年始蕎麦

a0135439_22322352.jpg


三が日が過ぎたら、ほっとする。

お正月。
無事に迎えそして過ぎたから言いますが、本当はちょっとお正月ってやっかいだなぁと思っている。


  * * * * * * * * * * * *

記憶が定かではないけれど、母が入院する前だからきっと私は幼稚園だったと思う。
元旦に家族、親戚揃って初詣に出かけた。
晴れ着の人もたくさん詣でておられ、出店もたくさん。
その中で全く人が寄り付いていない出店があった。
石屋さん。
大小様々な石を扱っていた(と思う)。
形・格好のいいのや、石に絵を描きつけたものとか。
ひときわ寒いお正月で風も強く、お客の寄り付いていない石屋の出店はまさに閑散とした雰囲気だった。
お年玉の中から遣っていいと許されたお小遣いで何を買おうかと浮き足だっている兄達やいとこたち。
スーパークラッカーや綿菓子やりんごあめなんかも色彩明るい出店で人もたくさん集まっていた。

実家は商売をしていたので年末、ことに12月にはいったら家族中が何かというと
「ええ正月がけぇへんで(来ないよ)」
「さっさとせな、年が越されへんで」
とお正月を迎えることに懸命な雰囲気が漂う。
幼い私にもそのあわただしい活気のような、また何かに急き立てられているような師走は
ただただ「よいお正月」を迎えるために毎日を過ごしているかのような感じを受けたものだ。

そんな雰囲気が一掃してやっと迎えたお正月。
けれど目の前に全くお客が来ていない石屋のおじいちゃん(私からはすごい老人に見えた)は
幼い目からは「ええ正月がきてはれへん」ように見えたのだ。

そこで私は自分のお年玉から小さな石を買いたい、と親に言った。
父は少し怖い顔をして「はいじがほしいなら買いなさい」と言った。
兄達は小声で「お父ちゃんが怒るようなことすんな、アホ」と私をたしなめたが
私は小さな石を初買いした。
新聞紙に包まれた小さな石をミトンの手袋に握り締めたのを確かに覚えている。


  * * * * * * * * * * * *


お正月はまるで旧家の長男のような感じがする。
いろんな風習があって、それを守って、ゲンの悪いことはしてはいけなくて。
お年玉をもらったり、親戚が集まるのは嬉しいけれど
そのためにたくさんのことをいっぱいしないといけないし。
「お正月から、何してるの!」とか
「お正月のうちはあかん」とか
ちょっとありがた迷惑な、それでいてちゃんとしたいような、やっかいな感じ。


あの初詣以来、ちょっと初詣が苦手である。
幼稚園といえば、かなり記憶の端っこだから、つまり私は初詣が苦手なのかもしれない。
友達とわいわいと楽しく行った思い出も、晴れ着を着て出かけた若い頃の思い出も、
楽しく嬉しい初詣もたくさんあったけれど、やっぱり記憶が残っているのは
「そんなにお正月、お正月って言いながらみんなが幸せなのかなぁ」と感じた北風ぴゅーぴゅーの元旦の思い出。

おもえば多感な幼少期だった・・・(笑)


そんなことを思い出しながら、おせち料理で甘辛くなったお口直しに母に作った一番出しの年始蕎麦。



「お母さん、美味しい、美味しいって言いすぎ(笑)!!」
[PR]
by haijikg7 | 2010-01-04 23:08 | いただきます | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/9572186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まま at 2010-01-04 23:20 x
力うどんは食べたことがありますが、力蕎麦!?でしょうか?
ごちそうさまでした。
Commented by haijikg7 at 2010-01-04 23:25
まま
あもさん(母と半分っこ)と海老入りののし餅のダブル餅入りです(笑)
Commented by なま at 2010-01-05 00:20 x
お正月に抱く感情、はいじちゃんと同じだーー!
ほんと、そうなんだよね。なんか、辛くなる。
お正月とは違うけど、お祭りなんかも苦手なんだよねぇ・・。

「お母さん、美味しい、・・・・・」って、よっかたね~。お母さんの
ごはんもすごーくおいしかったから、はいじちゃんのもすごーく
おいしいんだ、絶対!
Commented by こるぷん at 2010-01-05 00:47 x
私もお正月苦手なんすよねぇ~、私の場合は年末からなんすが
ろくでもない、苦い思い出ばかりだから
だから、この時期は無性に家を飛び出したいとゆうのが本音です。
で、それが原因で余計もめるんですけどね

今年は幸運な事にそれ指数は低く。
少し遮断した中で、いつの間にか過ぎていきました。
たぶん年末の一人漫談にみんなが汗かいて笑ってくれたからで
しょう。笑いは世界と私を救うですな^^

このテレビっこっが年末のテレビをほとんど見てません。
ちびり瞬間だけ
あ・さだまさしは、かぶりつきで見ましたが・・・

ところで年始のお蕎麦ってゆうんですね。
お昼ごはんはそれでやした、飾りもなんにもないけれど
一人でずるずるやっておりました。ハイ
するなら、もっと美しくをテーマにしないとと反省でゲス
Commented by haijikg7 at 2010-01-05 04:47
なまちゃん
海老のお餅の塩味とか、柚子の香りとか、菊菜の香りとか、
一番出しの風味とか、熱くって美味しかったよ。
お正月から普段に戻れたって感じでほっとするね。
Commented by haijikg7 at 2010-01-05 04:50
こるぷんさん
お正月って独特なのに、過ぎちゃえばなんてことないのよね。
面白いなぁ。
年末の独壇場、予想できて笑えます。
そして年始も一門会にはじまり、USJも堪能されましたか?

貴女には笑ってる顔が一番ですよ。
ゲラ笑い、ニンマリ笑い。

あ、そうそう、わたしもまっさん見ましたよ。
笑えた。
Commented by yuraranote at 2010-01-05 22:35
はいじさん
幼少期の話、なんとも良い話だなぁ
私の掌にまで石の感触が来ましたよ
はいじさんの表現、刺さるのですよ~

年末やお正月の雰囲気や思い出、わたしも少し苦手でして
20代は家で年を越した覚えがありません。
でも今は、むしろわざわざ一線を引いて非日常を作り、
そしてまた日常に戻ってみるかんじ、悪くないと思っています。
ひとりで気楽だからこんなことも言えるのですが。
Commented by yuraranote at 2010-01-05 22:37
あ、書き忘れましたが
一緒に買った「雪輪」の大根、入ってますね!!(嬉)
わたしもお雑煮に雪輪の大根を使いました。

年始蕎麦って言葉、はじめて知りました~。
Commented by haijikg7 at 2010-01-05 23:43
ゆららさん
いい話というか、マセたがきんちょのお話です。
こんなこといいながら、結構その後もお正月にウキウキしていました(笑)
いい思い出のほうがもちろん多いから。
幸せな中にぽっちりとおセンチ気分があったなぁということですね^^;

雪輪の大根、かわいいねぇ。
活用できそうで「ヨシ!」ですね。
Commented by kaekuru at 2010-01-06 10:25 x
はいじさん 初めまして。
Ta(11-11)こと、kaekuruと申します。

同期のゆぅゆさん始め、私がお邪魔させてもらっている色々なブログで名前をお見かけしています。
ここにも、いつも来ているのですが コメントする勇気が出ず・・・

美しくて、凛としているイメージなのですが、
中川さんとのかけあいでは お笑いもお手のもの(?)
何だか あまりにも素敵過ぎて 遠い感じが・・・

が、近くスーパーサイヤ人になってしまうかも という噂も聞きますし、そうなってしまうと尚更難しいので、年が明けたのを機に思い切ってみました。

これからも、寄らせていただくと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。
Commented by haijikg7 at 2010-01-06 15:31
kaekuruさん
初めまして。といっても私も初めての気がしないぐらいニアミスしてますよね^^

美しく? 凛?
いえいえ、そんなことはまったくないんです。
大きな誤解、事故の元。
中川さんのお笑いのお相手もろくにつとまってませんよー。
年代が違うので(ええ、きっぱり!)笑いのツボも違うのですが
私はすっごく背伸びして突っ込み&ボケさせてもらってます。
大人のお相手はできませんわー、ほほほ^^

そしてスーパーサイヤ人なるものも知らないので、どうなっちゃうのか自分でも予想つきません。
玉といえば里見八犬伝を連想してしまいます。
だって人形劇でやってたから。
「合言葉は勇気だ!」

今後ともよろしくお願いします(ペコ)


<< えべっさんはいつも笑っている!! からすみ >>