玄猪包 -げんちょづつみ-

旧暦10月。
亥の月、亥の日、亥の刻にお餅をいただくと万病を除き、
また猪の多産にあやかって子孫繁栄する、という風習があるそうです。

残念ながら私の育った地域にはその風習がなかったのですが、
今も各地に「亥の子」という名で伝統行事が残っているとのこと。

日暮れ時に子ども達が藁縄を亥の子石につけてご近所を一軒一軒周り、
玄関先で石を搗(つ)いたり、手拍子や足踏みをして独特の囃子歌を歌うそうです。

私はこの季節にお茶席でいただく「亥の子餅」や、
十文字に紐をかけた小箱に銀杏を配した可愛らしい「玄猪包(げんちょづつみ)」というお道具から
「亥の子」の風習を学びました。

「亥の子」には
一の亥の子、二の亥の子、三の亥の子があり、
今年はそれぞれ11月2日が一、11月14日が二、
そして今日11月26日が三の亥の子の日とのこと。

また
  ・一の亥の子は菊としのぶ草
  ・二の亥の子は紅葉としのぶ草
  ・三の亥の子は銀杏としのぶ草
と、季節を追って意匠の変化をみせます。

むそう塾のクラスメイトのゆららさんは日本手ぬぐいをとても上手に装われます。
先日のむそう塾では可愛らしい銀杏模様の手ぬぐいをきりりと頭に巻いておられました。
それを拝見し「あぁ、亥の子の季節だなぁ」と私は感心してしまいました。

そこで昔から伝わる素朴な風習をイメージして母に「玄猪包」のお弁当を作ることにしました。


* * * * * * * * * * * * * * * 

亥の子のことを少し調べてみると、古くは中国から伝わった慣わしのようです。
この日に「大豆、小豆、ささげ、胡麻、栗、柿、糠」の七色のお餅を食べる伝統が
平安時代にわが国に伝わり、「白、赤、黄、栗、胡麻」の五色のお餅を作るようになりました。

私がお茶席でいただく亥の子餅は亥の子(=猪の子どもの瓜坊)にみせた形で
中のあんこが杏や栗や胡桃や松の実が刻んで入っているものです。
伝わったことが、いろいろに変化をみせていて、とても面白いと思いました。

* * * * * * * * * * * * * * * 



さて、亥の子について調べたり、献立を考えているととてもいいアイデアを思いつきました。

いつも不良娘は母を放って仕事をしたり、遊びにいったり、お稽古事に通ったり、
「私ばかりすまないなぁ」と思いながら好き勝手にさせてもらっています。
母はあまり外出をしないので、食べるものでは私のお弁当ぐらいしか季節を感じることがありません。
それなら自宅で、母の親友と一緒にお弁当を食べてもらおうと思いました。
母と母の親友は高校1年生の時から、かれこれ55年以上のお付き合いです。
二人とも似た者同士でおっとりと地味な(笑)性格です。
今回母が元気になってくれたのも親友のお陰だと思います。
親友の叔母様に電話で「お弁当を一緒に食べてあげてください」とお願いすると
「ええよ。よばれるわ~。」と気持ちよいお返事をいただきました。

今朝、
ささやかながら母の病気平癒と親友の叔母様のご多幸をお祈りしてお赤飯を炊きました。
先に調べた亥の子の風習を少しずつ取り入れて献立を考えました。


a0135439_8435850.jpg




* * * * * * * * * * * * * * * 

【玄猪包みのお弁当 お品書き】

  ・玄米ご飯(平和)
  ・玄米小豆ご飯(Tプラス)

  ・「白」 里芋の土佐煮
  ・「赤」 氷見産 寒ぶりの照り焼き 甘酢蓮根添え
  ・「黄」 蓬麩の柚子味噌田楽
  ・「栗」 錦秋(京まくろび製)
  ・「胡麻」 白和え(人参、モロッコいんげん、ひじき)

  ・お吸い物 きのこ三昧  柚子松葉 

* * * * * * * * * * * * * * * 

イレギュラーなお弁当ですから、公開ダメだしは、ヒカエマス・・・・^^;。
でも、見てくださったら嬉しい^^ (←添削をセコ技で4回にしようとしている?)






a0135439_846645.jpg




         むそう塾での復習もプラス・・・a0135439_85766.jpga0135439_8453886.jpg
[PR]
by haijikg7 | 2009-11-26 08:15 | お弁当 | Trackback | Comments(38)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/9303423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by neko-roundabout at 2009-11-26 09:40
こ、これは。。。
美しい、美しすぎる。。。
これ、ダメ出しとかの次元ですか?
気軽に来たら衝撃でした。
日本の美が詰まったお弁当ですね。
これは褒め言葉になるのかわかりませんが、料亭のお弁当のようです。
朝からいい物見せてもらいました^^
日本の風習も勉強させて頂きありがとうございます。
Commented by zenemon at 2009-11-26 10:36
はいじさん こんにちは

出張ダメ出しにやって参りました。

お母様への親孝行弁当ですね。

先ずは盛りつけから見ていきましょうか。
手前(上の段)の右側。
強肴の〼です。
綺麗に盛れているのですが、残念なのは
「向き」です。
もしこの箱があなたならご存知であろう
「日の字」箱であれば完璧です。
撮影の仕方から見て横長の使い方での
盛りつけですね。
それでは90度ずれています。
このまま90度反時計に回してみて下さい。
そうして里芋と白和えを入れ替えたら
パーフェクトでしたね。
Commented by zenemon at 2009-11-26 10:37
それから亥の子の弁当にするのなら、
もし私が設えるとしたら、小豆御飯を
玉物相にします。
そうして玄米を奥の〼に詰めるでしょう。
亥の子餅を小豆御飯で現せたらもっと
季節感、時事感が出せたでしょう。

4つの内の3つに米が入っているのは
正食の比率ということにしておきましょう。

茸のお澄ましはもちろん鰹と昆布の一番
出しでしょうね? でないとお母様の
元気を損なう可能性もあります。
もし、晩秋で茸の陰性が寒々しいと
感じる時は一番出しのお澄ましに
本葛を薄溶きして、「薄葛仕立て」に
するのです。 やんわりとした陽を
お母様に召し上がって頂けるでしょう。

てなところで如何ざんしょ?


では!


とおりすがりの おっさん。
Commented by ayanaru at 2009-11-26 11:07 x
はいじさん、はじめまして。
いつもblog大変楽しませていただいてます^^
(時には泣かされています・・・。)
上のコメント、
最後の最後に
「とおりすがりのおっさん」
じわっと感動しました。

本当に素敵なお弁当と、お心遣いと
おっさんと、
全てがつながって幸せな気持ちになりました。

また遊びに伺います。宜しくお願いします^^
Commented by my130 at 2009-11-26 13:52
感激しました。
細かいことはわかりませんが、美しくて繊細で、心のこもったお弁当であることがすぐに伝わってきました。
お母様とご友人のお方がどんなにお喜びになられたことかと。
ただただため息です・・・。
Commented at 2009-11-26 14:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 21:12
まうみさん
笑える~(笑)
>気軽に来たら衝撃でした。

そんな「かしこかしこまりましたかしこ~」なコメントは恐縮します。

お弁当というよりも工作の感じで遊んだので、公開はちょっと・・・。
色々調べて楽しかったです。
あまりメジャーではない季節の歳時記が好きなので、
また何か思いついたら遊びたいと思います。

Commented by tori-uta at 2009-11-26 21:13
こんばんは^^
ハレの日とはこういうことだったのですね^^
本当に親孝行のはいじさん。
我が身を振り返ると…ああ、泣けてきます…。
Commented by azukki_bio at 2009-11-26 21:52
はいじさん、私も衝撃を受けた一人です^^
亥の子餅、古典の世界でしか知りませんでしたが、今の時代にこうして楽しむこともできるんですね。
はいじさんを通して、この国の「良きもの」にたくさん触れることができて幸せです。

「では!」と去りゆく通りすがりの正義の味方・・・
さらに世界は深まりました。
まだまだ知らないことがいっぱいある・・・
また、さらなる衝撃をヨロシク。
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 21:59
zenemonさん

とおりすがりのおっさんが行きずりに出張ダメだしですか?(笑)
「出張」している時点で「とおりすがり」ではない、なんて言うと
「じゃあ3回目にカウントすんぞ!」と返されそうなので知らんぷり。

と、冗談はおいといて。

「日の字」とはなんですか(・_・?)
「ご存知」とおっしゃられても、多分「日」の形のお弁当箱?
と察したのが精一杯で、そのような名前は存じませんでした。
ググッたのですがあまりヒットせず・・・(?_?)
もっと詳しくお教えくださいませ。

そして盛り付けの角度が90度も違う!とは・・・。
ぎゃー!!
したらば「じゃあ、縦にしまーす」なんて簡単な問題ではないですね。(ゴメンナサイ)

Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:03
(つづき)
実は里芋を先に盛り付ける自信がなかったのです。
ズリって倒れそうで・・・。
ウンショ!ウンショ!と何度も立てようとしてどんどん里芋の面がズルズルになっていきそうで・・・。
ならば白和えでどっしり小山を作りそこにどんどん立てかけてやろうと目論んだのですが、それが敗因だったのですね。
どうして里芋って美味しいのに頼りないんでしょうね。
「しっかり立ってろ!」と言いたくなります。
あれ?でも左右を変えるだけで結局は白和えという頼りがいのある小山に立てかけたらよかったの?

やはり盛り付けは難しいのです・・・。

ご飯ですがなんとここでも「玉物相」!
どんどん凄い技が・・・。

少し考えたら思いつくはずでした。
平らに盛るかお結びにするか、これを悩んだだけ。
「紅葉の物相があったらなぁ」とふと思いましたが
これは「二の亥の子」になるしと意匠にこだわってしまいました。
おっしゃるように亥の子を現すというテがあったのですね。
そうすると上の段のおかずとご飯が賑やかになって
下の段が落ち着いた感じになりますがいいのでしょうか。
また機会があればご享受ください。

Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:04
(つづき)

吸い地は一番だしです。
おっしゃるように茸の陰性が気になっていました。
陰陽を考えると牛蒡などの根菜をつかった味噌汁にしたかったのですが、全体的なバランスを思うと一番出しの吸い地にしたかったのです。
と、なると椀種が・・・。

時間的な制約や身近に気の利いた食材を調達できるお店もなく
きのこ三昧となりましたが、薄葛という方法があったのですね。
これはいかにも温かみがあってふくよかな汁物になったであろうと思います。
コメントを拝見する前に今夜の自分の夕食は、まさしくこのお吸い物に葛でとろみをつけ、生姜汁と吸い口の柚子で香りを愉しむにゅうめんをいただきました。
母に対してよりも自分がそれを自然に実践してしまっていたなんて!
やはり親不孝者ですね(悔)

Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:04
(つづき)
今日は同じものをお弁当箱に詰めて職場に持参しました。
友人二人に差し上げ、もう一つは自分用に。計3つ。
友人からは「ぶりが美味しい」とのコメント。
夕方母から「ぶりが美味しかった」とのこと。
ああ、なんてことでしょう。
そこそこお値段のはる食材のぶりを褒められるよりも
本当は「里芋の土佐煮」を褒められたかった・・・。
目指したのはお弁当講座で頂戴した里芋の含め煮でした。
けれど柔らかさといい、風味といい、煮崩れのなさといい、
まだまだ道のりは遠く険しいのでした・・・・。
そして自分で食べた感想も
「このぶり、さすがに美味しいジャン!」だったのです。
(これを《自首》といいます。)

最後になりましたが母の親友がさきほど電話をくださり
「はいじちゃんのお手製のお菓子が一番美味しかったわぁ」とのこと。
ははは・・・。
やっぱり、ねぇ。
「違うんですぅ・・・(以下省略)」

けれど京まくろびとのコラボ弁当で親孝行の真似事ができて
今日は満足してぐっすり眠れそうです。

ありがとうございました。

アデュ~☆

Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:09
ayanaruさん
はじめまして。宜しくお願いします。
このような拙いブログでそんな風におっしゃってくださって
嬉しい、というよりも恐縮です。

>最後の最後に「とおりすがりのおっさん」じわっと感動しました。
おっしゃるとおりですよね。
近く遠く見守ってくださっています。
悪さしてないか見張られてる気もしますが・・・^^;

こんなブログでよろしければ遊びにいらしてください。
私よりもコメントをくださる方々が素晴らしいのデス・・・!
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:12
まいさん
母は「美味しかった」ということが大問題なのでこんなこまごまとした理屈は聞いてません(キッパリ)。
しかし昔の人なので「お重」とか「二段」になるとグレードが上がったように思ってくれるのでそこを娘はついているのです(笑)
中味はお惣菜なのです・・・。
でもそんなふうにおっしゃってくださって嬉しいです。
まいさんの来るべきコードネーム1212を楽しみにしています。
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:13
鍵コメさん
一緒に頑張りましょう、いえ、頑張らせてください。
宜しくお願いします。
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:18
とりうたさん
ハレの日といっても普通の日ですが・・・(笑)
たまにアクセントをつけて生活に刺激をあたえないと、という
娘のムチにも似た愛なのです。
とりうたさんなら何かステキなうたを詠んでお弁当につける?
私はぶりの照り焼きのタレの片付けもそこそこに大慌てででかけるような体たらく。
「急げ、急げや大急ぎ」と詠むのが精一杯でした。
Commented by haijikg7 at 2009-11-26 22:21
あずっきさん
面白いことが盛りだくさんの国ですよねー。
いっぱい教えてもらいたいです。
(頭にはいるのか?)
では!と去られても、後姿も見えません。

置いてけぼりの
はいじ
たたずむ
三の亥の子

あ!とりうたさん、詠めたわー(笑)
Commented by 子象 at 2009-11-26 22:46 x
はいじさん

「母はあまり外出をしないので、食べるものでは私のお弁当ぐらいしか季節を感じることがありません。」
そんな風に娘が思ってくれるお母様ってとても幸せですね。
今は何でもかんでも季節を問わず手に入る時代。
季節感がなく、旬のものを知らない人が多い中、季節を大事にしながらお母様にお弁当をこさえていらっしゃる。
しかも、日本の風情ある歴史も盛り込んだご馳走弁当なんて、誰みても親孝行です、間違いなし。(←とおりすがりのおっさん?)

通り過ぎなくてヨカッタ(笑)
Commented by junju5-8 at 2009-11-26 23:16
こんばんは。
素敵です~♪
お母様への思いと気配りに感激しました。
それにお弁当の美しさったら!
やはり茶道の賜ではないでしょうか。
日常で季節を感じる日本の風習って、大切にしたいですね。
Commented by haijikg7 at 2009-11-27 07:23
子象さん
ご無沙汰しています(寂しかった・・・)
季節感を大切にしたくても毎日が矢のように過ぎていくのです・・・。
私はおっしゃってくださるような知識はあまり持っていなくて、
本当はもっと色々知りたいのにそのまんまにしていることばかりです。
このまま知らないまんま死んでいくのはもったいないぐらい
日本には心憎いしつらえや、心温まる風習があるのだと思います。
こういうことをもっと教えてくださる場所があったらいいのに、と思います。(←誰かに向って懇願している)
Commented by haijikg7 at 2009-11-27 07:26
junju5-8さん
はじめまして。
(で、よろしかったのですよね。以前『二度目です』とご指摘がありそれ以来臆病になっているはいじです・汗)

毎日のお天気を気にするように、暦を見て「今日は○○の日だなぁ」
と古からの教えをちょっとでも頭をよぎる、
そんな風に生活したいものですね。
Commented by まりこ at 2009-11-27 07:49 x
あのねーあるんだよね?来月もハレの日。
毎月かな〜♪
おっさんもすご〜く楽しみにしてるから3プラス12回!!
Commented by haijikg7 at 2009-11-27 08:05
まりこさん
笑わせんといてー(笑)
毎月2回ペースでやりますか?
24回。
こっちも真剣勝負ですね。
じゃあまりこさんと私でハーフにして12回ずつやる?

仕舞いに通りすぎてしまいはりますよ~。
Commented by お花 at 2009-11-27 11:54 x
はいじねーさん

出だしのコメントでちょっとウルッときて
私も両親に心込めたお弁当でも・・と思ったのに。

ぶりの美味しい~~で
笑えました。

私も出し巻きとか入れたら喜ぶかと・・
うーーん、でもとびっきり美味しい煮物で
作りたいですね。

あ~~でも、本当はいじねーさんの
お弁当素敵です。
幸せ者のお母様ですね。
Commented by ぼっさ at 2009-11-27 20:24 x
遅ればせながら・・・。みなさんとは違った観点ですが、御礼を。

亥の風習についてここまで書いて下さってありがとうございました\(_ _) 。ちょうど先週遅い炉開きをして、亥の子餅戴いて、このお話をちょっとだけ戴いていたのです。実はですね、職場の小さい和室は置き炉(あってるかな?)ですし、これまで炉開きをお祝いしたことはなかったそうです。でも以前このブログで炉開きの話があって、興味があって先生にお尋ねしたら、そのことをきっかけに、ささやかだけれども、小さな精進弁当やインスタントのお汁粉や、亥の子餅をご用意下さって・・・もう感激でした。真似事で通して戴いて、生まれて初めてのお濃茶も先生に立ててもらって戴きました(普段は先生が立ててくれることはありません)。もうそのお姿、お味に感動でした。先生からは関心持ってこの機会につなげてくれてありがとう、なんて言われてしまいました。それは全部はいじ姉さんのおかげです。忙しい中、いつもステキな気付きを私たちにくれているおかげです。

本当にどうもありがとう★

初めてみる亥の子餅もとってもカワイイんですね。プププ(^m^)
Commented by shiro-midori at 2009-11-27 22:27
やっとパソコンで見れました。
やっぱり・・・何も言えなくなってしまいます。

もう、本当に、その“何もいえない気持ち”を説明する
その言葉も見つからなくて、やんなっちゃうなぁ~(笑)

美しいお弁当。
皆さんも仰っていますが、“日本の美”というものをひしひしと感じます。
私が気になったのは蓮根... ハッとするほど 綺麗ですね。

ぶりと本栗餅のくだり、笑えました^m^♪

初耳!な難しい日本語ばかりが飛び交って、私、もはや
日本人かどうかも疑わしいくらいです...^^;

はいじさんと、中川さん並にお詳しいおっさん(←わォ!こんな言い方はじめて~^^)の
ハイレベルな真剣勝負。

それを見守る中川さんは(笑)、これだけレベルの高い塾生がいること、
張り合いがあってとても楽しそうにお見受けしました。
Commented by perori617 at 2009-11-27 22:36
こんばんは。

毎年この時期になると、和菓子屋さんで亥の子餅を見かけます。
旧暦の亥の日亥の刻に食べるお菓子で
炉開きの時の茶席菓子だそうですね。

茶道って季節の移り変わりを大切にしていて素敵だな~と
改めて思いました。
茶道=日本人の心ですかね。
そういう茶道を長年続けているはいじさんも素敵ですね^^
Commented at 2009-11-27 23:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haijikg7 at 2009-11-28 05:58
お花ちゃん
コメントありがとう。
出し巻きのふわっと、しっとりしたの、いいですねぇ。
食べたいなぁ。
出し巻きがお弁当に入っていたらテンションがあがりますね。
次回やってみようっと。
お花ちゃんもご両親にお弁当。
これ、いいアイデアですね。大賛成です。
ご両親が昼食に同じように詰められたお弁当を召し上がるとき、
きっと和やかな雰囲気になると思います。

ぶりの照り焼きも入れてあげてね(笑)
できれば天然の!
きっと私のときと同じ感想が聞けますよ(笑)
Commented by haijikg7 at 2009-11-28 06:16
ぼっさちゃん
炉開きよかったですね。
亥の子のこともお話くださったのですね。
茶道では時々解釈や地域性の違いで微妙に聞くお話が違うなぁと思うことがありますが、そんな小さなことにはこだわらず、
「ああ、そんな風に昔はやってたんだなぁ」とおおらかに受け止めてください。
時々「私の先生はこうおっしゃってる」「本にはこう書いてる」
と言う方がおられるのです。

それはともかく・・・。
いいものですよね、昔の風習に倣ってひと時を過ごすのは。とても贅沢な時間ですね。
そしてお濃茶も点ててくださたのですね。お濃茶の厳粛な氣が茶道の極みです。
先生のご準備にもお心遣いにも感謝ですね。
先生も「教えてください」と言ってもらい嬉しかったのですね。いい師弟関係を築かれつつあるのですね。

「こころざし深き人にはいくたびも あはれみ深く 奥ぞ教ふる」

熱心な弟子の姿勢に、師匠もさらに細々と諭し教えるということらしいです。

人にものを問えるという幸せですね。
いいコメントをくださってありがとう☆

亥の子餅、私も可愛くて食べれないの。
でも結局バク~って食べちゃうんだ(笑)
Commented by haijikg7 at 2009-11-28 07:35
白と緑ちゃん
ついに言っちゃいましたね「おっさん」・・・。
貴女の口からでるその言葉が愛らしく感じるのは私だけではないハズ。
でもいくら愛らしくても花ちゃんの前では慎むように(笑)

白と緑ちゃんの周りの四季の美しさにも、きっと私たちが知らないような言い回しや名前がついているのでしょうね。
それを知って日々を送れたらどんなに心豊かでしょうね。

「おっさん」からのハテナ?ワードが私の興味を刺激します。
きっと通りすがりにまた解説があれば聞き逃すまいぞ、と思っています。
Commented by haijikg7 at 2009-11-28 07:40
ぺろりさん
和菓子屋さんにはとんと縁がなく、店頭に出向かないはいじです。
きっと行ったらあれもこれもほしくなると思います。
手のひらで愛でたいようないとしい和菓子を「食べる」より「見ていたい」気持ちで買ってしまいそうなのです・・・。
たまにデパートでじーーーーっと見つめている私に店の方々は
「買わないの?買えないの?」と困っておられることでしょう(笑)

錦絵のような美しい和菓子もいいですが、素朴で落ち着いた雰囲気のものもいいですね。
安心します。
Commented by haijikg7 at 2009-11-28 07:42
鍵コメさん
ああ!ありがとうございます。コメントをいただき嬉しいです。
Commented by harukob1 at 2010-11-15 18:12
はいじさんの親孝行、、わかっていますが、またもやびっくりしています。茶道を通して、たくさんのことも知ることが出来るし、、、
素敵なお弁当、、お母様とそのお友達幸せね!
あ〜 ブリが食べたい!
Commented by mariko2212 at 2010-11-15 23:21
はいじさん これは忘れもしないお弁当でした。
私はお母さまへのハレの日弁当を見たくてたまらず、おねだりコメントしました。ところが、Vの字で跳ね返ってきて大汗…!

あなたが6回進んだら1回分ぐらいできるかしら?
そんな気がして「やってみよっか♪」と返したくても返せる私ではありません。
ごめんね。野暮な私が、ふっと夢見心地を楽しんで、脱兎しましたね。

あれやこれや乗り越えて、いつかこんな風に精一杯で遊べる日が来るかなあ…と、やっぱり…やっぱりマジで思うものですね^^
でもまだまだだから待っててくれればね!あはは〜
Commented by haijikg7 at 2010-11-16 08:15
はるこさん
わー(笑)こんな過去記事にコメントをありがとうございます。
鰤、照り焼きが美味しいでしすよね。
つやってしてて。(妄想を膨らませてしまう、私・・・。)
作って差し上げたいです^^(私でよければ)
Commented by haijikg7 at 2010-11-16 08:18
まりこさん
懐かしいですね~、この記事(笑)
いや、懐かしがていてはいけませんね。
われらはこれからドンドン学ぶのです!
このコメントを(多分)読んでおられないかの方にかじりついて行きましょうぞ!

あ、ぼっちら母にお弁当を作ろうかな、なんて迂闊にこんなところではいえないけれど。。でも・・・(笑)

来月(だったかな?)出しまき卵を習ったらお弁当を作りたくなるまりこさんをMOSO いんぐ(笑)


<< ハートウォームクッキング 茜さす >>