洋梨の恩送り

a0135439_158828.jpg


北海道の眞理子さんから洋梨を送っていただいた。
「ゼネラル・ラ・クラーク」という品種。
とても大きくて立派な洋梨。
それも、うんとたくさん送ってくださった。

余市という町はフルーツ王国と呼ばれている町で
この洋梨もそこで生まれ育ったとのこと。

はるばる北海道から車や飛行機や列車に乗って大阪まで来てくれたんだなぁ。
大阪では(私が知っている限り)洋梨は栽培されていない。
マーケットに出回っている洋梨は数が少なく小ぶり。
だからこんな大きなのがたくさん目の前にあると
バチでもあたるんじゃないかと思うぐらい贅沢に思う。

部屋中が甘い香りでいっぱいになる。


a0135439_1581562.jpg


さて、こんなにたくさんの洋梨を、どなたにいただいてもらおうか。
独り占めはできない(バチがあたるから)。
実家の母、叔母、兄や兄嫁、姪や甥の顔が浮かぶ。
友人にも・・・。
それでもまだ余りあるほどの実りが芳香を放っている。

そしてふと思い出した。
Kaguyahimeさんがいつもおっしゃっている言葉。

「恩送り」。

自分が受けた恩を与えてくださった方にお返しするのではなく、
他の方にお返しする。
自分が出来る範囲でいい。
自分がもらった徳を他の人に送っていく。
そうしたら世の中には「恩」や「徳」が広がり、繋がっていく。

洋梨のお裾分けは、家族と少しの親戚・友人の分を頂戴して、
後はもっとたくさんの、そう、顔も名前も知らない、縁もゆかりもない人に
少しずつでもいい、多くの方に召し上がっていただきたい、と
私は「ガレリア」さんに託すことにした。

眞理子さんは「生で食べ切れなかったらキャラメリゼにしてもいいし、
冷凍もできるからね」、と教えてくださった。
でも、私のような素人が上手にお料理できるわけもなく、
ましてや美しいコンフィチュールに仕立てて人様にお配りする自信もない。
ならば、お料理のプロに託すのが一番いい。

ガレリアさんにお持ちすると、折りしも開店10周年記念特別コースを企画されているとのこと。
普段から一切の妥協をゆるされない孤高のピッツェリアは
洋梨を見て「お!」と小さく(しかし力強く)驚きのうめき声をもらし、
次に「これは・・・!本当にありがたいです。皆さんに最高の状態で食べていただきましょう」
と快く「恩送り」を引き受けてくださった。

お店の2階を改装して造られた植物工場で、
最適な温度で10周年記念ディナーの日まで追熟し・・・。


a0135439_1582521.jpg


なんと、デザートではなく、前菜にお使いくださいました。
そしてもちろんめっちゃ美味しいく仕立ててくださいました。

私は写真の為に生ハムを広げて中の洋梨を見せましたが、
包んだ生ハムの上からフォークを入れ、洋梨と一緒に口に含んだとき、
わずかに添えられているグラニータのかすかな冷たさに
一瞬「アレ?」と思う間もなく、生ハムの塩分と洋梨の甘さがマッチングする、という仕掛け。

(以下、このお料理の説明。ガレリアさんのブログより抜粋)

   * - *

一品目
《パルマ産切り立て生ハムと北海道産ラフランスのグノッコ》
生ハムは豚のモモ肉ですが、スネからお尻に近い部分の
油の乗った部分など部位により味が異なります。
塩味が入って味が濃いのはスネ、尻の裏は身もやや赤くココも味わい深い。
しかし、上品な洋ナシの味覚にあうのは尻の油の乗った部位です。
豚一匹あたり数百グラムしか取れないこの部分でグノッコをご用意します。
洋ナシは北海道の有名農園(名前忘れた!資料はお店)で作った
国内最高級のものでご用意します。
ちなみにグノッコとはイタリア式饅頭で私が作った言葉です。
ガレリアでしか通用しないのでご注意。

(以上 抜粋終わり)

   * - *

洋梨の品種は「ラ・フランス」ではなく「ゼネラル・ラ・クラーク」だっつーのに、
間違ってますが、これは大阪という風土のせいですので多めにみてください。
(大阪では洋梨=ラ・フランスと呼びます。)

そして農園の名前も失念していますが、これもお忙しいガレリアさんですので
赦してあげてください。
(ガレリア家ではこのとき第2子出産と重なり、第1子さんとクレーマークレーマ状態だったのです)

兎にも角にも、北海道の眞理子さんのご厚意が、
私を通過し、孤高のピッツェリア・ガレリアさんのお陰で
多くの方々に口福をもたらした。

ああ、洋梨の恩送り。
北の大地の実りが、素晴らしい料理人の手によって
多くの人を幸せにした。

また一つ食べ物のが人にとってどんなに幸せを与えるのかということを
教えていただいた出来事でした。
[PR]
by haijikg7 | 2011-11-25 03:39 | いただきます


<< 水入れ式 落花生騒動 >>