味噌を仕込む

a0135439_14581389.jpg


先日、味噌を仕込んだ。
一から自分で準備するのは初めてのことだった。
同じく、生れて初めて味噌を仕込むという友人と一緒に仕込んだ。

茹でた大豆をあたり鉢であたった。
600gの大豆(乾燥時)だったが、結構な労力が必要だった。
少しずつ、丁寧にペースト状にする。
何とも言えないい香り。

そこに麹を合わせる。
何麹がいいのやらさっぱりわからなかったけれど玄米麹にしてみた。
お塩と、ほの温かい大豆の茹で汁をあわせると、抜群にいい香りがただよった。

あたった大豆と合わせて、甕の中に投げ入れる。

a0135439_157640.jpg

しっかりと竹の皮で密閉し、その上に重石をする。
いいお味噌に仕上がったら、もらっていただきたい方々の顔が思い浮かぶ。

無事に仕上がったらいいのになぁ。
a0135439_15145178.jpg

20年以上前、地域の公民館で白味噌づくりの講習会があった。
お正月のお雑煮を白味噌仕立てでいただく風習がある地域なので、
「自分で作ったお味噌でお雑煮を!」なんていう講座だったように思う。
確か、持ち物は海苔の空き瓶だった。
自分で準備するものが極端に少なかったせいか、
憶えているのは瓶に投げ入れたことぐらい・・・(笑)

でも無事に出来あがってその年のお正月には手作り味噌のお雑煮を家族そろって戴いた。
懐かしく、いい思い出。
幸せだったなぁと思い出す。

さて、このお味噌はどんな風に仕上がるのだろう。
[PR]
by haijikg7 | 2011-02-22 21:00 | いただきます | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/12161919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mariko2212 at 2011-02-22 23:22
甕にしたのですね。
あえてお薦めしませんでしたが、未熟者ながらに、甕は味噌の仕込みにふさわしいものと思っています。
密封しないで蓋をする。
暑い日にも、ひやりとする質感。
手をかけ仕込んだ豆と麹が喜んでいる…♪
Commented by m2style at 2011-02-23 17:22
いいですね~手前味噌。
そしてこの甕がたまらなくいい味を出してます。
私も糠床を作らねばと糠を準備してるのですが・・・
入れ物がなくって今どうしようかって悩んでるとこです ^^;
Commented by haijikg7 at 2011-02-24 08:04
まりこさん
そうなんですか。
昔ながらに使われている道具、大切にしたいですね。
これから暖かくなるので、甕の中の味噌がどんな風に発酵していくんだろ、とmoso中です♪
出来あがったら、是非、是非♪♪
Commented by haijikg7 at 2011-02-24 08:08
Tamakoさん
甕は実家にしまってあったもの。
今はもう誰も使わなくなたのをいただいてきました。
お味噌を仕込んだとき、この甕は糠どこにいいなぁと思いました。
お味噌が仕込み終わったら糠どこ用に変身するかもしれません(笑)
ちなみに私が現在糠どこを保存しているのはホウロウです。
Tamakoさんの糠どこ、どんなものに仕込まれるんでしょうか。
これまたmosoです♪♪
Commented by ぼむ at 2011-02-24 19:40 x
はいじさん、こんばんは。
居心地よさげな甕ですね。
手前味噌でお味噌汁、味わい深いものです。
ええ子に出来上がりますように。
Commented by haijikg7 at 2011-02-24 21:38
ぼむさん
はじめての甕仕込み。
今もこの甕の中で何かが起こっている・・・!
そう思うと愛しいやら、心配やら・・・。
どうなちゃうんでしょう。
私たちが今度の講座で1年間ビシバシしごかれている間に、
一度ぐらいは味見ができますね。
もしかしたらぼむさんにも食べていただけるのかも!
ああ、なんだか企んでる自分に・・・笑えます・・・(笑)


<< 獅子神楽 暖かい日 >>