ひつじぐさ

a0135439_835942.jpg


睡蓮
調べてみたら、夜に花が閉じて眠る蓮だから睡蓮というのだそうです。
蓮は夜に閉じないんだっけ・・・?
8月になったら確かめてみよう。

未の刻(午後2時ごろ)に白い花を咲かせるから、ひつじぐさとも呼ばれます。


実家には私が産まれるうんと前から大きな石の浴槽のようなものが庭に据えられていて
毎年誰が世話をしているわけでもないのに睡蓮の花が咲きます。
お盆の頃に咲く蓮は植え替えをしたり、世話がかかるのですが、この睡蓮は手のかからない子です。
ちなみにこの石の浴槽みたいなものの中には夜店ですくった金魚を放っていて、
時々中を覗き込むと巨大化した金魚が人面魚のようにゆっくり泳いでいます。
巨大化といってもフナぐらいですが・・・。
金魚の寿命って何年ぐらいなのかな?
私がすくった金魚はさすがに・・・。
でも姪や甥が放ったのはまだいる様子です。
飼ってるわけではないのですが、金魚マンションになって増えているのかもしれない。
水が透き通っていないのでよく見えないのです。


蕾はこんな様子。

a0135439_8174599.jpg

[PR]
by haijikg7 | 2010-05-26 08:16 | 日々のこと | Trackback | Comments(25)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/10688613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shiro-midori at 2010-05-26 11:32
はいじさん、こんにちは。
蕾、発光しているみたいに白いですね^^
Commented by haijikg7 at 2010-05-26 17:25
白と緑さん
こんにちは。
蕾が十字架みたいでしょう・・・。
シロトミドリなの。
で、ぽわ~ンと浮いてるみたいなのが可愛いなぁって思います。
Commented by azukki_bio at 2010-05-26 17:27
はいじさん 私もそう思った!光ってる!
すごーい。
蕾フェチの私はもう・・・
Commented by こるぷん at 2010-05-26 19:57 x
花のやく?が、ちりめんじゃこに見えるのは
八坂神社のちりめん通り(勝手に付ける)で
たくさん、おじゃこを見たからでせうか?
Commented by haijikg7 at 2010-05-26 20:55
azukkiさん
蕾にはその中に未来がありますね。
大きな花にも小さな花にも何色の花にも一つに一つずつ未来がある。
そしてみんな輝いている。
azukkiさんの乙女がそこに反応されるのでしょうか・・・。
あ、でもアラレモナイ大人咲きもお好きですよね^^
Commented by haijikg7 at 2010-05-26 21:00
こるぷんさん
おかえりなさい。
楽しいワン・ディ・トリップでしたか?
お目当ての場所は制覇できましたか?

朝、母にお弁当を届けて大慌てで撮った写真だから花弁の細部まで見ていなかった・・・。
今クルクルって上に戻って見てみたら、笑えました(笑)
ちりめんじゃこねぇ・・・。
ほんと、そう見えるね。
でもそう見る人のほうが少ないと思います。
持って生まれたオモローなセンスが抜群です!
Commented by みーま at 2010-05-26 22:10 x
はいじさんこるぷんさんこんばんは。

あの・・・私も最初に「ちりめんじゃこ!」って思ったのですが・・・もしかして・・・私って・・・オモロー2号?
Commented by haijikg7 at 2010-05-26 22:16
みーまさん
何を言うてはるんですか?
1号ですやん(笑)
Commented by harukob1 at 2010-05-27 13:59
はいじさん、きれいですね!
泥沼の泥に染まらぬ蓮の花、、ですね、つぼみが特にすごい!
金魚がいるのね、可愛いわね、、
知人が大きな火鉢を庭において、水を入れて金魚を飼っていたのを思いだしています。
3、4匹の金魚に名前を付けて、その名前を呼ぶと不透明な水底から、呼ばれた金魚だけが浮き上がってきました、「くろ、くろ、くろ、、」って人差し指を水面でぴちゃぴちゃやると黒い金魚が浮かび上がってきたのよ。
Commented by haijikg7 at 2010-05-27 22:42
はるこさん
こんにちは。
むしろ泥を吸っているから気高いのかもしれないですね。
そして蕾に未来を持っている・・・。

知人の金魚さんはちゃぁ~んと言葉がわかるのですねぇ。
人間の話を大きな火鉢の中で聞いていてクスクス笑っていそうですね。
うちの金魚マンションはどうなっているんでしょうか?
一度夏になったらどうにかして水を入れ替えてみましょう・・・。
ちょっとコワイ・・・^^;;
Commented by perori617 at 2010-05-28 14:11
睡蓮ってそんなに早く咲くのですねぇ。
夏になると、睡蓮や蓮の花を見たくて琵琶湖や植物園に
行くのですがお昼近くなってしまうので
花が閉じ始めている事が多いです。

もっと早く行かないとだめですね。

家に睡蓮の花があるって素敵ですね。
Commented by haijikg7 at 2010-05-29 10:25
ぺろりさん
こんにちは。
この睡蓮は午前8時頃の様子です。
ひつじぐさなんだから午後に咲きそうなものなのに、ですね。
Commented by m2style at 2010-05-29 16:14
はいじさん、初めまして~♪
実はazukkiさんのところから何度もおじゃましておきながら、
なかなかコメントできずにおろおろ、またにしようとおろおろ。
そして今回はヒツジグサを見て、ああ、やっぱりコメントしようと、
コメントを書き始めたシドニー在住のTamakoと申します ^^
梨木 香歩さんという作家さんはご存知ですか。
私は彼女の作品が好きで特に「家守綺譚」 が大好きで、
そのお話の中で「ヒツジグサ」という章があるんですけど、
未の刻(午後2時ごろ)に開花した後にケケケケケッって
物語の中でヒツジグサが鳴くんです。それがとても印象的で、
この写真を見た瞬間にそれを思い出してしました。
こんな美しい花がケケケケッだなんて鳴くはずもなく。
正体は別のところにあるのですが・・・
蕾がまた凛としていて美しいですね。
また遊びにきます。このご縁に感謝いたします。

Commented by haijikg7 at 2010-05-30 17:26
Tamakoさん
はじめまして。
実はazukkiさんつながりで私もTamakoさんを・・・。
同じように見てくださっていたなんて驚きです^^
シドニーには20年ぐらい前に母や叔母と旅行で訪れました。
数日だけですが。
ちょうどお正月明けで日本の昭和天皇が崩御された時シドニーにおりました。
新聞を読まなかった私たちはそのことを知らず、地元の方にそのことを伺ったのですが「とても残念なことをお知らせします」と本当に残念そうに言ってくださったのが印象的でした。

梨木香歩さんは「西の魔女が死んだ」の方ですね。
それだけしか知らなくって・・・。
「家守綺譚」には植物で章だてしてあるのでしょうか?
ヒツジグサが開花してケケケケって?(笑)
正体は別のところ?
なんだかウズウズっとするような興味がわきます。
ヒツジグサのご縁のTamakoさん、嬉しいです。
宜しくお願いします。
Commented by yuraranote at 2010-05-30 23:30
あぁ…。家守きたん…。
普段小説をあまり読まない私が友人に勧められて読み、印象深かった本。 
そうか、あのヒツジグサって睡蓮だったのですね。

というところに反応して、歯磨きしながら読むだけのつもりが
思わず書きこんでしまいました。
はいじさん、こんばんは。

睡蓮と言えば、♪「JULY」
あの歌でも、朝早くに咲くことになってますよね。

蕾、わたしは良いお湯に浸かって、咲く前に
ほ~っと一息ついているように見えました。
Commented by azukki_bio at 2010-05-31 13:29
はいじさん こんにちは。
はいじさんとTamakoさんがつながった♪
しかも「家守綺譚」で♪
大好きな小説です。
Commented by m2style at 2010-05-31 16:51
はいじさん、まぁ~そうだったのですね。ふたりそろってお互いのブログを行き来していただなんて(笑)とても嬉しいです。家守綺譚はヒツジグサをはじめ、恋するサルスベリや、タツノオトシゴを孕む白木蓮など、数々の植物が物語の中にさりげなくけれども美しく奇妙に登場します。きっとぐんぐんとお話に引きずりこまれてしまうことでしょう ^^ こんな風にヒツジグサをレンズを通してお撮りになる方ですものきっとこの本を読んだ後はもっと違う印象でお写真を撮られるようになるのではないかな~などと期待しております(笑) シドニーにいらっしゃったことがあったのですね。そうでしたかぁ、これもまた奇遇といいましょうか。昭和天皇が亡くなられたあの日のことを私は鮮明に覚えております。母にたたき起こされて、大変なことだよ、昭和天皇がお亡くなりになったんだよと聞いて、子供ながらにこれからどうなってしまうのだろう・・・と不安になった記憶があります。20年後の現在のシドニーはもしはいじさんが訪ねてくださったら少し驚かれるかもしれません。8年前に来豪した私でも街の変わり様に驚いております。でも変わっていないのは空の色と広さかもしれませんね。また伺います♪
Commented by m2style at 2010-05-31 16:53
はいじさん、コメント欄をお借りいたします。
azukkiさん、はい、つながりましたよ~ うふふ。
こういうつながりや輪っていいですね~ 
Commented by haijikg7 at 2010-05-31 23:25
ゆらさん
こんにちは。
ゆらさんも「家守きたん」お気に入りなんですね。
それは是非読まねばね!
 
蕾がお湯に~なんて、お風呂好きなゆらちゃんらしい発想ですね。
でもそんな風に見えるから不思議^^

そしてそこかしこに彼女の♪があるゆらさん、一途でいいなぁ^^
Commented by haijikg7 at 2010-05-31 23:30
azukkiさん
こんにちは!
ええ、ええ^^
繋がりました!
ありがとうございます。
そして必ず読まねば「家守綺譚」!
Commented by haijikg7 at 2010-05-31 23:32
Tamakoさん
恋するサルスベリ?
タツノオトシゴを孕む白木蓮?
ますます読みたくなります。
こわいなぁ、はまりそうです。
1Q84のその3とどちらを先にしましょうか?
どちらもワクワク、気持ちはそわそわ(笑)
Commented by yuraranote at 2010-06-02 22:05
はいじさん

家守きたんと同時期に読んだ同じく梨木さんの
「村田エフェンディ」も、すごく残りました
特に最後のシーンが・・・。
はいじさんは、どちらが好きかしら。
Commented by mariko2212 at 2010-06-02 22:11
西の魔女が死んだ」でワイルドストロベリーの話しがあったな。
と つぶやいただけ。無視希望。
Commented by haijikg7 at 2010-06-03 08:17
ゆらさん
こんにちは。
わぁ、また読むものが増えた!
嬉しいナァ。
そしてそのお誘い文句、読むしかないじゃないですか(笑)
Commented by haijikg7 at 2010-06-03 08:17
まりこさん

・・・・・・・(笑)


<< RISTORANTE i-lunga 翡翠 >>