バレンタインディの玄米

a0135439_19241460.jpg


浸水している間、友達が部屋の窓ガラスをキュキュッと拭いてくれていた。
磨きぬかれた窓から差し込む朝日に玄米の湯気がきれいだな、と思った。

米袋だと24分の圧は保てないんだよなぁ・・・。




むそう塾生でもないのに、なんで窓なんか磨いて氣を整えてくれるんだよぅ!
ありがとにぃ^^
[PR]
by haijikg7 | 2010-02-14 19:26 | いただきます | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/9958309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆぅゆ at 2010-02-14 19:37 x
こんばんは。

私も最近、例の米袋になったので保温の仕方を試しています。
米袋の中に、新聞紙を袋に沿わせるように(新聞紙で内袋を作る感じ)にしたり、米袋の上からブランケット等かぶせるのはどうでしょう…?
新聞紙を中に入れる場合は、枚数によってはあらかじめお鍋がすっと入れられるか確認した方がいいかと思います(*^_^*)

参考になりますでしょうか…
既にしていたらゴメンナサイm(._.*)m
Commented by perori617 at 2010-02-14 20:33
こんばんは。

私は、米袋を被せるのではなくて
米袋の中に圧力鍋を入れて上をクリップで留めてしまいます。

最近は、圧が残りすぎるので被せています。

既にしていたらごめんなさいね^^
Commented by 子象 at 2010-02-14 21:14 x
はいじ姐さん
この湯気めちゃ癒されます。
チョコをもらったオトコになった気分。
ありがとうございます。
Commented by ふみよ丸 at 2010-02-15 06:38 x
はいじさん、おはようございます

なんかこういう湯気を見てると。。。
幸せな気持ちになりますね〜♡
Commented by azukki_bio at 2010-02-15 06:56
湯気キャッチャーのはいじさん 
おはようございます。
透き通った光のなかで美味しそう~

私は米袋はあたたかい時期しか使ったことないのです。
冬はずーっと新聞紙一日分(ここには朝刊、夕刊はないのです)で包んでいました。
米袋だけだと楽だけど、鍋との間の空間が気になるのですよね・・・
Commented by yuraranote at 2010-02-15 07:46
はいじさん、おはようございます

バレンタインディの玄米ご飯、
どなたと召し上がったのでしょうね(うふ)

湯気の立つあったかいご飯、活力のもとですね~
Commented by my at 2010-02-15 07:49 x
良いお友達ですね。
なんだかジーンとしてしまいました・・・。

ごはんもとっても美味しそう。
Commented by なま at 2010-02-15 18:02 x
タイトルが、「バレンタインディの、」ってなってるの
には、何か意味が込められてるの?
圧、って、そういう風に(↑)保つのか!へー。
ウチも圧力鍋でご飯炊いてるけど、そういう工程を
入れないのは、玄米じゃないから?

改めます、としたのは、お葉書にて。
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 19:59
ゆぅゆちゃん
玄米炊飯名人からの温かいアドバイス、めちゃ嬉しいです。
日Dでよかった^^
そっかー、新聞紙とのあわせ技か。
まったく応用力のない私。
そんな手があったとは。
早速試します。
うんうん、いい!これ、やってみよ。
それにしても、圧がおりて鳴る音が小さすぎる!
「コチっ・・」って感じ。
米袋してたら全く聞こえないーー!
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:03
ぺろりさん
全く「既にしてません」から大丈夫です。
陽性ぺろりさんがたくさん焚く玄米と陰性な私が3合炊く玄米では真っ向から勝負できないわけで、(勝負してませんが^^)圧はほんとにひ弱~~にぜーはーぜーはー言いながら、調子のいいときだけ24分もってくれます。
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:06
子象ちゃん(そう、チャンです)
ありがとにぃ。
これからも子象チャンならば、姐チャンと言ってください^^
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:19
ふみよ丸さん
湯気の幸せ感。
大好きです。
ふみよ丸さんのブログにもいつもホカホカの湯気を感じてます。
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:21
azukkiさん
米袋と鍋との空間でしょ、そうそう。
私もピッタリ感に欠けるナァと思いつつ、いやこの空間の暖かさがよいのか?と思いつつ・・・、です。
いい湯気キャッチ、していきたいですねぇ^^
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:22
ゆららさん
ふふふ。
美味しく葱味噌を鋳込んでおにぎりにしてハフハフいただきました。
お腹の底からあったまりましたよ。
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:23
まいさん
はい。
ただ黙々とガラスを磨いてくれてました。
家から雑巾や新聞紙やバケツまで持参して。
「何で磨いてくれてるの?」と尋ねても二人とも黙々と磨いてくれてました。
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 20:26
なまちゃん
バレンタインの、に意味はなくて本当は旧暦新年のって言いたかったけど自粛しました。
圧のことや、炊飯のことはたとえなまちゃんでも詳しく言えないの。
でもお教室のほうのブログや皆さんの書き込みで色々考えてみてね。
炊飯って楽しいね。
同じやり方でも人によって出来上がりが違うんだね。
パンはどう?
Commented by ゆぅゆ at 2010-02-15 20:58 x
こんばんは^^

参考になったようでよかったです♪
新聞紙を数枚入れることで、お鍋と紙袋との間の隙間も適度に埋まり、空気の層がたくさんできますよ(#^_^#)

…そんなことをいいながら、2合炊きの時は圧がまだ最後まで保てていません^^;
私も一緒に頑張りますね(#^_^#)
Commented by haijikg7 at 2010-02-15 22:04
ゆぅゆちゃん
ありがとうね。
2合炊きで24分、圧保つんでしょうか?
私には宇宙の果てのように遠い目標です。
本当なら2合で焚くのが生活スタイルにあってるんですが。
2合で24分が実現したら「それだけで幸せ」です。


<< 大阪のたこ焼きやぁ! 六文銭 >>