唐墨

a0135439_8473293.jpg

今年もからすみ。
例年より早めに仕上げた。
塩分も控えめに。
毎年仕上がりが違うので、やめられない!



a0135439_8483227.jpg


アノ子やあの方に、贈ろう。
と、思って指をおって数えたら・・・足りない。
今年は第二段もやっちゃおう!

昨年のからすみ
一昨年のからすみ
[PR]
by haijikg7 | 2011-12-10 08:50 | いただきます | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/14145799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こるぷん at 2011-12-10 09:37 x
すげぇい~、とうとう包装紙まで作ってるよ!!!(^_^;)
Commented by ぼむ at 2011-12-10 10:27 x
もうもう拝見するだけで
開封するのがもったいないくらいのワクワク感、
のち満足感。
ご挨拶も忘れるくらい。
Commented by bossa at 2011-12-10 19:00 x
ボラボラ工場@はいじ邸、、、すごすぎます。もう職人の域ではないですか。日々をクリエイトするはいじさん。さすがの素晴らしき日々です♡
Commented by じゅんこ at 2011-12-11 11:28 x
はいじさん、こんにちは。

まさか、噂のボラっち、いや唐墨様を頂くことができるなんて!
作り方を知れば知るほど、はいじさんの食材にかける愛情が伝わってきて、玄米を美味しく炊いたり糠床を上手にキープし続けておられる理由もわかったような気がします。

とても美味しかったです。ありがとうございました。
Commented by haijikg7 at 2011-12-14 11:06
こるぷんさん
和紙に包んで下手な字(汗)を書きました。
唐墨も字ももっと精進したいと思います。
Commented by haijikg7 at 2011-12-14 11:13
ぼむさん
食べていただきたいなぁ。
先日自分とは違う作り方を口頭で伺う機会がありました。
こういう伝統的な保存食の作り方は奥が深いですね。
ぼむさんのツイートで麹のことを知り、
身近に昔の手仕事を教えてくださる方がおられることを羨ましく思いました。
きっとその年によって微妙な違いがあるのでしょうね。
その後どうなっているんだろう・・・って私もワクワクしています。
Commented by haijikg7 at 2011-12-14 11:17
bossaさん
ボラっち工場は一旦休憩ですが、また稼動する予定です。
本業は何なんだ?という様相を呈しております。
日々クリエイトというよりも、日々アソンデイル感じ。
それもまた素晴らしき哉、人生ですな^^
Commented by haijikg7 at 2011-12-14 23:30
じゅんこさん
お嫌いでなくて良かったです。
ボラっちもじゅんこさんに食べていただいて喜んでいるはずです!
唐墨は切るまで(つまり食べるまで)出来上がりが分からないので、実はとってもドキドキしていました。
そういえば圧力鍋も開けるまで中身が見えないし、
糠漬けも漬けて洗っちゃうともう床には返せないからおんなじですねぇ。
中川さんが「予測値」と口酸っぱく仰る所以ですね。
「何でも一発で決めれるように」という経験をこれからも積んでいきたいですね。

そして私はじゅんこさんの
「スキのない炊き方」
「完璧なスキルで美味しく炊ける限界まで炊く」
という精査力に心揺さぶられました。
安定した中庸のじゅんこさんがいてくださって、いつもクラスが落ち着いているように思うのは私だけではないと思っています。
来年も宜しくお願いします。


<< 極月の講座 14日目のヒヤシンス >>