アレをやってみます

28日目。
a0135439_11151378.jpg




ピンクの方はだいぶ芽が逞しく伸びてきました。
といっても、まだ2センチ。

a0135439_11154446.jpg





もう一方の紫のほうは根っこが長々と伸びてきている。
そしてうっすらと芽も・・・・。

a0135439_11155546.jpg





アレ、やっちゃいました。

a0135439_11164878.jpg


ヒヤシンスを育てようと思ったのは、
水中花をやってみたかったからです。
ネットで見かけたヒヤシンスの水中花。

根が長く伸びてきたら、球根を逆さにして、
水中で花が咲くまで育てます。

  *  *  *

「やることは簡単で、水栽培容器から根を全部出して、
球根を逆さにして根から容器に入れて、
最後に球根を逆さのまま容器に置くだけ。
根は5本くらいが3cmくらい水に着いておれば大丈夫。
下に回せなかった根は放っておけば自然に枯れます(必要なし)」

  *  *  *


という説明文を見つけたので、その通りやっちゃいました。
さて、どうなりますやら。
[PR]
by haijikg7 | 2011-12-24 10:01 | ヒヤシンス | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/14213479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azukki_bio at 2011-12-25 10:43
ナニするんだろうと思っていたらなんとまあ!
こんな育て方知りませんでした。
楽しみです。
水中花というと松坂慶子さんしか思い出さない私ですが(笑)
Commented by ぼむ at 2011-12-26 18:31 x
根っこにくるまれた球根を見て
逆さはりつけなのら〜と呟きつつ
水中花を楽しみにしています。
こっれもあい、たぶんあい(中略)きっと愛〜♪なのですね。
Commented by Tamako at 2011-12-26 22:52 x
わ~!!上へ上へ伸びていく芽が根っこと一緒に下へ下へ
育っていくんですね。思わず陰陽を考えてしまったんですけど・・
陰にも陽にもその環境や状況によって変化し得る。
どうなっちゃうのでしょう。すごーい。


Commented by はるこ at 2011-12-26 22:56 x
え〜っ!  
変わった育てかたですね。
逆さにするところが面白いです。
やってみようかしら......
アマリリスの球根を麻縄で縛って、天上から逆さ釣りにしたら
下を向いて咲くんですって、、、!
ちょっと共通点が.......ある?...ない?...
Commented by haijikg7 at 2011-12-28 00:48
あずっきさん
こんにちは。
やっちゃいました^^
御無体なことをしてますね、アタシ・・・。
愛の水中花を歌っていた頃の松坂慶子さん。
スゴイお色気、と思っていたアノ頃。
彼女は20代だったんですね。
うちの水中花は瑞々しく咲いてくれるでしょうか?
Commented by haijikg7 at 2011-12-28 00:51
ぼむさん
逆さ貼り付けの刑に処されたヒヤシンスさん。
何も悪いことしてないのに・・・。
チャラリ~!鼻から牛乳~!!
ならぬ 花が水中~!
Commented by haijikg7 at 2011-12-28 00:53
Tamakoさん
そうなんですよねぇ。
陰陽の12の定理の何にあてはめて考えたらいいんでしょうか?
どだい無理なことをしているんですけど、何かに当てはまるのかしら?
どんな風になっていくのか、もう目が離せないヒヤシンス栽培です!
Commented by haijikg7 at 2011-12-28 00:55
はるこさん
アマリリスを麻縄で縛る・・・。
もうベツモノですね。
きっと共通点アルと思います。
そうやって育てようとしている人がヘンタイだってところが(爆)
Commented by haruko at 2011-12-31 02:52 x
花屋さんが教えてくれたのですが、実際にこれをやって(逆さ釣り)
大きな花の展示会で発表されてたんですって。
ドイツ人変態....!?
アマリリスは何をしても死なないのよ、って*笑
Commented by haijikg7 at 2011-12-31 10:05
はるこさん
今、我が家のコノ子は少しずつ芽を伸ばしています。
逆さまなので見ている私のほうが息苦しい・・・。ううぅぅ・・。
でも花屋さんが実際にされるんだからきっと水中花になってくれるのですよね。
それまでは、ううぅぅ・・・となりながら(笑)変態栽培を続けます!
ドイツの方に親近感を覚えます!


<< 小豆島オリーブ 夜のブロンズ像 >>