カテゴリ:れんげ農場&自然農( 11 )

tomato

a0135439_21522927.jpg


未熟。
[PR]
by haijikg7 | 2011-07-13 21:40 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(4)

バジル騒動

a0135439_1632554.jpg

「バジル、ここまで育ちましたよ」
元上司からの写真添付付きメール。
「えー!?メール?しかも写真付き?」
人生を楽しんでおられるご様子に思わず笑みがこぼれる。


「ひと株でいいので家庭菜園で育ててくださいませんか?」
とお願いしていたのだが、20株も植えてくださったらしい。





夏日を思わせる眩しい日差しの休日の朝、
国道脇のコンビニの駐車場で待ち合わせ。
元上司のバイクに二人乗りをして、畑まで一直線。
バイクの二人乗りは生涯で2度目。
風が束になって向かってくる、久しぶりの感触だった。

青空の畑では、いきいきとしたバジルの葉が出迎えてくれました。

a0135439_19252289.jpg


収穫して早速ジェノベーゼソースに。
今月はパスタの講座!

でも20株ものバジル、これからどうしまよう!!
[PR]
by haijikg7 | 2011-07-02 20:00 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(14)

きゅうりのひげ

a0135439_04179.jpg

木村秋則さんの著書に「きゅうりのひげ」のことが記されていた。

きゅうりのひげはスプリングになっていて、
揺れを嫌うきゅうりはそのひげを伸ばして
風などから自分を守るために何かにつかまろうとする。

栽培の時はきゅうりのひげがつかまりやすいように網をめぐらせる。
ひげは柔らかくて、つかまる役目と同時に、ショックアブソーバーの役割も果たしているとのこと。
網を施さないと、きゅうりは地を這って雑草にしっかりつかまるそうだ。


面白いのは、きゅうりは人の心を見抜くような行動をとることがある、というお話。
きゅうりの巻きひげの前に指を1本だしてみる。
するとそのひげに巻かれる人とそうでない人がいるというのだ。

「この人はやさしい人だ」
「この人は欲が深い人だ」
きゅうりは相手が自分を可愛がってくれる人かどうかを
見分けるのかもしれないというのである。

また、ひげ実験で指にからまってくるきゅうりは曲がった形にならないで真っ直ぐに伸びるそうだ。
そして肥料を与えているきゅうりは絡まってこないのだとか。
「肥料を施すと何か性格が狂うようです」という木村さんの文章に奥深さを感じる。


さて、あなたがきゅうりの前に指を1本差し出したらどうなるでしょう。
しっかり絡まってくるのか、
おっかなびっくり、ゆる~く絡まってくるのか、
それとも・・・。

ちなみに木村さんは、
「この実験は一人でやってください。感情を害することがあるので」
とおっしゃっています(笑)
[PR]
by haijikg7 | 2011-06-28 23:55 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(12)

水仙

a0135439_15345052.jpg
仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙という。

今が盛り。
その香り、枯れた野に満ち満ちて。
[PR]
by haijikg7 | 2011-02-05 16:20 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(6)

名残のアスパラ

a0135439_21282231.jpg



少し前のことですが・・・。
れんげ農場の様子です。
もうアスパラもおしまいです。
にょきにょき伸びたのをポキっと折って収穫。

そして、天ぷらにしました。
[PR]
by haijikg7 | 2010-06-16 21:35 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(22)

森の音

a0135439_10223671.jpg

                                   (クリックする?↑)

    森の音  裸足の指に 確かめる    よしみ 


  れんげ農場の作業のために森に入りました。
  かさこそ・・・、という枯葉を足に感じながら、たくさんたくさん枯葉を集めました。
  1年後にはたい肥となって野菜を美味しくしてくれます。

  自然はめぐっている・・・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2010-01-23 10:28 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(50)

なたね晴れ

a0135439_11375256.jpg


温かいと思ったら、小さな欠伸をしたように咲いていた。


「菜種晴れ」 山本 一力:著
房州勝山と深川を舞台に、菜種栽培・菜種油・天麩羅をモチーフに読ませていく。
泣くのはひとりの時だけと心に決めた主人公・二三の物語り。
[PR]
by haijikg7 | 2010-01-19 11:42 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(4)

うすいえんどう

a0135439_17393931.jpg


春がきて、桜がさいて、そして散って、若葉がでて・・・・。
その頃に、でまわる萌色のえんどう豆。
グリーンピースより甘くて香りが青い。

こんな寒いときに芽吹いて蔓を伸ばしている。
[PR]
by haijikg7 | 2010-01-16 17:42 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(12)

晩秋

a0135439_53955100.jpg


晩秋のれんげ農場。

薩摩芋の収穫のあとは里芋。
この季節は収穫・出荷するものが少ないので、
ビオラの植え替えや細々とした作業をします。

    お芋掘りには近所の保育園からのゲストがありました。
    自然保育の子どもたち。
    力強い瞳。

More
[PR]
by haijikg7 | 2009-11-16 05:52 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(8)

紫蘇ジュース

れんげ農場のめぐみ
a0135439_0252362.jpg


紫蘇ジュースのレシピ

赤い紫蘇5本
青い紫蘇1本

それを1.5リットルの水をぐらぐらさせたところで煮出す
黒糖と甜菜糖を「甘いな」と思うぐらいまで入れる


そしたら・・・・
a0135439_0315182.jpg

こんな風に紅茶みたいになる

レモンを2個絞って入れたら・・・
[PR]
by haijikg7 | 2009-08-18 23:19 | れんげ農場&自然農 | Trackback | Comments(2)