<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

癒すこと 癒されること

毎日の繰り返しのような刺激のない生活をしていても、ポカっと穴ぼこに落っこちることもあれば、
なぜかいつも雲の上にいるようなフワフワ感覚の時もある。

上手に地に足がついた感覚を持続できれば、ずいぶん楽に生きていけるのに。

明るい笑顔がふりそそぐような満開の桜が散りゆき、いつの間にか葉桜が風になびくようになった。
季節は確実に毎日の役目を果たしている。
地球温暖化や環境汚染によって四季が狂ってきている、と言われて久しいが、
それでも毎日は過ぎていっている。

季節はめぐっているのだ。

そしてそんな季節を、何気ない日々を、平凡に過ごしていたのに
「今の自分、これでいいのか」と立ち止まってしまった。


「幸せになる方法は簡単なこと。複雑にしているのは自分自身ですよ。」


という人様からの指摘がさらに自分を複雑にしてしまっているのが最近の私。


・・・そうでしょうね。それは当たってる。
でも「幸せ」ってなんなんでしょうか。
人それぞれに幸せの定義があって、自分が幸せならばそれが幸せ。
でも「自分の幸せの定義」が崩れたらどうしたらいいんでしょうか。


毎日喉の奥に重い石をのっけて涙をこらえているような、苦しい感覚。


答えもなく、解決方法もなく、それならばそんな考えを頭から追い出して、また元気に明るく、
「なんくるないさぁ」と生きれればいいのだけれど。

そんな最近の私をあの手この手で元気づけてくれるこるぷんさんのおうちにおよばれした。

彼女も忙しいはず。
時間のやりくりを上手にこなしても毎日は矢のように過ぎるもの。


人が作ってくれるものをいただくことが少なくなってきている今日この頃。
手の込んだ温かいおもてなしに感謝ばかり。
人の手がしっかり入ったものってココロに沁みる。
何よりの薬だ。
気持ちがほどけるようだ。

そして他愛のない話。時間を気にせず話すことができる、話せる人のいる幸せ。

いつもどれだけ無言なんだか、と気がついた。

その後はゆっくりバスタイムをさせていただき、全身アロママッサージをしてくれた。
お風呂の中でマッサージをうける私は水着だからちょうどいいあんばいだけど、Tシャツにジャージの彼女は汗だく。
しかも1時間はやってくれた。

「私も人に癒されてきたから、これでいいんです。またhaijiさんも人を癒してあげてください」

はぁ・・・。この癒しの連鎖、私で止まったらどうしよう・・・。

「癒す」ことでわかること。
「癒される」ことでわかること。

どちらもわかって深みのある人になるんだろうなぁ。

そして「癒す」ことは「癒される」ことでその逆も言えるのかもしれないな。
人と人のつながりは、そんな関係で深まっていくのかもしれない。

こうやって人の温かさにふれて少しずつ少しずつ癒されていくんだなぁ。
ああ、幸せだ。

あ・・・、幸せじゃん、私・・・。

「幸せ」があるのではなく、」「幸せと感じるココロ」があるんだね。
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-27 13:36 | 思い | Trackback | Comments(0)

大自然の中のありがとう

火曜日と金曜日はゆうきのおっちゃんとこが仮店舗で営業してる日。
週2日の貴重な営業日。

教えてもらった道順で行ったら迷ってしまい、
伺っていた電話番号にかけてみる。
やはり電話番号は必要だった 。

「はい、はい~」
と思いのほか明るい奥さんの声に「ほっ」。
場所を教えてもらってようやくたどり着く。

着いた仮店舗は・・・。ガレージでした~!!

普通自動車1台分ずつ入れることができる、屋根つき貸しガレージ。
その1台分のスペース。

以前の店舗もガレージだったけど、今思えば立派なもんでした。

少し痩せたなぁ、奥さん。
でも元気に応対する姿は前と同じ。
野菜を見せてくださった。「今日はこんなん入ってますぅ。」

うむ。
今日はいっぱい買おう。
いつもは野菜2つと乾物ぐらいだから千円もあればおつりが来る。

野菜は金曜日までもたないだろうから野菜中心に選ぼう。

蓮根の大きいの。
長いものでっかいの。
トマト。
にんにくの芽。
パセリ。
ほうれん草。
ええ~い!ポテトチップスも買うぞ。え?1袋577円?あは、私もたまには贅沢しよう。
そしてブラックジンガーと三年番茶もでっかいの買うぞ。

「大根干葉ありますか?」と私。
「取り寄せになりますね、はいはい。」と奥さん。

う~ん・・・。今はややっこしい時期だろうからそんな面倒なことはかえって迷惑かな?やめとこう。

と、おっちゃんが登場 。

もう一度、火事を知らなくて何も手伝えなかったことをお詫びする 。
で、ゆうきの八百屋に足が向かなかったのは元気がでなかったから、と言うと、
ぴ~~~ん!!とおっちゃんのスウィッチが入った

そしてよいお話を聞かせてくださった。

話は30分続いたので、一番ココロに残ったことだけ書きとめよう。


おっちゃん曰く・・・。
他人が幸せに見えるのは「他人」と「自分」の間に勝手に自分が垣根を作ってるから。
大自然の中から見たら人間はみんな同じ根っこを持ってるひとつの生物。
「他人」と「自分」を区別してるのは人間が勝手にそう思ってるだけで、根本は同じ生き物。

だから「他人」が幸せなんやったら「自分」も同じ幸せ。
だって根っこは同じやから。

たくさんの人間がいる中で、こうやって話せる人と出会う確率ってすごいもんがある。
会社の同僚や上司や、友達や、お店の人と客とか。

知り合いになるってすごい縁やねん。

そうやって奇跡的に出会った「他人」はもう「自分」とイコールや。

同じ根っこを持つ人類の中でも、こうやって知り合いになるんやから、これはもう自分の一部やねん。
その「他人」が苦しかったら「自分」も苦しみを分かちあったらいいし、
幸せを感じてるんやったら自分も同じように喜んだらいいねん。

同じ木の中にも早く咲く花もあったら、早く散る花もあるし、
実をつける花もあれば、つぼみで終わってしまう花もある。

でもそれぞれの花はみんな同じ根っこの木から咲いてるんやろ。

人間だけや、自分の花と他人の花を区別してるのは。
大自然の中から見たら何の区別もない。


それからね、もしも病気になったら「どうしよう」って思わんほうがええよ。
病気になって、
「どうしよう、どうしたら治るんやろ」ってあわてるより、

「よし、片っ端から色々試すぞ。あ、この野菜食べたらホンマにむくみがとれるんやな。
これを食べたらこうなったぞ。ああ、これは自分には効果があまり出ないな、って。
この病気を機会にいっぱい学べるな、って病気と対処方法に取り組むことで
めっちゃポジティブになれるから。
そしたらたいがいの病気は気がついたら治ってるから。たとえ難病でも治る可能性は増えるんよね。」

「お店は火事出したけど、これを機会に再開するときは前より綺麗なお店にしような、って言うてるねん。な!!!」
(最後の「な!!!」は奥さんに向かって言う。)

ああ、ハートフルだ

この他に、黒豆の効能とか、なぜおせちに食べるのか、とか・・・。
あらゆるスウィッチ・オン


やっぱりおっちゃんは偉大だった。


火事見舞いのつもりで行った買い物。
逆に励まされた。
使った金額の何倍もの価値のあるお話をしてくださった。

で、最後におっちゃんが
「引越しのときにたくさん、みんな来てくれてたやん。」
私、
「そうなんです。その子達、ちょっと遠方やから買い物にはこれないけど、心配してました、今回の火事のこと。」
おっちゃん、
「ありがとう、って言うといてな。気持ちだけで充分やから。」

そして、おっちゃん、
「いい友達いっぱいいるねんな。それはすごいことなんやで。」



でっかい、でっかい、大自然からもらった大切な縁を大切にしよう。


帰宅後、リセットする意味でおっちゃんとこで買ったパセリでパスタ。
味は塩だけ。風味づけににんにくを少し。

一番シンプルで、難しい料理。

また料理を楽しもう。
そして、生きていくことも。
たくさんの「ありがとう」とともに。
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-25 13:58 | マクロビオティック | Trackback | Comments(0)

タイトルが思い浮かばない出来事

昨夜の出来事。

夕食は炊き立ての玄米ご飯と野菜たっぷりのお味噌汁。
他に少しお惣菜をこしらえて、ゆっくり、まったり夕食。
望診の指導により、お酒は飲まない。

いつもなら夕食を終えたらすぐにお茶碗を洗うわたし。

「片付けなきゃ、片付けなきゃ」
と思いながらダラダラするほうが時間が有意義でないような気がするから。
さっさと片付けてからテレビとか読書とかネットをする。

けれど昨夜は何故かそのままダラついてしまった。

何をする気も起こらない。
お茶碗を流しに持って行くことすら億劫。

そのままテレビをダラダラ見て、ネットまでダラダラやって、

8時・・・、

9時・・・、

10時・・・、

ついに10時半。

重い腰をあげて流しに行く・・・、と・・・。

お味噌汁のお鍋が火にかかったっまだった!!!
火は小さかったけれどお味噌汁の量は半分以下になってる。
お鍋の蓋をずらしてたから、蓋がカタカタ鳴らなかったのだろう。
かなり水分も蒸発してる。


もうビックリした。

ココロが今一な時こそ色んな落とし穴があるものだな。

でも気がついてよかった。



そして今日。

週末に友人とゆうきの八百屋のリフレソロジーに行く約束をしていたから予約と買い物のために
ゆうきの八百屋を訪ねた。

実はここのところゆうきの八百屋に行けてない。

買い物に行くのが億劫だった。しんどかったから・・・。
なにより料理が嫌になっていた。料理って私にとって何なんだろう。
あんなに好きだったのに、気持ちが高まらない。
けれどすっかり食料も尽きてきたし、買う物もあるし・・・。
おちゃんの顔でも見に行くか・・・・。

そういえば月曜日は定休日だったけど火曜日は開店してるはずなのに、一昨日、店の前を通ったとき閉店してたなぁ。
2連休で奈良の契約農家さんとこへでも行ってたのかな?

色々考えながら八百屋に着く。

??????

・・・・・・・

??????

お店の前におっちゃんのライトバンともう一台車がある。
八百屋の閉店時間は7時。
今は夕方の6時。
何か荷物の積み下ろしをしてるけど、こんな時間になんで??

おっちゃんが店先にいてたから
「こんにちは」
と声をかけてみた。

おっちゃんが一瞬、ヘンテコな顔をして無言で私を見る。

次の瞬間、お店の内部が目に入った。

と・・・、??

お店がもぬけの空。

シャッターは開いてる。
でも商品が全くない。
商品どころか棚もない。
冷蔵庫もない。
なんにも、ない。

ただの倉庫になってる。

そして天井には穴が開いてる。

私「・・・。あの、お店閉められるんですか・・・?」
おっちゃん「いえ・・・。火事を出してしまったから・・・。」
私「ええっ!!いつですか?」
おっちゃん「4月2日の夜です。」

私が落ち込みだした日だ・・・。

私「火事って・・・、何故ですか?」
おっちゃん「店の奥で野菜を炊いてて、火を入れないといたむでしょう・・・・。その火がついてるの忘れたまま帰ってしまって・・・。1時間ぐらいしてから来たらももう黒煙がもれてて、シャッターを開けたら酸素も入ったから、ちょっとした爆発もしてしまって・・・。」

要するに、(多分、憶測もいれて考えると)・・・。
1.おっちゃんとこではお店の奥で余った野菜などを炊いていた。
1.それは商品を捨てるのがもったいないのと、多分毎日のお昼ご飯のおかずだったのだろう。
1.働き者のおっちゃん夫婦は日々そうやって昼食を摂り、余ったものは夕方に火を入れて翌日またお昼に食べていたのだろう。
1.その日の夕方お鍋を火にかけたまま帰宅してしまった。
1.多分思い出したのか、近所から電話があったのか。
1.店にもう一度来たときはすでに閉店して帰宅してから1時間以上経過していた。
1.黒煙がシャッターから漏れていた。
1.あわててシャッターを開けたら酸素が急激に流入した。
1.一気に鍋が爆発した。

その後、ポツポツと説明してくださった内容によると、お店のお客さんにも手伝ってもらって煤だらけになった商品を拭いて、売れるものと処分するものを選別し、また、契約農家さんからは農作物が届くのでそれもどこかで売らないといけないので、近くの別の倉庫で火曜日と金曜日だけお店を出してるらしい。

火事から10日経過してるからか、だいぶ落ち着かれているが
「起こってしまったことは仕方ないからね・・。」
とうっすらと笑顔をみせられたのが辛かった。
おっちゃんのあんな顔は初めてだ。


帰り際、おっちゃんが奥さんを呼んで携帯の番号を教えてくださった。
今、商売をしている倉庫の場所がわからないとか、何か連絡したいときのために、と。

多分この10日の間にたくさんの人々に携帯の番号を教える、という事態が続いていたのだろう。
人を見たら自動的に携帯の番号を教える癖がついてしまたのか・・。

私に教える必要性って多分ないと思うんですが、紙に書いてくださった。

これに負けないでまた開店してほしい。
またたくさんのお話を聞かせてほしい。
おっちゃんの話だと早くて5月の末にしか再開できないらしいけど。

引越しして、初めてのご近所さん。
初めてのなじみのお店。
まだ3ヶ月のおつきあいだけど、私の中は大きな存在になっていたんだなぁ。

私にできることって何だろう・・・。

自分も夕べあわや火事を起こすところだったんだ。
あのまま、うたた寝して、そのままぐっすり寝てしまっていたら・・・。

なんだか不思議な気がしてしまう。

私も元気出して、気をつけて、大好きなゆうきのおっちゃんご夫妻に何ができるのか、考えよう・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-17 13:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

望診

a0135439_1126105.jpg


山村慎一郎先生って、色っぽい・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-14 11:21 | teate | Trackback | Comments(0)

二条城茶会

a0135439_13212148.jpg

今年の桜
今年の人
いつもの自分

花の中に・・・・・
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-10 10:29 | 茶道 | Trackback | Comments(0)

北斗七星を祭る寺

「観心寺」 献茶式

a0135439_10445034.jpg


受け継ぐ人

More
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-08 10:39 | 茶道 | Trackback | Comments(0)

生まれた日

a0135439_9291526.jpg


「母に生んでもらった日」
[PR]
by haijikg7 | 2008-04-04 06:20 | 思い | Trackback | Comments(0)