落花生騒動

a0135439_12444366.jpg
友人が無農薬の立派な落花生を送ってくれた。
私の暮らす地域では生の落花生が出回らない。
私にとってはめずらしい生の落花生。
めずらしいから湯がき方もお料理方法も知らない。

湯がき方をググると、思ったより長い時間を要するようだ。
枝豆のように考えていたのだが、もっともっと長い時間湯がく。

湯がきたてはほくほくと甘くて美味しい。
「これがゆで落花生かぁ」と小さく感動した。

そんなことを送ってくれた友人にメールすると
「落花生豆腐も美味しいのだ」と返事がかえってきた。
残念ながら送ってもらったものは全部湯がいてしまったから
またいつかの機会にしようと思っていたら
すぐさま同じ友人からクール便が届いた。
開けると手作りの落花生豆腐だった。

「自分で作ったのもがあまりにも美味しかったので思わず送ります!!」
と小さなメモ。

感激して一口食べると滑らかでふんわりした舌触りにかすかに落花生の香り。
初めての落花生豆腐体験だった。
落花生豆腐も彼女の心遣いもとても嬉しくて、ありがとうメールを送った。
(私からはいつもありがとうのメールばかりだ。)

何日か後に、件の友人からまた落花生が届いた。
落花生は収穫の時期が短いのか、これで今年は最後だという。
「落花生豆腐にチャレンジしてみてね」とのこと。
作りたての味は格別らしい。

落花生豆腐の作り方をググってみると、葛で練るようだ。
落花生をミキサーにかけて落花生豆乳を作り、水で溶いた葛を入れて火にかける。
最初はしゃぶしゃぶだったのが、アレ?と手ごたえを感じたら
一気に粘りがでてきた。
ふつふつっ・・・と熱い落花生豆乳にいい具合の腰が生まれたら出来上がり。
型に入れて冷まし、食べてみた。

a0135439_13371576.jpg


出来上がったものは彼女が送ってくれたものよりもふんわり感がなくて
これはきっと作る人の人柄が違うんだなぁと感じながらいただいた。
かすかに落花生の香りがして、それだけは彼女と同じ。

冷やしてお醤油でいただくのも美味しいし、
煮物椀の椀種のように温かいお汁をはっても美味しかった。



 * --- *


またまた同じ友人と今度は会うことになって食事を一緒にした。
胡麻豆腐の美味しいお店だった。
胡麻豆腐を焼いて上から胡麻ペーストとあたり胡麻をかけたものが
このお店の看板メニューのようだった。
あつあつの胡麻豆腐をいただきながら彼女が私にくれたもの。
それは落花生で作った小さなお人形。
手作り作家さんの手によるものだとか。
置き物にするか、ペンダントトップにするか、はたまた携帯ストラップにするか。


a0135439_13382691.jpg


彼女曰く
「いくつかある落花生の人形の中からこの子を選んだのは
腰のくびれ具合が一番よかったから」



a0135439_13385266.jpg


秋の口福により私のくびれは・・・・・。
落花生ってけっこう高カロリーなのよね。
[PR]
by haijikg7 | 2011-11-22 14:30 | いただきます


<< 洋梨の恩送り おっちゃんのお陰です!『ロジャー』編 >>