a0135439_1842955.jpg


さかさ暖簾をくぐると

白い飯が、ある。

a0135439_1852155.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2011-11-26 18:05 | いただきます | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/14072618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mariko2212 at 2011-11-26 19:48
はいじさん
行かれたのですね。いいなあ!
暖簾をくぐるとワクワクを通り越して緊張が走った記憶があります。
作られてる方も食べてる方も口数少なく飯に没頭する現場のような。
ぜんぶできてる。それっいそげ…みたいな。
そして、席に着くとたちまち口福の世界にとろけ落ちてしまった。
一口ひとくちがたまらなくおいしく幸せで、
ああ、生きてて良かった。(死ぬような目に遭っていませんが)
日本人で良かったと思いました。
仙人の境涯をお持ちのご主人が、無言で皆を幸せ心地に引っぱりあげてくださるのですよね。
そして、帰りしなに握り飯を持たせてくださった温かい特別な思い出…☆

さて壮観にずらりと並んだお惣菜の中からどれを選んだのでしょう。
私は何はなくともおかみさんの作られる卵焼きを選びます。
スタッフさんに采配をふるいながらもどんどん焼き上がっていく卵焼き。
そしてどんどん無くなって!目に焼き付いた光景です。
1時間もいたわけではないのに、溢れるようにあの空間を思い出します。
目の前でたくさんの出来立て熱々の湯気が繰り広げられ、忘れ得ぬお店です。
何度も言いたい。連れていってくれてありがとう。
Commented by haijikg7 at 2011-11-27 12:30
まりこさん
行ってきましたよ。
近くに住んでいる特権で。
ささにしきのあっさりしたご飯です。
鰤の照り焼きと大根おろし、焼きたらことほうれん草のおひたし。
それからしじみのお味噌汁ときゅうりと茄子と白菜の古漬け。
もちろんご飯はおかわりしました。

おかあさんの卵焼きは焼いているところを見てるだけ、でした。
どんどん焼きあがって、どんどんとられていくの。
ふわ~ん、と湯気の上がっているうちに、ね。
ポテトサラダも、肉じゃがも、糸こんにゃくの煮付けも、
エビフライもそそられましたが、こちらの胃にも限界があり・・・。
また行きましょうね。
Commented by shiro-midori at 2011-11-28 15:55 x
はいじさん、こんにちは。

こちらのご飯も、ありがたくいただきました。
お店に入るなり、何とも言えない素敵な光景がありました。
座った席からは、奥の窓から差し込む光で影となった場所に
お汁の湯気がもうもうと立ちのぼって、その陰影が まさに
「日本の台所」を表現しているようで・・・
いまこうして思い描くだけでも じんとします。

一皿のおかずに、ご飯が一杯いりそうなくらいで^^
どれもおいしく、たくさんいただきました。

ずっと拝見していると、みなさんが私たちよりもはるかに
しゃきっとなさっている理由が、わかるような気がしました。
Commented by reika41 at 2011-11-28 20:40
はいじさん、こんばんわ

先日は連れて行ってくれて、有難うございました
東京に住んでいた時からねえちゃんのブログを見て
ずっと行きたかったので、念願叶って感激でした

魂を込めて炊かれた銀シャリと、心を込めて作られたお惣菜の数々
おかあさんに甘いと言われて食べなかった卵焼きでしたが、焼いている所をずっと見てしまいました
今度は食べてみようかな♪

とても良いエネルギーを頂きました
今でも思い出すと元気が出ます
有難うございました!
Commented by haijikg7 at 2011-12-01 12:16
shiro-midoriさん
ようこそ、大阪へ!でした。
げこ亭さんの神々しい風景ですねぇ。
高齢の方々がもう神の域で働いておられる。

私もおかずの美味しさとご飯の美味しさが追いかけっこして
いつもたくさんいただいてしまします。
どれもこれも私が今作らないようなおかずで、
それでいてやっぱり(かなり!)美味しくて、
懐かしくて、普通の献立なのに特別に美味しいと思います。

「心をこめる」とか「入魂の・・・」というような気負いはなく
「普通に」「あたりまえに」。

shiro-midoriさんはご自身のブログにもよく「光」「影」を私たちに見せて(表現して)くださっていました。
目に見えない空気の色も香りも濃度も感じ取られているんですね。
「日本の台所」という表現、ぴったりですね。

Commented by haijikg7 at 2011-12-01 12:16
れいかさん
こんにちは。
大阪に帰ってこられて、これからはドンドン行ってくださいね!
(落語にも、ね♪)
この日も私は鰤の照り焼きをいただいてしまいました。
銀シャリには甘辛いあのたれと魚のミシっとした歯ごたえがたまりません!
糠漬けの古漬けが美味しくてご飯をおかわりしましたよ。
またご主人とお出かけくださいね。
(多分ご自宅からだと結構早く行けるかも・・・)


<< 『宮本輝ミュージアム』 水入れ式 >>