は全くの掃除にあてる。

今日から本格的な断食をはじめるので、気持ちの整理をするため。


電車の中でおっちゃんに教わったとおり、葛をお湯に溶かして、まずは梅醤で味付け。

お昼12時30分 第1食目の葛をいただく。
午後2時30分 第2食目の味付けも梅醤

自宅に保存していた葛が100g入りのが一袋だけだったので、
明日からの葛と大根を購入するため一路ゆうきのおっちゃんとこに行く。


今日はマウンテンバイクで出かける。
先日ひどくこけたのでバイクが全体的にゆがんだ感じがする。
近々メンテ必要。


お店に着き、上新粉や片栗粉やリブレフラワーのラックのところに行く。・・・と、「葛がない!!!」

みさちゃんに必死の形相で「葛、ないんですか?????」と尋ねると
「はいはい~、ここに~」と別棚を指差す。

ビックリした。
なんで粉のコーナーに置いてないんだよぉ。

どうやらこの別棚のラインナップを見ると梅エキスとか「お手当て」に使用するものだけをまとめているらしい。

気持ちはわかるけど、でもお客は粉モンは粉のコーナーに行くと思うが。

ゆうきのメンバーにだけ識別される商品管理である。



それはともかく葛である。

「今日から葛断食してるんです」というとすかさず奥の事務所からおっちゃんが飛んできてアドバイスをくれる。

・葛断食をしたらカラダがあったかくなってきて体温が上がるから、水分をしっかりとること。
・味付けは、醤油・梅醤・梅干・味噌・梅酢など。
・最低4日すること。4日目にかなり変化がある。
・5日目は朝が葛湯、昼は重湯、夜も重湯
・6日目は朝が重湯、昼に玄米粥、夜も玄米粥
・7日目からは普通に食べる。でもいきなりスゴイもんを食べない。焼肉とか。
・しっかり葛をとると断食明けに過食しない。だから心配しなくても食欲が突然噴出さない。
・とにかく最初にやった断食が一番効果がある。この断食を大切に実行すること。
・次に断食するのは半年後とか一年後とか、自分に排毒するものがたまったら自然にしたくなる。
・邪食したからといってしょっちゅう断食をしないこと。
・断食には排毒の効果があるが、カラダに排毒する力がないと効果がない。断食を癖のようにやると排毒の力がカラダから奪われる。

「気をつけてしてください。よろしくお願いします。」
と言われた。

本当にこの人はスゴイ人だ。

みさちゃんに「お元気ですか?」に掲載されていた絹化粧品のローションを
目薬替わりにできるやつってどれですか?と尋ねる。
どうやら私が買ったのとは違うらしい。
私が買ったのはにがりが入っていて滲みるらしい。
ローションのサンプルを下さる。
ありがたい。これで当分目薬に使える。

大根もまっすぐなのがそろっていて、かつらむきに重宝です。
ありがとう。

帰宅するともう次の葛の時間になっている。

午後4時30分 玄米味噌味
急に眠くなる。1時間睡眠・・・。
午後6時30分 梅干味
入浴(1時間30分間)
午後8時30分 梅酢味
午後10時30分 梅エキス+醤油

なんだか葛を食べてばかりで、あんまり危機感がないなぁ。
[PR]
by haijikg7 | 2009-06-17 23:47 | teate | Trackback | Comments(0)

またもや桂むきの練習

a0135439_0123535.jpg
a0135439_0124679.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2009-06-17 00:11 | むそう塾 | Trackback | Comments(0)