一輪

a0135439_15531445.jpg
「梅一輪 一輪ほどの あたたかさ」 服部嵐雪


空気の冷たさに首をすくめながら歩いていると、
一輪だけ咲いているのに気づいた。
「そんなに寒い?」って尋ねられているようで、
気恥ずかしかった。

お昼休みの出来事。
[PR]
by haijikg7 | 2011-01-26 12:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/11957343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-01-26 12:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kaguyahime at 2011-01-26 18:50 x
ホント、花はどんなに寒い時でも
「凛」として咲いていますよね~^^
素敵です!
Commented by haijikg7 at 2011-01-28 11:09
kaguyahimeさん
1月25日は道真公が太宰府に左遷された日なんですってね。
その翌日に梅の花一輪。
縁を感じました。
Commented by harukob1 at 2011-01-28 22:53
はいじさん写真うまいですね、、構図が印象的!
白梅、、大好きです。
寒いときにきりっと咲くのがいいですね〜
Commented by haijikg7 at 2011-01-28 23:49
はるこさん
私は梅の香りが好きなんです。
この白梅はがくがピンク色で色っぽいですね。
年の頃なら17、8ってところでしょうか。
うふふ。


<< 八重 ノルウェイの森 >>