カテゴリ:2014 Baros Maldives( 22 )

See You! Baros Maldives

a0135439_1720829.jpg



いろんな思い出をいっぱい作れたBaros。
4泊なんて、あっちゅー間です。

いいこともたくさんあったし、残念なこともあった。

2014夏ー!の大きなイベントは一応これで終わり。
といいつつ他にもいろいろあったりしたのですが、
もうすっかり秋風。
早いうちにブログに書き起こしたいと思います。




今度はいつモルに行けるかなー。
その日がとても愉しみです。

a0135439_1723830.jpg


a0135439_17243035.jpg




See You! Baros Maldives

ばいなら~~~!
[PR]
by haijikg7 | 2014-09-08 17:24 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

Baros Maldivesのサンセット・ドルフィンクルーズ

実は当初からサンセット・ドルフィンクルーズはついていたのですが、
クルーズ催行日に何故だかBarosさんの都合でキャンセルとなり、
ま、いいかと思っていましたら
エグゼクティブ・ハウスキーパーさんから
「お約束の日に催行できませんでしたのではいじ様のために船を出します」
なーんて聞くだけで王様気分になるメッセージが入っており。

そうまで仰ってくださるなら、是非~♪と。

夕暮れ前にレセプションへと。
a0135439_16173582.jpg



ボート出発時刻までまったり待っているとスタッフさんが
「今日はもうひと組の方がご一緒されます」と。

はいじ様のための船ではなく~
ですね。

問題ありませんよー。

で、集合時間に来られたのはヨーロッパ系のご家族でした。
パパとママとティーンの兄妹。


ボートに乗り込み、靴も脱いで広々としたソファーに身体をあづけ、まずは泡モノで乾杯♪
a0135439_1621065.jpg




カナッペなどのおつまみも数種類。
ワンプレートをみんなでシェアする方式だったので写真は撮影せず。
とても美味しいおつまみでした。



20分ほど走ったでしょうか。
かなり遠くまで来たようです。

と、他のリゾートの船も集まってきました。
きっとここがドルフィンポイントですね。
a0135439_1653681.jpg




しかす、いっこうにドルフィンは現れず・・・。
船がどんどん増えてゆきまする。
a0135439_16535284.jpg




わんさか集まっておりまする。
a0135439_1656129.jpg




と、「あすこにドルフィンがーーー♪」
a0135439_165657.jpg


a0135439_16573244.jpg



ちょっと遠いですがすいすい泳いでジャンプなども~♪
a0135439_1702100.jpg

a0135439_1704441.jpg

a0135439_16595784.jpg




ワタクスたちのボートより他のリゾートのボートに近いところでドルフィンは跳ね上がっており。
自然と他のリゾートのボートとドルフィンを見学する形となり~。
a0135439_1713936.jpg



なんだかわんさかおられる他のリゾートのゲストさんのほうに目がいってしまうのでした。


こんなに片側に集まっちゃって転覆しないか心配したりして。
a0135439_1733084.jpg



ドルフィンウォッチングというより他のリゾートのゲストさんの
わーわー言う声に押され気味で、小さくなってしまっているBarosのボートでしたが
遠巻きにみるドルフィンを最後の思い出にして、いややっぱり他のリゾートの
ゲストさんの印象の方が強いかったかなー、というサンセットクルーズでしたw


ドルウォッチングが終わりBarosに帰ってきたところ、
ちょうどハネムーナーのゲストさんがドーニーでサンセットクルーズ中で
お二人でいちゃいちゃしているのがほほえましかったりして~♡

a0135439_1782158.jpg



最後にきれいなもん見れてよかったなー、なんて言ったりして(ぷっ)
[PR]
by haijikg7 | 2014-09-08 07:09 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

最後のシュノーケル

今夜出発なのでダイビングはできません。
ということで、シュノーケル。

水上ヴィラからハウスリーフを3分の1周ほど。

ばしゃばしゃしてるだけでたくさんのお魚見学◎

a0135439_15302664.jpg




パウダーブルー
a0135439_15305662.jpg



ブロッコリーのロマネスコみたいな形の珊瑚。
さきっぽが白かったり、緑だったり、水色だったり。
a0135439_15304647.jpg




a0135439_1532307.jpg




ツノダシ
a0135439_15324759.jpg




a0135439_15341037.jpg




a0135439_15342772.jpg





上半身が白く、下半身が黒い、なんてーの?
a0135439_15343426.jpg




ヨスジフエダイ
a0135439_15363262.jpg




浅瀬にこんなにおおきなテーブルサンゴ
a0135439_15363827.jpg




白いオジサン
a0135439_1537652.jpg




ぐるっと回ってヴィラに到着
a0135439_15373715.jpg




今回の海レクはおしまい♪とおもいきやヴィラホストさんからメッセージが入っており、
出発前にドルフィンクルーズ行きませんか~と。

出発は夜なのでそれありかな?などと最後までおもてなしにあづかるのでした。
[PR]
by haijikg7 | 2014-09-08 06:25 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

海辺のペア鳥 

デッキチェアで寝そべっていたらいつの間にやら本気寝してしまっていた朝。

朝日を見てちらり散歩したら昨夜のご馳走はどこへやら。
最後のブッフェ朝食だわーとグリルに出かけます。

やはり焼き立てのワッフル♪
今日はメープルシロップで。
でろでろにかけて食す。
a0135439_16411169.jpg



そして一番好きなフルーツ。
マンゴスチン
てんこ盛りこで♪
何度おかわりしたことやら~。
a0135439_16413061.jpg



ゆっくりいただいた朝食も終わりグリルを後にして、
ダイビングでお世話になったマリンスタッフさんにご挨拶しましょうかとマリンセンターの近くをお散歩。

ついにこのチェアには座らなかったねぇーと。
いい雰囲気のデッキ付近をば歩きつつ~。
a0135439_1643931.jpg



ちょっと座ってみるか、と。
マリンセンターまだオープン前だし~、と。
でもなじぇか白い鳥さんが威嚇のようにくっついてくるじょー。
a0135439_16474869.jpg




ついてきたら今度は桟橋に立ちはだかり通せんぼ。
a0135439_1648842.jpg




近付くとさらに威嚇が続き~。
a0135439_16493217.jpg
a0135439_16493831.jpg




本気の威嚇だじょーーーー!!
a0135439_165083.jpg



飛行威嚇のあとは通せんぼ。
a0135439_16511385.jpg




そして1羽はデッキ先端へと。
a0135439_1652364.jpg



なんダスかーー?とよく見てみたら
a0135439_16523494.jpg



卵ーーーー!
お父さん鳥もお母さん鳥とともに守り体制へ。
(どっちがどっちなのかは不明)
a0135439_16534665.jpg




「朝ご飯食べたでしょー。卵はやらないじょー」と。(違)

この付近をお散歩すると鳥さんペアが不安になるので、お暇いたしまする~。

もうすぐ孵るのかな?
もう今頃はモルの空を飛んでるね、きっと。


ばいばい~
a0135439_16564848.jpg



で、何ていうのこの鳥さん。
何鳥?
ペア鳥で、ペアレント鳥ーー。
しょーもなっ(ぷっ)
[PR]
by haijikg7 | 2014-09-04 17:01 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

Baros Maldives ライトハウスでのディナー

a0135439_14475117.jpg


Barosのシンボル
白い屋根のレストラン ライトハウス。

正直、今までのBarosのディナーはどれも微妙で(泣)
ライトハウスもお値段ははるとの口コミだったので、それでこれか?みたいなのは哀しすぎるので
あまり期待せず、でも淡い期待を抱いてドレスアップしてお出かけ。


a0135439_0325752.jpg


海の上にそびえたつ白いお屋根のライトハウスですが、
2階部分はサンセットに是非~♪というBar。
今回はダイビングやら、スパやらで結局Barには行かなかったので
そういう意味でもディナーにはちょっと期待もあり、で。

店内の雰囲気はすべてのシートが海を見渡せる設計で◎


さて。
ワインを注文し、メニューをガン見して。

まずはアミューズ・グル
海老を使ったものでした。
美味だった記憶アリ。
これからのお料理にも期待できそうな予感でした。
a0135439_14532510.jpg




ライトハウスの名物メニュー「ロブスターのビスク」。
こり、絶対お願いしようと思っていたので即刻オーダー。

こちらのレストラン、ゲストの前でフランべしたりするのがウリのもようで
やたらと間近で炎の演出が多く。

ビスクもほれ、このとおり。
a0135439_14553111.jpg



じゅわーーーーとやって

ボーーーーーーーー!!
a0135439_1457144.jpg



きゃいきゃい♪一応言って
なんちゃら~かんちゃら~言うので
「はいはい、よしなに」と言っておくと
なじぇか記念日にされており、ビスクに文字が。
a0135439_1457457.jpg



記念日ではないのでありがたがらずに即刻混ぜて食す。
美味でごじゃいますー◎

バディさんは魚介トッピングのスープを。
a0135439_14591598.jpg



写真に撮り忘れているお魚料理の後にお口なおしのソルベをいただき
a0135439_1534951.jpg




忘却の彼方のこり
なんだっけ?
でも美味しくぺろりといただいたよねーと先日もバディさんと感想を述べたもの
a0135439_1544954.jpg




そしてアンガス牛フィレステーキ。
こりもまた間近で炎の演出。
少し風がでてきたので、ちょっと奥まったところにワゴンを移動させるギャルソン。

a0135439_155869.jpg



フランベ ボーーーーーーーーー!
a0135439_156824.jpg



柔らかで美味でごじゃいました。
a0135439_15194418.jpg




デザートなどもいただき。
Barosに来て初めて美味しいと思ったディナーでした。


a0135439_033898.jpg

レストランでゆったりこーしーなどもいただき、お腹ぱんぷくりんでしばしその辺をお散歩。
こりまた一度も行かなかったけれど、裸足でまったりお酒をのめるサンド・バー。
もう明日帰るなんて、なんて名残惜しいんでしょうねぇ。



水上ヴィラに帰り、陸のお散歩もありだけど、海のお散歩もありだよねー、と。
ヴィラデッキから夜のシュノーケリングに~♪

a0135439_15275224.jpg



夜の海は、こりまた面白いもので、イカだのタコだの。
そしてお昼に比べてねむねむお魚のゆっくりした動きとか。
暗いので残念ながら写真は撮らなかったけど。
ってうか、夜の海、何が写り込むやらわかったもんじゃないわよ、と。
きょわい~きょわい~。
誰かにフィンを引っ張られたらきょわい~きょわい~と。
面白がっての海中散歩。

さくっと泳いでシャワッたあとは、デッキチェアに寝そべって降るような星を見て~。
わーわー、きゃいきゃい♪
真っ暗だから星が数多 ありおりはべり いまそかりーー。
など話していたら、うとうとうと~zz。

今日は2本のダイビングのほかにウォータースキーもナイトシュノーケリングもてんこ盛りだったなー。
はひ~、うとうとうと~zzzzzzz。

zzzzzzzzz・・・・・・・zzzzzzz~

ぐーすかぴー。

あーれー。
いつの間にやら朝ーーーーー!

a0135439_15143492.jpg





いやぁ、どこででも眠れる性質だとはいえ、まさかデッキチェアーでそのまんま朝を迎えるとは。
まさに極楽♪

a0135439_15165766.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2014-09-04 07:32 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

Baros House Reef でラストダイビング

午後からのダイビング。
明日のフライトがあるので、今回の旅ではラストダイビングとなるため
バディさんにお付き合いいただき、Baros House Reefへ。
つまり、ビーチエントリー。(ショボ)

メンバーはロニー隊長とバディ副隊長、そしてワタクス。

潜る前、ロニー隊長からのアドバイスがありまして。
そりは「はいじはへっぴり腰だからもっと しゃんとした姿勢で泳ぎなはれ」と。

一応、そのつもりです、はい。
そのつもりで今までやってきました。
しゃんと、でしょ?はいはい。
そして、そのつもりで今回も泳いでおりますよ、はい。



自分の姿って見えないよねー。
判ってるつもりでわかってないよねー。

へっぴり腰だよね、ワタクスって。
なーんだ、そこかぁ。
ゲロリも鼻血もそこだっけ?
なーんだ、そっか、そっかー。
そこ直したら解決?へーそーなんだーー。

オーケー、オーケー。
じゃ、その路線でやてみるからー。



えーーと、どの路線?


と、一抹の疑問を、最大限に持ちつつ。
時はきたれり、れりられりーーー。

ビーチよりさっくと潜行。


a0135439_13473734.jpg



んんー。
なんだろ?この風景。

若干引っ張り上げられております。
しかも中指一本で。

腰が、とか 波酔いが、とか 中世浮力が、とかではなく。

潜ってるのに溺れてる?
高々指一本で救助?

海猿もこんくらい楽だったらよかったのにねーー。
伊藤英明の見せ場ナシ。
あれー?
ワタクスどうかしちゃってるー?

と、次の瞬間!
ロニー隊長が引っ張り上げたワタクスの背後に回り込み、
足のひざ裏をチョップ!
まさかの場外乱闘?
「もっと膝を曲げなはれ」とばかりに何度もチョップ。

チョップ with チョップ。

だーかーらー。
やってるってばー。(のつもり)
今までもやってきたってばー。(のつもり)

なので、いくらチョップされたからってこれ以上どうしよーもねーよー。

っていうか、そういうことは空気のいっぱいあるときにやってほしかったと。
そういうリクエストも今ではする術もなく。

ワタクス泳ぐ。
で、気がつけばロニー隊長にひざ裏をチョップされ。


そんなこんなのダイビングが続いております、はい。

a0135439_14249.jpg



バディさんの証拠写真撮影を若干 視野に入れているロニー隊長なり。


肝心の海の生き物と言えば、毎度変わらぬものばかりで。
仕方ないですね。
毎日おんなじとこ潜ってるんですからー。


いきいき珊瑚と小魚
a0135439_1453352.jpg


a0135439_1455011.jpg




でっかい貝
a0135439_1454578.jpg




伊勢じゃないけど イセエビ(ぷっ)
a0135439_1461818.jpg




「ついてこーーい」とロニー隊長がカモンするので従ってみると
a0135439_1475829.jpg



ボートの下で眠っているサメ
昨日から微動だにせず。
a0135439_1483511.jpg


まさか、死んでる・・・・?



隊長が指差しているのはウミウシ
a0135439_1410699.jpg




ぷっくりとスネスネしているようなフグ吉
a0135439_14105084.jpg




珊瑚とともにフォトジェニなムスジコショウダイ
a0135439_14105671.jpg




よく見ると唇がチョーさん
a0135439_14103993.jpg



と、まぁ毎度変わらぬ魚影で。
次回からは絶対ボートだなっ。と心に決めるのでした。
たとえ赤潮しゃーーーーー!発生でも。


浮上し、ログブックなどを書いていたらすっかり夕暮れ。
今夜はレストラン ライトハウスに行きませう。
a0135439_14131819.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2014-09-03 06:06 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

ウォータースキーで波間に沈む

暇すぎる。
かれこれ1時間ほど同じ風景を見ながら寝ている。
でも本当のところどれくらい時間が経過しているのかもわからないボンヤリ加減。


a0135439_16203290.jpg



Barosの水上ヴィラ。
憧れていた水上ヴィラ。
なのにとっくりと同じ風景の中で寝ころんでいると
生まれ持っての飽き性というやつが、顔を出し。
いやむしろ誰も訪ねてこないので飽き性が現れてくれてようやく我に返っている自分がいる状況。

えーーと。

リゾートの楽しみ方は「何もしない贅沢を味わう」という。
もうすっかり、すっかり堪能です。
無駄に息を止めてみて、すはーーーと空気を吸うことぐらいしかやること思いつきません。

で。
バディさんが午前中のボートダイビングにいっている間の時間の過ごし方にもそろそろ限界がきて。
もうそろそろ帰ってきてくれてもいいんじゃないかー?と時計を見ても、
あまりにもボンヤリ過ごしすぎて、何時にバディさんがボートで出発したのかもわからないほど。


ということでまたもや島内をぼちぼちと散策。
徘徊?


尻尾の長いカメレオン?トカゲ?
a0135439_16324927.jpg




飛べない鳥
a0135439_16335229.jpg




どうしても撮れないフルーツバッド
a0135439_16441646.jpg




本日の催し物をチェックしたり
a0135439_1647386.jpg





そろそろじゃね?
と思ってマリンセンターに行くと日本人スタッフのKIKOさんがおられ。
お魚の写真を見せてもらったり、いろいろお話したり、ラジマンダリ。

暇そうなのが伝わったのか、いやそこはリゾートスタッフのプロ魂なのか。
午後のダイビングまでの間に出来そうなレクをご提案していただき。
もちろん波酔いしそうなものはパスなので、
ここは王道のウォータースキーなどを。

ウォータースキー!
これぞ南国リゾートーー!
キターーーーー!
と。

わーーー、やるやるーーー♪

ということで、やったことねぇーよー!というワタクスにKIKOさん、ではイメトレからやりましょうと。

マリンセンターのデッキを持って「こぉーーんな風に立ち上がりますっ!」と
熱心に指導していただきまして。

「決して腕の力で立とうとしてはいけません。こう、テコの原理と言うか、スキーの板に重心をもってきてーーー。」とかなんとか。
レッスンして2分後。
もうね。
マリンセンターのデッキ相手ではすっかりプロ並みに立ち上がれるジェットスキーヤーのワタクスが誕生していました。

と、KIKOさん、「立てなかった時のために、子供でもできるボードも持っていきますね!」
とおこちゃまボードの使い方も伝授。
このプロ・ジェットスキーヤーに、ですよ。


ほどなくバディさんご帰還され。
午後ダイブまで間があるのでちょっと沖に出てみないか?と。
海から上がってきた者に沖へといざなうセイレーンのように
いやプロ・ジェットスキーヤーのように誘ってみました。

ボートダイビングを終えたばかりのインターバルがほしいバディさんをボートに再度乗せ、
沖に出てみると真っ青なインド洋。
これですよ、これ。
この濃紺のインド洋でボートとともに波に乗る。
ひゃっほーーーー!ですよ。

で。
まずは一度だけウォータースキーの経験のあるバディさんにやってみなはれ、と。
インターバルを与えずに。
鬼バディのワタクス。(ぷっ)

午前ダイブで疲れた身体をもってして出来うるのか(否、できまい!)。

海上でスキーを装着し、ボートにつながるロープの先にあるバーを持ち。
まずはバディさんのファースト・トライ。

ごーーーーーー!とボートがスタートするや否や、アズ・スーン・ナズ。
バディさん海上でおいてけぼり(ぷっぷっ)

KIKOさんの適切なアドバイスを受け、バディさんセカンド・トライ。

ごーーーーーーー!とボートが走ったと思ったら、にゃんとバディさん見事に波の上に立ち上がり!!
うぉんうぉん ごーごー!とボートが走る
バディさん波を分けて波に乗る!!

みらくるーーー!
インド洋に立ちあがったー!
クララが立ったーーー!

ふぅ。

サードトライも、フォートライもバディさん見事に波上の人となりーーー!

次はワタクスの番だじょー、と。
もちろんプロ・ジェットスキーヤー(イメージ上の)としては腕の見せどころなわけですが。
いかんせん初めての試み。

すでにスキーを装着するところからのまごつき。
見事なまごまご具合。
セイレーンに身体持っていかれてる?ぐらいの。
自分でも溺れてるんじゃないかというようなまごつき加減で。
イメトレ、できてなかったなー、スキー履くとこ。
こっからやときゃよかったのにねーって。

a0135439_10511046.jpg


ようやくスキーを装着したころにはちょっとした日焼けしてる?ってぐらいの時間を要し。

やっとこさのファースト・トライ!

ごーーーーー!とボートがーーー。
ボートだけが走ってましたーーーー。
ボートが走りだした途端、手にしているロープの先のバーを手放すのに1秒もかからない早業。
インド洋においてけぼり。漆黒。

結構手痛いボートの仕打ち。
なめんなよ、と言われた気分。

あれー?
っかしーなーー?
プロだったのにー?



気を取り直し、2回目はだいじょうびー、と。

ボート、ごーーーー!
ワタクスおいてけぼりーぼりー。
インド洋にぷっかり~。

サードトライもぷっかり~かり~かり~。

a0135439_10494430.jpg



最後にトライしたときは板と一緒に片足がもげたかと思った。
あれ?
足どっかいった?
ぐらいの波の野郎の抵抗。
まさかの波の反抗期。
奴はナナメに見ている模様、世間を、いやワタクスを。
打ち解けるには時間が必要。
波がオトナになるのを待つしかない。


仕方なく、というかマリンスタッフの先見の明?
KIKOさんがご準備くださったおこちゃまボードへとシフト。

さすがは「子供でも」乗れるというウワサのボード。
波の野郎も子供には優しい模様。


ここにプロ・おこちゃまボーダー誕生ダス。
a0135439_10565474.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2014-08-28 07:25 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

イン・ヴィラ・ブレックファーストとバディさん最後のボートダイビング

快晴!

水上ヴィラのデッキを朝から散歩。
a0135439_15551766.jpg


ビーチヴィラの朝散歩は波の音を聴きながらカニを捕まえたり、
朝日が昇る海を見たり、
でしたが水上ヴィラでは橋桁付近に集まる魚や鮫を見て歩く。

a0135439_15565083.jpg
a0135439_15575168.jpg



「明朝はイン・ヴィラ・ブレックファーストです」と昨夜HMさんからおてまみが届いており、
そして卵料理は何がいいダスか?とかジュースは何がいいダスか?とか
こーしーor紅茶?などなど質問攻めの用紙が一緒に届いており。
適当にチェックしたのを渡しておいたのですが。
さてどんなブレックファーストですか?と期待しつつ、
早く腹よへれ~~!とちょっとしたエクササイズも加えつつの朝散歩。

さて。
ヴィラに帰ったらちょうど朝食が届いており、「どこにセットしたしますか?」とのお尋ねに
迷うことなく「デッキにしてちょ」とお願いすると。

さっさ、さっさと準備して、じゃーーん!とばかりのドヤ顔でセット完了。
a0135439_16104913.jpg



いやいやいやいや、そこはパラソル広げて完成でしょ。
とパラソルオープン~のお願いをすると、どうやら金具が一つないらしく、
先ほどまでのドヤ顔はどこへやら。
難儀して開いては閉じる、閉じては開く・・・・。
何かお手伝いしませうか?とワタクス、デッキの欄干にまたがっての応戦なり。
つい出てしまうワタクスのワーキング・ウーマン魂が黙ってはいないのであります。

a0135439_16171971.jpg


このバトラーさん、今朝初めてお目にかかったのですが
そういう意味でも初めての共同作業。
そして無事完了。
パチパチ~♪

で、こちらが朝食内容。
a0135439_16202427.jpg


旅の前にネットで口コミをてんこ盛り読みこんでいたのですが、イン・ヴィラ・ブレックファーストについては
「温かい料理、冷たい料理をブッフェで出しているのに、わざわざぬるいものをヴィラで食べる必要がない」
などと身も蓋もないことを書いておられる人もおられ。
なるほど、と思う反面、プライベートに食事できるのはそれはそれでいいことだし、
しかも1回1回取りに行く面倒なブッフェよりもセッティングされたもののほうが良いという意見もあるだろうに、などアレコレと思ってはいたのですが。

ワタクスはイン・ヴィラ・ブレックファースト、◎だと思いました。
お気に入りのヨーグルトもやはり美味しかったし、しかもやはり丼サイズだったし(ぷっ)。
温かいものは温かかったし、冷たいものはひえひえだったし。
風景の違う場所での食事は変化があってよかったです。

などなど話しつつ、今朝もお腹ぽんぽこりんの朝食だったので、ワタクスは午前ダイビングはスルー。
バディさんをお見送りし、ビーチをピチャピチャと歩いて腹ごなし(=午後ダイビングまでに消化促進)

a0135439_16284422.jpg



バディさんのボートダイビングのポイント名はKuda Haa。
やはり午前ボートは遠くまでいくようでいろんなお魚てんこ盛りこだった模様。


美味しそうな魚達の群れ(違)
a0135439_16313639.jpg





ヨスジフエダの向こうに泡泡か?と思いきや
a0135439_16322410.jpg




ぞわーーーっとする小魚共~。
a0135439_16534799.jpg



岩場の陰に隠れているつもりの変なおじさん
a0135439_16543160.jpg



さらに近寄ってみる
a0135439_16545148.jpg



「何ダスかーー?写真撮ったらあっち行ってちょー」
a0135439_16551839.jpg




こちらも岩陰にシャコ。
目玉きょろん~♪
a0135439_170759.jpg



岩場と言えば「おりのこと、忘れんなじょー」とウツボっち。
a0135439_16593659.jpg



がうがうーー。
威嚇大好きだじょー。
a0135439_1712825.jpg



ハタタテダイ
群れているからムレハタタテダイ
a0135439_16561745.jpg



バディさんの写真撮影攻撃に一目散に散らばるーーー!
a0135439_16565836.jpg



いつもペアで行動。
オニハタタテダイ。
オニで、 籏立ててる、鯛。(ぷ)
a0135439_1725176.jpg




いつも一緒。
a0135439_174367.jpg




ずっと一緒。
a0135439_173251.jpg




何が何でも一緒。
a0135439_174799.jpg




兎に角一緒。
a0135439_1741345.jpg




どこまでも一緒。(バディさんストーカー禁止ーーーw)
a0135439_1752878.jpg




白黒のアネモネフィッシュ。
a0135439_1753586.jpg




こりまたいつも一緒。
a0135439_1754519.jpg




ローズ色のお魚やオレンジ、黒、いろいろと。
珊瑚畑でイキイキ散歩ちゅー。
a0135439_1773989.jpg



やはりお魚はボートで行くポイントだといろいろいて楽しい。
酔いどれの(ボートに)ワタクスにははるか遠くの世界なり。
[PR]
by haijikg7 | 2014-08-25 07:30 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)

バディさんのダイブと水上ヴィラへのお引っ越し

ワタクスが鼻から赤潮を発生させている時、バディさんはボートでKodiparuというポイントへ。
やはりビーチエントリーとはお魚の種類も多さも違いまんなー。

さくっとご紹介♪

a0135439_1552211.jpg
a0135439_15533494.jpg
a0135439_1552444.jpg
a0135439_15541060.jpg
a0135439_15541180.jpg
a0135439_15541444.jpg

イソギンチャクやアネモネフィッシュ系統てんこ盛りで♪
そして写真の腕前もちゃいます。
安心して見れる映像。


そして無事にご帰還~♪
a0135439_1632988.jpg



そんなこんなの2日目のダイビングが終わり
a0135439_1624840.jpg




今日はプールヴィラから水上ヴィラへとお引っ越しダスと
朝からホストマネージャーさんからメッセージが届いており
朝のうちにパッキングを済ませておいたので
帰宅するヴィラは本日より水上ヴィラになり~。

らくらくパックのお引っ越し。
不在の間にバトラーさんによりお荷物移動させてもらってました。



水上ヴィラへ~。
a0135439_15582441.jpg



何といっても水上ヴィラのいいところはオーシャンフロントの眺め♪
a0135439_1645091.jpg



バスタブからもオーシャンビュー。
デッキから直接シャワーへと入ることができてとても便利♪
a0135439_1665632.jpg



なぜなら、デッキから海へとダイブできるので~◎
そして垂直階段でなく、緩やかなので怖くない♪
もちろん階段にもシャワーがあり、潮をデッキに持ち込まなくてすむ設計◎
a0135439_168591.jpg




洗面ボール2個のキャビネット
アメニティはアッカパッカ@イタリアン
a0135439_1692410.jpg



デスクにはWi-Fi完備。
フルーツとおやつは毎日補充
a0135439_16114576.jpg



ソファーはお部屋にはひとつ。
でもだいたいデッキで過ごしたのでこれで充分。
a0135439_16124719.jpg



エスプレッソマシン、スナック類、お酒各種など。
ワインセラーにはお手頃価格のワイン各種。お水は毎日補充。
a0135439_16141988.jpg
a0135439_16151895.jpg



デッキチェアーに寝そべって夕陽を見ながら過ごす。
極楽~♪極楽~♪
a0135439_16154044.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2014-08-20 20:50 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(2)

別の赤潮しゃーーーーー!

自主的サンドバンクツアーを終え、バディさんのボートダイビングを見送り。
さて。

サンドバンク往復のスイムではさほど疲れも出ず
だが午後ダイブ決行の腹もくくれず。

酔ったことがある人ならお分かりかと思いますが
ゲロリ気分ってできれば避けたい気分なわけで。
アンチ・リゾート気分なわけで。
しかもそれが海中ならなおさらのことで。

海中だと言葉は通じない。
通じないとなれば通じてほしくなるのが人情。
しかも困ったことに、ワタクスの場合、海中で伝達したいのは
「きれいだね~」とか「わぁ、可愛い魚!」とかそういうコトではなく、むしろ
「やばいダス」
という、ジェスチャーでやるなら「顔の横で掌をひらひら~」。
これに尽きるんですが。

ワタクス的にはこのジェスチャーは最後の手段で、内臓にゲロリ注意報が出たら
片手で「喉から口の外へ、ゲーーっ」のジェスチャーが第一報。
この段階で「多分あと10分もたないダス」なのだ。

ではもう少し早めに第一報を伝えろ、という声が聞こえてきそうですが、
ゲロリ注意報というのはそうそう早い段階から現れるものではなく、
そろそろと忍びよる貞子的恐怖のようなものであり、
気付いた時には
「わっ!!そこまで来てたんダスかーーー?」と
もう気付いた段階では手遅れ的な、
いつの間に?的な、
いわゆる言うところの後には引けない状態なわけです。

そして仮に20分前にゲロリ注意報が出たとすれば、
45分から60分のダイブの中で20分後にゲロリます、っつーことはダイブ始めて25分ぐらいで第一報、となるわけです。
「そんなんやったら潜るなやーー」と一緒に潜ってる人は叫びたくなるほどの速さなんですね。
幸い海中なので叫べないケド。

こういう繊細な注意報を、見知らぬおのこ共が、しかも外国人ピーポーがこの微妙なニュアンスを汲み取れるのかっつー。
日本人の奥ゆかしいゲロリ注意報を的確に判ってくるのかっつー。
問題があるわけです。


さてどうしたものかのぉとマリンセンターの近くのビーチで足の親指曲げたり伸ばしたり~。
いじいじとしており。

a0135439_1345308.jpg


午後ダイブの15分ほど前になったので決めぬ心のままマリンセンターへ。

マリンセンターには頼みの綱の日本人スタッフ・KIKOさんはすでにボートダイブに出かけており、
KIKOさんのボスであり、マリンセンターの責任者のロニーさん(オランダ人・男性)と
ロニーさんの相棒のカレンさん(国籍不明・女性)
そして昨日Barosに到着したというゲストのピーター(国籍不明・男性)の3人。
あとはロコスタッフさん数名のみ。

ただでさえ英語が苦手なのに。
ゆっくりしゃべってもらっても普通に聞き取れないところに持ってきて、
こちらから話すほどのボキャブラリーが一切ない、
持ち合わせてるのはうすら笑いぐらいのワタクスなのに。
みなしゃん、大変にフレンドリーで
「待ってたよ!」
「大丈夫、頑張れるよ!」
みたく歓迎ムード満々で。

何?このアウェー感。
歓迎されている様子なのに感じる 意に反した感。

「あいむ ・・・なーばす」
やっと言えた一言。
絞り出すの、大変だから。
松田マヨネーズさんもうちょっと絞り口 工夫して、みたいな一言。

なんちゃら~♪かんちゃら~♪
言うよね、口々に。
潜るの大前提で励ましてくるよね、外人ピーポー。
で、「ユー キャン ドゥ イッ!!」って。
決めつけられてしまいまスタ。
出来るって。
で、気付けば言っちゃってました。
「いえす あい きゃん どー いっと!」

出来る言っちゃいましたーー。

ヒューヒュー♪すごいから。
大声援だから。
ワタクスが後にはひけない貞子になってましたから。


では、ということで。
大声援を背に受けて午後ダイバー3人がビーチのエントリー場所へと移動。
若干のうすら笑いをたたえつつ。
まず、ロニー隊長、ビーチは二度目のワタクス、そして昨日来たばかりのピーター。
って、ピーターウエットスーツ着てませんから。
もう、ピーターったら~、とばかりに、たどたどと「ウエットスーツは?」と尋ねると
「この太っ腹みてちょー。内臓にウエットスーツ着こんでっから!」って。
まさかのTシャツ&短パンダイバーです。

ま、ね、モルは赤道直下だし、水温27度あるし。
でもね、ウエット着ないと浮力調整たいへんダスよ~、など一応先輩っぽく思ったんだけど
如何せん言葉でませんので思っただけ。
うすら笑い投げかけときました。


ビーチにはロコ・スタッフさんが先に機材などを運んでくださっていて、
もうこのあたりからして大名ダイビングなわけです。
自力一切なし。身一つでダイブポイントまで来るだけ。
あとは潜るだけ、みたいな。
ちょれーでしょって。

時はきた!
ロニー隊長を先頭にワタクスとピーター、ビーチからダイブ。
水深5メートル付近でstopとロニー隊長の指示。
ピーターはここでは今日が初めてなのでまずはチェック・ダイブを。
はいじはここで座って待ってておくれ、と。
ワタクス「OK!!」と、一応先輩っぽく見守る体制とりまして。
砂地に三角座りなんすが。
ピーターのチェックを拝見することになりました。

ピーター、レギュのマウスピース離してもう一回くわえる。
自分の酸素が切れたことを想定してロニーのオクトから酸素もらう。
反対にロニーが酸素切れたから自分のオクトを渡してあげる。
わざとマスクに水入れてマスククリア。
マスク全はずしして、も一回マスク装着してマスククリア。

ざっとものの1分ほど。
もしかしてこれってダイビング初心者用DVDダスか?
ってぐらい鮮やか。
ピーター半端なく上手。

実は前日、ワタクスがあまりにもマスク全はずしを怖がっているのでKIKOさんが
「ダイビングの後の方でやりましょう」と親切ニッコリ♪してくださっていたのですが、
ダイビングの後の方でワタクス赤潮しゃーーー!でしたので、
マスク全はずしは やってなかったのでした。
本当の意味でゆるすまじ。
必須のチェック・ダイブをスルー。
そんなワタクスからすればピーターのチェック・ダイブの鮮やかさはお手本。
ミラクル。
マジック。
思いつく単語並べてみる。
もちろんロニー隊長も「OK!」と一発合格をだし。

この時点で偉いもん順は決まったわけで。
ロニー隊長、ピーター副隊長、ヒラのワタクス。
マリオブラザーズでいうとロニーがマリオ、ピーターはルイージ。
ワタクスはカメ。

兎にも角にも「一同、さらに潜るぞ」、とカモン♪するロニー隊長の後をついてゆくのでした。

a0135439_15102663.jpg



見よ、この腰の引け方を!
半端ないおよび腰のワタクス!
a0135439_1522433.jpg



昨日潜ったポイントなのに何?この初めて感。
ないす とー みーちゅー状態の海。

ずんずん潜行してゆくロニー隊長とピーター副隊長に続けとばかりのワタクス。
もうね、気分はドラクエです。
勇者よ!お前だ!
みたく。



と、ロニー隊長何かを発見!
a0135439_15265977.jpg



岩場に小さなエビ。
こいつたち、手を近付けると角質を食べてクリーニングしてくれるんだじょ♪
(というのは事前に聞いていたので、こりかぁ~とワタクスにもわかる)

ピーター副隊長、ロニー隊長に手をつかまれ、エビに角質を食べてもらう。
a0135439_15351745.jpg


a0135439_15411967.jpg

ニモが歯医者の水槽で同居していたエビだすなぁ~と。
いや、ワタクスは結構ですーーというのに、ロニー隊長ったら強引。
ワタクスもエビに角質とりを~、と手を近付けるもイビさんそっぽ向いて~。
要らないダス~と。
またもやのアウェー感。


気を取り直し、さらに潜行。

遠くにウミガメさん発見しまスタ!隊長!!
a0135439_1543937.jpg



きときと・いきいき珊瑚にちっこいお魚発見しまスタ!隊長!!
a0135439_15433427.jpg



はいじ隊員、あれこれと探索しておりますデス!!と。
実はダイビングを始めて20年にして、今回初めてカメラを持って潜ったわけでして。
今まで潜るだけでパッツン・パッツンだったのでカメラなど二の次三の次だったわけで。
ワタクス的にはかなり自立した今回のダイブ。

ロニー隊長とピーター副隊長に甘えることなく、
一人のダイバーとしてっ!!
あい きゃん どー いっと!
実行ちゅーー!!


と、そこにまたもやロニー隊長、何かを発見っ!!
「あっちのボートの下に何かおるじょーーー♪」と。
カモン~♪と。
a0135439_1550208.jpg



ピーター副隊長に続き、はいじ隊員も潜行ーーー。
と、そこにいたのは。

何だ、この尻尾はっ?!
a0135439_15514751.jpg
 



はいじ隊員、前に回れ~!と。
いえっさー!と。
そやつは シャーーク!  若干眠っておりますっ!!
a0135439_15525592.jpg




さらに海中散歩は続き、ダンジョンが深くなるのであります。
潜るまでは不安だった外人おのこ共だったがすっかり打ち解け。
黒船軍団VS倭人
開国迫られ~。
倭人心も開くーーー。

そしてワタクス初めての海中撮影にも心躍り~。
シュノーケルとは違った撮影モードに熱心になり~♪

だが、海中の撮影は甘いものではなく、
わー、お魚~と思ってシャッターをきったと思う前に逃げられ~
a0135439_1603890.jpg



ムスジコショウダイだーーと近付いて行ったら納まりきらず~
a0135439_161589.jpg



夢中でシャッターをきるもこれといった写真は撮れず。
そして夢中であったため悲劇が。

自分のゲロリ注意報を見逃しておりまスターーー!
あと10分もたないダス、という第一報はすでに過ぎ~。
こりってもすかすて、ヤバイ範疇?っていうの。
もう喉までゲロリきてるかもーーー。と。

最後の力を振り絞りーーー。

THE! LAST! MESSAGE! 海猿ーー!とばかりに
ロニー隊長に自分の異変を、いや惨事を、だな。
伝えるべく、バタ足エンジン全開ーーーーー!

ロニー隊長、かなりリラックスしており~。
ふわりと浮きつつ海中散歩ちゅー。
a0135439_1664453.jpg



ロニー隊長のフィンを引っ張るわけにもいかず、
せめて背中にタッチしたい、と。
心の中で「めーでー!めーでー!」言いつつ。
念を感じてくりょーーー!と。

やっとロニー隊長の背中トントンできたときには
喉まできていたゲロリがーーー。
ゴックン。

飲んだーー!

リバースの逆リバースーーー!

なんとか赤潮発生の惨事を抑え、ロニー隊長に
「ヤバスーー!」と。
喉から口にゲーーー!ジェスチャー&掌ひらひら~ジェスチャーで。
「もうダミだーーー」と。

ロニー隊長「OK! OK!」って。

どこまでOKダスか?
判ってくれとりますかーー?
ゴックンだすよーーー。

ピーター副隊長に「ここで待っててちょ」と指示し。
と、ひとまず帰還方向へと(思いたい)ワタクスを先導。


現れたーーー!
救助に向かう 伊藤英明キターーーーー!と。


もうついてゆくのは隊長ただ一人っ!
はえく、あがらねばーーー!
自分の吸う酸素の音がダイソンみたく聞こえてきた。
半端なく吸ってる、いや、あえいでいる。


ロニー隊長
「5」 「3」 「OK?」と。
知ってるじょーーー、今となっては判ってるーー。
KIKOさんもやってたーーー。
水深5メートルのところで3分安全停止でしょ?知ってるーーー。
はひはひ。

ワタクスの惨事を知ってか知らずか、ロニー隊長、
「こんなのあるじょーー」と
取ったどーーーー!と。
a0135439_1623750.jpg



びっぐ ひーとーでーーー☆
そんなの見てくねぇダス~。
ゲロリ再浮上するダスーーー。

もうだみだーーーー。

ワタクス。3分間の安全停止時間を待たずして、どばーーーっと浮上しまスタ。
まさかのヒトデのとどめ。
伊藤英明 幻ーーー!


a0135439_16261427.jpg

水面にぷっかり浮いてますと、ロニー隊長も浮上してくれ
「OK?」と。
OKぢゃねーよ!
と思うが力なく「OK」と健気に。

ビーチに上がって待ってて、あとちょっとピーターと潜るから~

と言い残し、再度潜行する隊長・ロニー。
飲み込んだゲロリは幸いにして再々リバースすることなく。
ようやくビーチに上がり、滴り落ちる鼻水を手でぬぐうとっ!!

鼻血ーーー!
急に浮上したからか、鼻から赤潮しゃーーーーー!

ここにきて、ワタクスの身体が言っている。
「時は満ちた」とな。
どのみち赤潮発生させちゃるけん、とな。
[PR]
by haijikg7 | 2014-08-20 06:39 | 2014 Baros Maldives | Trackback | Comments(0)