創華飯店

ついに行けました。
以前から興味があったマクロの中華料理を出してくださる創華飯店。

もう、想像以上のことばかり。

普通の中華料理だと食後にグルタミンの味が残ることがある。
けれどそれは微塵もなかった。
けれど甘酢は甘酢の甘酸っぱさがあり、しっかりと味はついていて、
量もしっかり。

一応「マクロビオティック仕立て」でコースを組んでもらっていたから、その都度
「少しだけ干し海老入れていいですか?」とか
「ナンプラー入れてもいいですか?」と尋ねてくださった。

餃子は豆腐の餃子。
中華ちまきは具だくさんの玄米中華ちまき。
もう、それはそれはおいしゅうございました。

最後に店主・蓮田マチ子さん。
想像以上にすばらしい料理人でした。

食べる人のために作るという当たり前のことを実践されています。

正食協会発行の本のレシピもかなりたくさん提供されているようです。
きちんと監修したのに、文字の間違いもある、と少々憤慨されておられました。
そしてデザートの愛玉のゼリーが絶品で、愛玉も拝見させてもらえました。
食後のお茶はマチ子ブレンドのオリジナル・ティでした。
ジャスミンとか菊の花とか近所のオバちゃんが作った番茶とかを彼女がブレンドしてるとのこと。

自分の作るものに自信と責任をお持ちです。

すごい、この人すごい。
ハートフルな料理人。

今年はハートフル料理人との出会いが充実。
中川善博さん、蓮田マチ子さん。

料理は人柄だとつくづく感じた創華飯店でした。
[PR]
by haijikg7 | 2008-03-29 13:17 | マクロビオティック


<< 専称寺の桜 利休忌 >>