母へのお弁当

a0135439_21205287.jpg


・大根の炊いたの
・ふかし薩摩芋
・おから
・人参と蓮根のソテー(ごま油風味)
・手綱こんにゃくの味噌煮(ゴマ和え)
・四角豆(畑の夏の名残りのもの)

時間のやりくりで母に食事を作れないときに「そうだ!お弁当がいい!」と思い、作ることにしました。

母も「お弁当って嬉しい」と言ってくれてます。

盛り付けや料理のことわりについて、お弁当のほうが私も勉強になるので有難いことです。

作ったものを上記のように記載するときにも頭を使います。
日本料理のお品書きはセンスですね。


今日は手綱こんにゃくを味噌味で炊いたものに、
最後に炒り胡麻をまぶしたのをなんと表現したらいいのか、と思いました。
よく「胡麻よごし」という表現がありますが、料理に「よごし」という使い方が
少し抵抗があって、「ゴマ和え」と書きましたが、和え物ではないし、と悩みました。

そして自然農で収穫した四角豆。
夏の素材なので本当は今頃使うのはおかしいのですが、
彩りに緑色のものがほしくて少し使いました。
けれど、もしお品書きに書くとしたらどんな風に書いたらセンスがいいのでしょうね。

「季節は遅いけれど、畑の惠なので、夏のなごりでいただいてください」の気持ちを
簡潔に表現したいものですが。

あまり奇をてらった表現は好きではないので、考えどころです。


献立内容をきちんと表現できるようになりたいですね。
[PR]
by haijikg7 | 2009-10-10 21:35 | お弁当 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/9085313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MAMMA MIA at 2009-10-10 22:07 x
はいじさん こんばんは。 いつも感心して拝見させて頂いております。

今日のお弁当も、いただきます。  ごちそうさま。 って感じです。

お月見のお散歩といい、折々のお弁当といい、お幸せそうなお母様のお顔が目に浮かびます。羨ましい限りですゎ。
Commented by zenemon at 2009-10-10 22:37
手綱蒟蒻味噌煮利休仕上げ とか 手綱蒟蒻味噌煮利休仕立て と表現するのです。
Commented by zenemon at 2009-10-10 22:42
四角豆の表記は弁当講座でご指導致します。 なんてな。
Commented by haijikg7 at 2009-10-11 04:46
MAMMMA MIAさん おはようございます
感心だなんて^^;;;
嫁がず親不孝してますので、何の埋め合わせにもなていません。
MAMMMA MIAさんのお嬢様も
しっかり玄米を炊かれるではないですか。
親子で中川式のパス保持者だなんて、
どれほど羨ましいか・・・。
Commented by haijikg7 at 2009-10-11 04:52
師匠 おはようございます。
ありがとうございます。
ゴマがいっぱいくっついたのを「利休」、
ああ、そんなお品書き見たことあるような・・・。
利休居士はゴマ好きだったのでしょうか?(単純に)
それとも侘びているからでしょうか?

ますます奥深いところを見てみたくなる夜明け前なのです^^
Commented by haijikg7 at 2009-10-11 04:54
師匠
四角豆の表記も、季節が遅くなってるもののこととか
(そんなものは入れない!って・・・^^;ヒャー!)
お弁当講座までお預け^^(ワンワン)なのですね。
Commented by まいこ at 2009-10-11 07:59 x
深い・・・・。深すぎますです・・・。やっぱりこのこだわりがhaijiさんの素敵なセンスをさらに磨いていかれることにつながってるんですね。。見習わねば☆お母様、ほんとこんなに美味しいご飯が毎日食べられるって幸せですねぇ。素敵な親孝行です。
Commented by haijikg7 at 2009-10-11 08:16
まいこちゃん こんにちは
我らは3連休のど真ん中ですが、休めてますか?
先日は車麩のフライ、やっぱりお弁当ではサクっと感が
なくて撃沈しました。
ごめんね。
今度師匠にちゃんと口伝してもらいます。
そしたらまたリベンジします。
「教えたとおりやったら、お弁当でもサクっとなります」
と言われると思いますが・・・(お願い突っ込まないで・・・)。
Commented by torikomesi at 2009-10-11 08:22
はいじさんおはようございます。
美味しそうですね。お母様喜ばれるでしょうね。
温かいご飯ももちろんうれしいですけれど、お弁当も気分が変わるしうれしいと思います。ふたを開ける前ワクワクして楽しいもの。
>日本料理のお品書きはセンスですね。
きっとルールもあるでしょうけれど、私もそのように感じています。
と思ったら正解が書いてありました。なるほどとまた賢くなりました^^
お弁当講座が楽しみですね。
Commented by haijikg7 at 2009-10-11 09:27
とりこさん こんにちは
自分が作ったものなのに「これ、なんて表現したらいいの?」
と思うことってありますよね。
すべてレシピどおりに作るということが少ないし、
家庭料理はちょっとしたアイデアを入れたり、
好みに合わせて調味料を変えますものね。
ルールを知って、センスを磨く。
これってハードル高いんですケド・・・(汗)
Commented by こるぷん at 2009-10-11 10:50 x
わぁい~、車麩のフライリベンジ楽しみにしてまぁ~す。
と勝手に期待
お弁当で頂いた車麩はめっちゃおいしかったのですが・・・
きっと、もっと美味しかったのですね
どんなんだろう・・・アグアグ・楽しみにしております。

先月習った復習とリベンジでうちの晩御飯は
昨日、車麩の香草焼きでした。
お父さんが魚か?お母さんは前回より美味しかったぁ~と
前回なんだか??? 今回うまく行ったのと前回失敗した
原因がイマイチ分かってない私・・・でも、出来が全然違いました。
家族が満面の笑みをしてくれて、食べてくれる喜びを知りだした
今日この頃、もっと頑張るぞぉ~です
Commented by ぼっさ at 2009-10-11 21:41 x
はいじさん、こんばんは★四角豆?と思ってやってきました♪

う、美しい・・・。泣けちゃいます。自分の思いをお弁当で表現されていますね。はいじさんの「間」のようなものを感じます。

四角豆、うりずん?と言われてもピンと来ません。私いままでで食べたことあるかしら?

姉さんの背中をみてこれからも頑張ります~♪
Commented by haijikg7 at 2009-10-12 08:59
こるぷんさん こんにちは
むそう塾で習ったまんまの車麩のフライを貴女に食べさせて
あげたいけれど、そうなるときっと貴女は車麩を一袋食べきって
しまいますよ(笑)
そうなるように、ただひたすら練習する私です。

貴女の日記、拝見しました。
車麩を習ったのですね。香草焼き。
一度食べさせてください。
車麩会しますか?(笑)
Commented by haijikg7 at 2009-10-12 09:01
ぼっささん こんにちは
これこれ、ここで泣けちゃってどうすんの(笑)?
お弁当講座でともちんと3人「ヒャーヒャー」言いながら
泣きましょうぞ。
Commented by azukki_bio at 2009-10-12 17:06
四角豆のバニーちゃん♪ですね。
このお弁当箱のたたずまい、やっぱりひかれます・・・
(まだ未練が!)

お品書きをセンスよく美しく表現する・・・
そこまで気を配るはいじさんを見習いたいです。
「ルールを知ってセンスを磨く」
お弁当講座に出たら、きっと実現できますよ。
Commented by haijikg7 at 2009-10-12 22:08
あずっきさん こんばんは
バニーちゃん大活躍です(笑)
このお弁当箱、なれてくると(以前は考えずに使ってた(汗))
おかずも大量ではなくなりました。
講座で自分が思い当たることを質問してみようと思います。
どうやら「詰める」ということと「動かないように盛り付ける」ことは
全く違うのだと、最近思うようになりました。
と、いうことであずっきさんにとっても
このお弁当箱はおかずが多すぎるということには
ならないかも、です。

あ、もしかしたら私の勘違いかも、です。


<< お弁当とさつまおはぎ Rocombe >>