燃える夏

a0135439_0484780.jpg


涼しさを感じるようになったとはいえ、まだまだ残暑が厳しい。

夕方、ゴロゴロと雷がなって、あっという間に雨が降ってきた。
しっかり降ったあとは、何事もなかったかのようにまたお天気になった。




ドイツでは、秋のお天気続きの小春日和のことを「Altweibsommer」(老婆の夏)と言うらしい。

ちっとも違う季節なのに、何故か今日の夕焼けを見ていると
その言葉を思い出した。


夏よ、もう頑張らなくったっていいよ。
また来年、逢おうよ。
[PR]
by haijikg7 | 2010-08-27 11:40 | 日々のこと


<< 朝の飛行機雲 #1 大江戸捕物帖 #8  ぼっさ... >>