風のガーデン

《前回のあらすじ》

『森の時計』のある森を抜け、行きつ戻りつしながら朝の散歩を満喫した私とまりこさんでした。

富良野というところは作家:倉本聰さんが移住され、富良野塾を結成されたいきさつから、
氏の脚本やドラマの舞台になることが多い場所です。
有名な『北の国から』に引き続き、先述の『森の時計』が登場する『優しい時間』。
そして2008年には『風のガーデン』が富良野を舞台にしたドラマで高視聴率をとったようです。

実はその当時友人から薦められていたにもかかわらず、
『風のガーデン』を一度も見たことがなかった私。

もしもあのドラマを見ていたらこの場所はどれほど感動的だったろうか、と思います。

そう、朝の散歩の続きに、あのドラマの舞台となった本物の風のガーデンへといざなわれたのです。

a0135439_0184163.jpg


そこは絵に書いたようなそれは見事なブリティッシュガーデンでした。
約2,000㎡の庭に370品種の花々が咲くという。



「ここは風の通り道 花々の生命が輝く処」・・・・。



最初にメインアーチをくぐります。

a0135439_0191213.jpg


右に左に曲がりくねった小路を歩けば、一歩ごとに違う品種の花々が咲き誇っています。

a0135439_0194776.jpg



何よりも楽しいのは、ドラマの中で勝手気ままにつけられた花言葉を持つ花々が
いかにもその花言葉らしく咲いている様です。

この勝手気ままな花言葉をつけた・北海道在住の訪問医の役は、
このドラマで文字通り最後の熱演をされた緒方拳さんでした。



その一部を少しご紹介します。

*** § ***



a0135439_0213764.jpg
a0135439_0215036.jpg


《ユーパトリウム/フジバカマ》
花言葉:どうしてアタイの美しさを、みんな認めようとしないンだ



*** § ***

  


a0135439_0241970.jpg


《ルドベキア‘ゴールドストラム’》
花言葉:一課に一人。事情通のオールドミス



*** § ***




a0135439_0251363.jpg


《エキナセア・パープレア‘マグナス’》
花言葉:アキバの侍女でございます、御主人様!



*** § ***


  

a0135439_0283527.jpg


《モナルダ(ピンク)/ピンクベルガモット》
花言葉:どうしてカメラ見て笑えっていうの?!



*** § ***




a0135439_0304541.jpg


《バーベナ・ハスタタ/バーベイン(ブルー)》
花言葉:老いは笹ダニのように知らぬ間に足元から這い上がってくる



*** § ***




a0135439_0324945.jpg


《バーベナ・ハスタタ‘ピンクスピアーズ’》
花言葉:どうせあたいは田舎者、街の女にゃなれないの



*** § ***




a0135439_0344161.jpg


《ユーフォルビア・ロンギフォーリア‘アムジラッサ’》
花言葉:乙女の祈り



*** § ***




a0135439_714436.jpg


《ススキ》
花言葉:懐かしき秋のお化け



*** § ***




a0135439_0365272.jpg
a0135439_037104.jpg
a0135439_0372872.jpg


《ツキヌキニンドウ/ロニセラ》
花言葉:一生、独身(ひとり)で終わるのかしら?



*** § ***




a0135439_0392428.jpg


《フロックス・パニキュラータ‘ジュニオールスープライス’》
花言葉:終戦の日の記憶。おふくろの持たしてくれた日の丸弁当。



*** § ***




私たちは、夢中で、無言で歩きました。

a0135439_0434219.jpg





風の・・・・・ガーデン。

a0135439_0441968.jpg


「ここは風の通り道 花々の生命が輝く処」・・・・。


つづく・・・・・・。
[PR]
by haijikg7 | 2010-08-06 23:42 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/11097707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koto215 at 2010-08-08 04:45
はいじさん、おはようございます♪
素敵な場所ですね~
私は残念ながらドラマも見ていませんでしたし、この場所へも行ったことがないのですが…

花言葉には笑えました!
ドキッ、私?というものもいくつか…(笑)

いつもキレイなお写真の数々、楽しみに拝見させて頂いています♪
Commented by haijikg7 at 2010-08-08 07:11
kotoさん
おはようございます。
見ていただいて嬉しいです。
ありがとうございます。

ブリティッシュガーデンの本当の素晴らしさに初めて触れました。

花言葉ね、本を購入したので、今も色々読んで楽しんでいます。

斑入りのゲラニウムはね、
「ママの下着の控えめな下心」。

ゲウム・リヴァーレという花はね、
「ダメだ、もうダメだ!何をやってもお化粧がのらない!」

クレマチスはね、
「亭主の気づかない人妻の色気」だって(笑)
Commented by azukki_bio at 2010-08-08 08:00
はいじさん 
「優しい時間」は見なかったけど、「風のガーデン」は見ていました。
あ、正確には、「優しい時間」は初回途中まで見て、つらくなって以後見なかった・・・
「風のガーデン」は、キイッチャンと拳さんが珠玉の共演でした。
ガーデン風景は、それはもう夢のように美しかった(ドラマの中で)。
現実に見たら、どんなにか・・・!
私だったら帰ってこられなくなるかも。
でもね、花言葉は正直あんまり記憶に残っていないんです。
本が出ているんですね。
きれいな写真に花言葉が加わると、何やら別のニオイがいたしますね(笑)
それにしても、最高に美しい時期に訪ねられたのでは?
Commented by wakaba-3 at 2010-08-08 08:36
はいじさん、こんにちわ
素敵な写真の数々、有難うございました

風のガーデン観てました
撮影に入るまでに、一年以上かけて作ったと聞きましたが、ほんと素敵ですね

私も行って見たくなりました♪
Commented by hisako at 2010-08-08 21:21 x
こんばんは。
もう、ここ何日かうっとりしながらお写真を眺めてました。
本当にすてきですねー。何もかも!!
私も明日から白山登山なので、はいじさんみたいに素敵な写真がとれたらいいなあと意気込んでます。
Commented by haijikg7 at 2010-08-09 07:15
azukkiさん
実はこの場所でまの字と話すのはおおかたあの字のことばかり・・・。
え?気持ち悪い?
(笑)
だってね、まの字が「これ、あの字ガーデンにもあるんだよね」って解説してくれるんだもん。
で、私たち二人がガーデンから出てきたときには話題は違うものになっていたので、会話の中のあの字はガーデンに滞在中ですね、今もなお。
陽性、いえ妖精になって・・・。
Commented by haijikg7 at 2010-08-09 07:16
わかばさん
お出かけください。
そりゃあもう!
ご丹精のお庭です。
でね、アイスクリームがおいしいのよ(内緒)
(笑)
Commented by haijikg7 at 2010-08-09 07:20
hisakoさん
そちらも残暑は厳しいことと思います。
hisakoさんの登山写真、楽しみにしています。
(本当はロンドン写真も!)
氣をつけて行ってらっしゃい!
Commented by わかいN at 2016-03-14 18:47 x
6月に風のガーデンを訪れる予定です。研究大会が終わったあとのアラセブンティ一人旅。ずっと前にドラマを見てからいつか行きたいと願っていました。親の看取りを終わり、自らの老いの少し手前、今ならではの花と緑三昧の一日を過ごしたい。ふと見たハイジさんのページを見て、想いが叶ううれしさとあの庭にたてるんだ!とすでにドキドキしてきました。研究大会も楽しみなんですよ。。
Commented by haijikg7 at 2016-04-28 16:02
わかいNさま
6月にお出かけなのですね。後もう少しですね!
そのころのガーデンはどんなふうでしょうか・・・。
広いですが、花々をゆっくり見て歩くのでちっとも疲れません。
時間と、空気と、樹木花々を堪能なさってくださいね。


<< 逝く夏 森の時計 >>