『朝の露』

a0135439_2145457.jpg


朝茶事。
夏の涼しさを楽しむ茶事。

漬物と炊き立てのご飯、そして汁。
少しの肴と涼やかなしつらえでお酒を酌み交わす。

朝日が昇るころには茶事も佳境に入りいよいよ濃茶一服となる。
その前にくどくない甘みで見た目に涼しく清らかなものを菓子で表現してみた。

菓子の銘は『朝の露』(あしたのつゆ)。
はかない露の中も未来への輝きが宿っている、そんな想いを込めて名づけてみた。



a0135439_21455233.jpg


先日から試作を繰り返しているの花火の菓子の寒天を材料にして
下半分は頭道明寺粉で食感を楽しめるように。
上半分は氷のような透明感を出し、アクセントに夏の日差しを連想させる金粉を使ってみた。



a0135439_2146052.jpg


自作の菓子器『鳥獣戯画』のガラス皿に盛り付ける。
緑の笹に雫が光っているような演出で、緑の器に透明な錦玉羹が
ひんやりと涼を呼ぶように。
鋭角に切り出した氷室の様子を連想させるように。



続き薄でお出しするお菓子は虫籠器に盛って。

a0135439_21471823.jpg



盛った干菓子は河藤製の割れ氷と青楓。
陽が高くなる前に薄茶で喉を潤していただきお客をお見送りする。

朝茶事はただただ「夏は涼しきように」と、こころして。

a0135439_21472631.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2012-07-24 22:10 | 和のお菓子 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/15836939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimono-mamiya at 2012-07-27 12:55
こんな世界があるのですね。
しばらくハイジさんのこの写真(達)に見入ってしまいました。
お箸にも心を配られて‥‥‥。

また、楽しみにさせて頂いています。
Commented by haijikg7 at 2012-07-28 00:20
真美弥さん
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

夏はどうしてもこうしても暑いものですが、涼しさを感じていただけるように工夫するのは楽しいです。
着物も着ている人は暑くても周囲の見ている人が涼しさを感じるような色目や素材の組み合わせが大切なのだろうなぁと遠くを見つめるような気持ちで思っています。
茶事の裏方には汗や水滴の汚れに惜しげもなく着ることができて、それでいて半東としてちょっと表に出るときも遜色のないものがほしいと、いつも思っています。
お出かけ着ばかりに目がいってしまいますが、本当はこういうときの裏方で着る着物が一番思い出にも残るような気がしています。
Commented by あこ at 2012-07-28 23:51 x
はいじさん
こんばんは。

暑くて流れる汗も涼やかになり、
映画を観るように、はいじさんの世界を観せていただきました。
Commented by Kaguyahime at 2012-07-29 08:04 x
はいじさん
おはようございます。

残念ながら今年の「朝茶事」の計画は流れてしまいましたが
上の写真のお菓子はとても完成度が高くて素敵です~^^
来年はもっと早くから客組みを決めていただいて
是非お邪魔したいものです!
しかし、朝茶事の水屋は特に難行苦行ですよね!?
でもこれほど「楽しい修行(?)」もまずないですもんね。(笑)
あ、私も今少しづつ「草引き」のリハビリ(?)やっています。^^
秋には亭主復帰したいものです。
Commented by HarukoB1 at 2012-07-29 15:14
これぞはいじさんの世界ですね!
鳩が自然に寄って来るわけです、、、
金って身体にもいいんですってね!
それと、気に入ったのが虫籠器、、、ほしぃ〜と思いました。


Commented by mariko2212 at 2012-07-30 07:17
向こうが見えるほどに、透明!
切り口もすっと綺麗。道明寺の輝きに目が釘付けです。
>涼しく清らか
>『朝の露』
はいじさんのイメージの引き出しから生まれたお菓子ね。
暑い夏、江戸時代のお氷さんもこうして素敵な器に盛られて大切にされたのかしらと見入りました。


Commented by haijikg7 at 2012-07-30 20:31
あこさん
涼しさ、というものを考えたら意外と平凡なものしか思い浮かばなくて。
けれひねったものより案外平凡なものがあっさりといいときもあるように思い、作ってみました。
涼しさや暖かさって懐かしさに通じるところもあるような気がしています。
Commented by haijikg7 at 2012-07-30 20:35
Kaguyahimeさん
難行苦行が好きという変態体質の私です(笑)
でもそのあたりはKaguyahimeさんのほうが上手ですよね!
来年のことを言って鬼が笑おうと誰が笑おうと構いませんよね。
ぜひ来年は早くに日程を決めましょうね。
できれば早朝のお席入りをしていただけるように宿泊をセットで考えてください。
朝の爽やかさしかご馳走はありません!
Commented by haijikg7 at 2012-07-30 21:02
はるこさん
金って身体にも、特に肌にもいいんですって。
金沢のお友達が金箔入りの化粧品をいいと言ってました。
虫篭の器はこれだけで愉しい演出ですよね。
中から何か飛び出してきそうで。
ドイツでこれを使うとしたらどんな風に演出できるでしょうか?
本当に蝶々入れて飼うとか?
それも情緒あっていいですよね!
Commented by haijikg7 at 2012-07-30 21:05
まりこさん
やっと限りなく透明に近くできました(懐かしい)
びっくりするお砂糖の量でしたが・・・。
そして棒寒天、糸寒天、粉寒天、、、、全部硬さが違うってことも知りました。
粉が一番柔らかいの。
これは粉寒天で作りました。
糸寒天とか棒寒天だとコリッコリになるんです。
いろいろ学べました。
Commented by お花 at 2012-08-28 18:52 x
はいじ姉さん

お久しぶりです。
花火の写真もきれいですが、 素敵なおかし~と見入って
しまいました。
こんな素敵なお菓子も作られるのですね。
スイーツとは・・・違う、 お菓子って呼びたいです。

日々慌しく過ぎていく中 ほっとさせてもらいました。
ありがとうございます。
Commented by haijikg7 at 2012-08-29 17:11 x
お花ちゃん
お久しぶりです♪
日常の中でほっと一息つけるような時間を作ること、
今は難しいかもしれないけれどでも忙しさを
充実感と幸福感に変換して頑張ってね。
きっとあわただしい毎日の中でこうしてブログに顔をだしてくれたこと、とっても嬉しいです。
もう少し落ち着いたらきっとまた会えるね。
またみんなの様子を写真でおくるね!
Commented by お花 at 2012-08-29 22:33 x
楽しみにしてます!♪
Commented by haijikg7 at 2012-08-30 14:39 x
お花ちゃん
待っててね!


<< 「風鈴」 梅雨明け >>