落花生騒動

a0135439_12444366.jpg
友人が無農薬の立派な落花生を送ってくれた。
私の暮らす地域では生の落花生が出回らない。
私にとってはめずらしい生の落花生。
めずらしいから湯がき方もお料理方法も知らない。

湯がき方をググると、思ったより長い時間を要するようだ。
枝豆のように考えていたのだが、もっともっと長い時間湯がく。

湯がきたてはほくほくと甘くて美味しい。
「これがゆで落花生かぁ」と小さく感動した。

そんなことを送ってくれた友人にメールすると
「落花生豆腐も美味しいのだ」と返事がかえってきた。
残念ながら送ってもらったものは全部湯がいてしまったから
またいつかの機会にしようと思っていたら
すぐさま同じ友人からクール便が届いた。
開けると手作りの落花生豆腐だった。

「自分で作ったのもがあまりにも美味しかったので思わず送ります!!」
と小さなメモ。

感激して一口食べると滑らかでふんわりした舌触りにかすかに落花生の香り。
初めての落花生豆腐体験だった。
落花生豆腐も彼女の心遣いもとても嬉しくて、ありがとうメールを送った。
(私からはいつもありがとうのメールばかりだ。)

何日か後に、件の友人からまた落花生が届いた。
落花生は収穫の時期が短いのか、これで今年は最後だという。
「落花生豆腐にチャレンジしてみてね」とのこと。
作りたての味は格別らしい。

落花生豆腐の作り方をググってみると、葛で練るようだ。
落花生をミキサーにかけて落花生豆乳を作り、水で溶いた葛を入れて火にかける。
最初はしゃぶしゃぶだったのが、アレ?と手ごたえを感じたら
一気に粘りがでてきた。
ふつふつっ・・・と熱い落花生豆乳にいい具合の腰が生まれたら出来上がり。
型に入れて冷まし、食べてみた。

a0135439_13371576.jpg


出来上がったものは彼女が送ってくれたものよりもふんわり感がなくて
これはきっと作る人の人柄が違うんだなぁと感じながらいただいた。
かすかに落花生の香りがして、それだけは彼女と同じ。

冷やしてお醤油でいただくのも美味しいし、
煮物椀の椀種のように温かいお汁をはっても美味しかった。



 * --- *


またまた同じ友人と今度は会うことになって食事を一緒にした。
胡麻豆腐の美味しいお店だった。
胡麻豆腐を焼いて上から胡麻ペーストとあたり胡麻をかけたものが
このお店の看板メニューのようだった。
あつあつの胡麻豆腐をいただきながら彼女が私にくれたもの。
それは落花生で作った小さなお人形。
手作り作家さんの手によるものだとか。
置き物にするか、ペンダントトップにするか、はたまた携帯ストラップにするか。


a0135439_13382691.jpg


彼女曰く
「いくつかある落花生の人形の中からこの子を選んだのは
腰のくびれ具合が一番よかったから」



a0135439_13385266.jpg


秋の口福により私のくびれは・・・・・。
落花生ってけっこう高カロリーなのよね。
[PR]
by haijikg7 | 2011-11-22 14:30 | いただきます | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/14044217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bossa at 2011-11-23 09:59 x
いつもながら、ココロ温まるストーリーをありがとうございます♡
オチまでも一流で、さすがいつも笑いを忘れない大阪の方でございます。(笑)
落花生豆腐、来年のシーズンには私もチャレンジしてみたいと思います♪うふふ。
Commented by さっこ at 2011-11-23 21:44 x
はいじさん、こんばんは。
落花生も、落花生豆腐も、おいしそうですね。
おじいちゃんおばあちゃんのおうちで落花生を栽培していて
ちいさいころ、お外でみんなで
出荷する落花生の袋詰めをお手伝いしたことを想い出しました。
カラカラ乾いたものも
ふっくら茹でたものも、いつもおじいちゃんちの食卓にあった気がします。
やめられないとまらないピーナツ。
あー 食べたくなっちゃいました♪

Commented by はるこ at 2011-11-23 22:16 x
落花生ってピーナッツのことですよね!
こんなことが出来るなんて知りませんでした。
それとお豆腐の不思議。
お豆腐と胡麻と落花生の勉強ができてうれしいです。
はいじさん作の、とろ〜リとお汁のかかったの、
写真だけでも伝わってきます。
お豆腐のこともっと考えようと思いました、、
Commented by はるこ at 2011-11-23 22:21 x
PS
落花生のお人形のこと忘れていました。
面白いですね〜
くびれをちゃ〜んと意識して作ってある!
いいセンスですね!
真似しようかなぁ、、
Commented by Kaguyahime at 2011-11-24 10:15 x
お人形の腰のくびれ具合
ホント、いいですね~^^
息子が2歳ぐらいのときに
「へっぴり腰」でステップ踏んでいた姿を
思いだしました。(笑)
落花生豆腐は頂いたことありませんね。
ごま豆腐と食べ比べてみたいものです。^^
Commented by shiro-midori at 2011-11-24 13:44 x
はいじさん、こんにちは。

落花生豆腐は、(私が作るもの、ですが・・・)
葛粉とすこしの塩だけ、というシンプルさと、
そのもちもちしっとりな口当たりが
家族も好きで よく登場するのですが・・・
私の中では 一番の美味しさでした。
でも、はいじさんにご賞味いただく程か!と言えば、
全くまだまだなのでした。
もうただひたすら押し付けがましいやつという思いで、反省しきりです。

どうか、短い旬の懐かしい思い出に
なりますように・・・(>_<)
ありがとうございました。
Commented by こるぷん at 2011-11-24 15:43 x
いやぁ~、ご馳走様でした、またまた嘴が長く伸びており
すっかり甘えて、ご相伴に預かりました。
生落花生・そしてお豆腐 どちらも美味しゅうございました。

それと 青森のbunaco 改めていい器ですね。
プレゼントして下さった方のセンスがキラリ☆光ります♪
  
そすて、1枚目の写真をぼんやり見ていて
あれ?こんな場所・Haiji邸にあったっけ?と
バックのテクスチャー見ながら、おポンチな事を考えていたら
私の家でした。汗(@_@;)
寒さで、すっかりヤキ回っているゾナモシ。

Commented by haijikg7 at 2011-11-24 23:52
bossaさん
この落花生はお見事な大きさでね!
もう立派なのよ!
殻を割ると二つみっちりと詰まってるんだよ~。
まるで丹波の栗がぴったりと三つくっついているような感じで
二つの豆がみっちっと詰まってるの。
感動モノでした。
落花生豆腐ね、モチリン~として美味しいのよ。
特に丁寧に作られたものは格別です。
私も来年、も一度トライしたいのだ~♪
Commented by haijikg7 at 2011-11-24 23:58
さっこさん
もしかしてかのおじいちゃまですか?
(ほら、鯉のぼりの!)
さっこちゃんのおじいちゃんおばあちゃんのところではなんと!落花生を栽培されているんですね。
落花生ってどんな風にできるんだろうって思って調べたのね、今回のことをきっかけに。
そしたら!
お花が受粉したら地面に潜るんですってね!
今まで根っこが膨らんで(お芋みたいに)できるんだと思ってました。
花に実りの兆しがあるとそれが下に落ちていって(地下で)生きる。
それで落花生!
もうびっくりよ!!
(ひとりでコーフン)
さっこさんの思い出の中にはそんな畑の光景もあるんでしょうね。
なんて素敵な環境で大きくなったの!!
袋詰めのお手伝いをしている光景が目に浮かびます^^
Commented by haijikg7 at 2011-11-25 00:04
はるこさん
落花生豆腐は胡麻豆腐のようにモッチリしています。
そして香りがピーナツの香りだからきっとお義母様やお友だちにもウケるかもしれません!
お醤油やお汁をかけてお惣菜としても美味しいのですが、
(ココだけの話ですよ)実はメープルシロップをかけてスイーツにしても美味しいのです。
きなこと黒蜜もいいかも・・・^^

落花生人形の面白さったらないでしょう?
美味しくいただかれちゃう落花生も愛しいけれど
もうこんな風にされちゃう落花生もいいでしょう?
どんな絵の具(?)なのかは知らないのですが、水にぬれても落ちないような感じがします。
そうそう、私のブログにリンクさせていただいている「四つ葉のクローバー」さんのトップページにも落花生のお人形の写真があるんですが、可愛いのです!
Commented by haijikg7 at 2011-11-25 00:07
Kaguyahimeさん
ご機嫌な落花生人形です♪
表情もいいけれど、横姿もなかなかでしょ?
愛嬌には勝てないわぁ。
ということはご子息もとっても愛嬌のあるお子さんだったのですね。
へっぴり腰を愉快に楽しんでいるお母さんのKaguyahimeさんの顔が思い浮かべることができて、笑っちゃえます。
落花生豆腐。
ふふ。
いつか、きっと、お茶会で・・・。なーんてね!
Commented by haijikg7 at 2011-11-25 00:59
shiro-midoriさん
このたびはもうナンと言っていいやら・・・。
「私にこれ以上の感激を与えないでください」
と動物園の檻の横の注意書きのように書かずにはおれないあなたのサプライズ。
生落花生に驚き、湯で落花生に「ほぉ~」と感嘆し、
手作り落花生豆腐にノックアウト!
思わずお箸をバタっと置いて頭を抱えました。
そして自分の作ったものがまた別物で違う意味で頭を抱えました・・・(シクシク)。
極めつけの落花生ドール。
私のお友達が増えました(笑)
首から下げていちいち聞かれていちいち説明しています(笑)

そして無知な私は落花生の旬が秋だって知らなかったと告白します。

最後に「押し付けがましい」という点では私も復讐したので(笑)イーブンですね♪
Commented by haijikg7 at 2011-11-25 01:40
こるぷんさん
嘴はどこまでも伸びるのですなぁ。
そしてこるぷんさんのお宅で二人分を湯がいたときの写真。
そうそう、そうですよ。
ここはこるパレスなのでした(笑)

shiro-midoriさんのお手製の落花生豆腐はもっともっと美味しいのですよ。
私も、も一度作ってみますね。
そしてその長い嘴で、も一度味見をしてください。


<< 洋梨の恩送り おっちゃんのお陰です!『ロジャー』編 >>