庭の牡丹

a0135439_2211691.jpg


昔、華道の師匠が教えてくださった。

   冬には赤い花が多い。
   山茶花や椿がそうですね。
   春になって最初に咲くのは黄色い花。
   福寿草、タンポポ、山茱萸 (さんしゅゆ)、連翹。
   それから桜が咲く頃からどんどん青い花になっていく。
   藤、あやめ、菖蒲・・・。
   そして赤紫になっていくのです。
   ほら、牡丹や芍薬や紫陽花もそうですね。

   ふ~ん、そうなのかぁ・・・。

   * - * - * - * - *


今の私なら「ふ~ん・・・」じゃなくて、
「温かくなるにつれて花の色が陰性になるってこと?」って考える。

そんなことを思っていたらこの方のお庭にも青い花が・・・。

今日は夏日だった。
実家の牡丹が朝からピッカピカのお日様に照らされていた。
[PR]
by haijikg7 | 2010-05-06 21:56 | 日々のこと | Trackback | Comments(46)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/10562751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by azukki_bio at 2010-05-07 04:10
はいじさん、おはようございます。
見事に咲いていますね。
牡丹は女王のイメージです。
香りも凄い。

春先は確かに黄色い花が多いですよね。
うーん、陰陽か・・・
今、我が家の庭には青から紫の花ばかりです。
牡丹もあり、毎年こんな色のが咲いていましたが、去年剪定し過ぎたようで、今年は蕾がつきませんでした(涙)。
昨夜からこちらは雨。
そちらでも、今頃牡丹が雨に濡れているでしょうか。
Commented by haijikg7 at 2010-05-07 09:24
azukkiさん
勝手にリンク、すみません。
あまりに蒼くてしびれました。
そして可憐さにドキュンです。
花の色が季節で変わるのは陰陽ではない?
アリ??
こんなところで間違ってしまっちゃったカシラン?

お陽様にも雨にも牡丹はただサイテイルだけ・・・。
Commented by 子象 at 2010-05-07 11:41 x
はいじ姐ちゃん こんにちは。

花の色だけでなく、私も季節で変わるのは陰陽ではない?
アリ??
明日のお洋服何にしよう?とクローゼットをオープン。(大した大きさではありません)
すると、何故かブルーばかりが間に止まるの。
明日の京都へはブルーかな^^
Commented by harukob1 at 2010-05-07 14:24
花の色に陰陽、、、面白い考えね。そう言われれば、、、って色々考えてしまいました。それにしてもみごとな牡丹ですね!
青い花って男の子みたいで可愛いなあ、とも思います。
陰の色なのね。
Commented by haijikg7 at 2010-05-07 17:36
子象ちゃん
こんにちは!
明日~!
私までワクワクです。
さぁて何着るのかな?
今日はブルーが目に留まっても明日は何色かわからないよね。
だからいいよね~^^
子象ちゃんのスタートの日。
中川さんのブログでその勇姿を楽しみにしています。
これかますます目が離せないむそう塾パワーです。
Commented by azukki_bio at 2010-05-07 17:57
はいじさん 
「うーん、陰陽か・・・」は
陰陽で説明できる気がするけど、スグには思いつかない・・・
青い花って涼しいところが好きな気がするなあ・・・
南国の花はなんだかカラフルな気がするなあ・・・
なんて考えて唸ってただけですぅ。

青や紫の花が好き、ということは陰性かなあ、とは思う。うん。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 06:50
harukob1さん
青い花は男の子みたいって、言われてみてそうだなぁと思います。
とくにazukkiさんのところの深山蛍蔓は少年の趣がありますね。
お花ではないけれど青いりんごも少年みたいな気がします。
陰陽については勉強中です。
とっても興味深いです。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 06:56
azukkiさん
自分で記事にしておいて、あとからイロイロ考えました^^;
そうそう、南国の花とか、あとチューリップも色んな色があるし、とか。
日本古種の花のことをよく知らないから、ちょっと考える機会にもなりました。
例えば椿にも赤や白が斑入りがあるけれど、かけ合わされたものでなく古種のものは何だろう、とか。
椿はそれを考えるには種類が多すぎる気がしますが・・・(汗)

もっとちゃんと調べて記事にするべきだったノカ・・・?
Commented by マクロ美風 at 2010-05-08 09:22 x
お、陰陽のお勉強会が広がっていますね。
では、沖縄の熱い太陽のもとで咲く真っ赤なハイビスカスは、何と説明しましょう?
Commented by じゅんこ at 2010-05-08 10:59 x
はいじさん、美風さん、お邪魔します。

沖縄の真っ赤なハイビスカス・・・・
花自体は大きく上に向かって咲くので、陰性な花だと思います。
真っ赤な色(陽)は、強烈な紫外線(陰)から身を守るためでしょうか?
じゅんこ的考えですが、皆さんどう思われますか~?
Commented at 2010-05-08 18:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さっこ at 2010-05-08 18:28 x
はいじさん、美風さん、みなさま こんにちは。
沖縄のハイビスカス、レイや髪飾りにもしますよね。
花だけ切っても枯れにくいし(みずみずしい=陰)、花びらも大きく開いているのでわたしも陰性な花なのかなぁと思いました。
色が赤(陽)なのは、強い日差し (陽)や、潮風(陽?)に負けないようにするため?
むー…。
北海道では紫色のラベンダーが咲くのも、同じような意味なのでしょうか?
むむー…。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 20:03
マクロ美風さん
わぁ~!!
どーしましょ?
ちょっと考えマス・・・・(汗)
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 20:06
じゅんこさん
こんにちは。
早速のコメントありがとうございます。
真っ赤な陽の色が紫外線(陰)から身を守る・・・!
身を守る、という発想が私にはありませんでした。
じゅんこ的思考回路、スゴイと思います。
あ、そういう意味の「どう思われますか?」じゃないですね^^;
でもスゴイんだもん。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 20:27
さっこさん@コトリさん
こんにちは。
お!さっこさんも「負けないように」という発想なのですね。
確かに南の国の日差しは強いし、島だったら潮風も吹きますよね。
ハイビスカスが山の中で咲くという光景はあまり思いつきませんものね。

ハイビスカスで頭がいっぱいでラベンダーまで頭がまわらないのでした・・・。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 20:36
あれ?
ワタクシの魔法のメガネはどこに行ったんでしょうね、お母さん・・。

んーー・・・。
沖縄は陽性な土地だから陰性な植物が生える。
陽は陰を生む、ですよね。

しかしハイビスカスの花は赤や黄色など陽性な色ですね。

あ!
ハイビスカスそのものは高木で陰性だけれど、陰は陽を生む、で花の色が陽性になるのでしょうか?
あるいは陰性なハイビスカスの木が極まって陽性な色の花に結びつくのでしょうか?

伝説の陰陽講座を受講したお友達はどこかにいっちゃったんでしょうか?
どこかで見てる?どうでしょ?

美風さん、どうでしょう?

どうでしょう?どうでしょう?星人になってしまいます。
Commented by じゅんこ at 2010-05-08 23:53 x
はいじさん、こんばんは。スゴイですか?
でも、椿は冬に赤い花を咲かすのですよね~。なぜ?なぜ?
花の色を決めるのは、熱さ寒さではなく、湿度でしょうか?
水(陰)を好む植物は、陰性の色の花を咲かす。
乾燥(陽)を好む植物は、陽性の色の花を咲かす。
うー、どうでしょう?
Commented by こるぷん at 2010-05-09 00:12 x
こんばんみ、酔っ払いながら帰ってきました。
むむむ課題 お風呂に入りながら
色のスペクトルと西瓜と紫陽花を考えてました。

紫陽花って、たすか土のアルカリとナトリウムの割合
で色が変わっていくと聞いたことがあるような
ラジマンダリ

で、わたしなりに考えたのは陰極まり陽になる
西瓜は陰性な食べ物
だけど、何故色を赤にしたのか
ジャングルの花が何故、でかくて
あんなケバケバシイ色なのか

それは植物が種を保存する手段
媒介する虫や鳥をおびき寄せるため

俺っちは、もっともっとぉ甘いぞぉ~
普通の甘さちゃうぞ(青い陰くらいじゃない)

普通の色では、虫たちはここではやってきてくれないから、
色だけ極まり、赤に転化したんちゃうかなぁ~と

酔っ払っていて、最後どうしめたらいいか
分かりませんが後は、よろしく姉様

Commented by マクロ美風 at 2010-05-09 09:53 x
酔っぱらいこるぷんさん、正解!
おめでとう!
Commented by マクロ美風 at 2010-05-09 09:58 x
あ、一つ忘れた。
こるぷんさん、スイカは陰性だけではありません。
しっかり陽ももっています。
どこにあるかはもうお解りですね。
マクロビオティックでは、スイカにまつわる悲しい語り継がれた秘話があります。
機会があったらお話ししましょう。
Commented by こるぷん at 2010-05-09 13:14 x
マクロ美風様
わ!!(^^)! ミラクル☆~な出来事が、
マクロ美風さんから正解のコメントがぁ~、キャイ・キャイ

だけども、だぁけ~ど、更に高度な問いが
だひゃ~、(~o~)スイカはしっかり陽も持っている?
どこにあるか、全然解かってません。中途半端生徒(~_~)
ちっとも動かない脳味噌に考える機会を与えて下さり感謝ばかり
更に考察を進めてみます。

スイカにまつわる悲しい語り継がれた秘話
これも是非、お伺いしたいです。
永久ふらふら、投稿生徒にならず、このまま頑張って
もう一度二人の先生の前に伺う機会に恵まれましたら
どうぞ、どうぞその時はよろしくお願いします。

Haiji姉様、コメント欄お借りしました
ありがとうございましたぁ。
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 16:38
じゅんこさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
ブロガーが不在の間にたくさん書いてくださってありがたいかぎりです。

そして湿度に思い至るところがやはりスゴいです。

ハイビスカスの赤い理由の正解はでているのですが、さらなる課題が…(汗)
そして気になるお話も伺いたいですね。

解答に果敢にチャレンジお願いいたします。
Commented by こるぷん at 2010-05-09 16:44 x
引き続きHaiji姉様、スペースお借りしております。

酔拳では、ありませんがお酒が入ってないので、
どうも思考がストップして
ひらめきがない、ラジマンダリな夏日の午後

スイカのしっかり陽ももっている部分を考察中れす。

果物の中で、西瓜だけが、阪神タイガースよろしく
縦じまを着用しております。
きっと、ここが他の果物と違うとこで
ここが味噌なんですよね?!

果物から他に範囲を広げました。
縦じま、虎とシマウマしか思いつかない

しかし、酒の害と砂糖の害により思考ショート。
炊き方を極め、更に日々なかがわ式玄米を吸収し、
思考をクリアーにしなければ、近い将来やばす。

横道それました
何故、天に向かって縦じまなのか?

虎と豹とライオンの関係
しまうまと馬の関係
西瓜とその他南国果物の関係

天に向かって縦に伸びた黒い縞が、どうゆう事象を
表しているのか?

こりゃ無言の繰り返し作業でひらめきを
受けるしかない。玄米炊飯と掃除だなぁ~。
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 16:49
こるぷんちゃん
こんにちは。

酔っ払い迷解答と思いきや、大正解!

パチパチ!!
やんや・やんや!

種の保存のためには、甘く、あるいは別の種は苦く、私たちは自然界から学ぶばかりです。ところ変われば、また季節変われば色も味も大きさも変わるのですね。

青い花では「あたくし、もっと甘いのよ~」の主張の限界アリ。
で、極まって赤く転じる。
ナルホドです。

また一緒に考えてね。

明解答またお待ちしています。(ワタクシ他力本願)
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 17:02
マクロ美風さん
こんにちは。
考える機会をいただきありがとうございます。

陰陽の学びは奥深く、幸せコースでご紹介いただいた本には「難しいと思いきや解ると納得するばかり」と書かれていても、納得までの道程が長く思います。

この一年「陰陽で考えたらすぐ解るはず」とご指導いただいきました。
糠床然り、煮物然り、人付き合い然り。
今のところ迷ったら「陰陽で考えてみよう」という思考回路になるだけですが、さらに独学、また仲間同士で深めていきたいです。
スイカのお話、是非お聞かせください。
ありがとうございます。
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 17:09
こるぷんちゃん
再々ありがとうございます。

さてスイカの陽な部分ですが、私は皮が固いところかなぁと思いました。

固い皮の中に赤くて甘くて水分たっぷりで種がたくさん散らばってる実がある。
あれ?
実がひとつ、というのも(房にならない)陽ですね。
も少し考えてみますね。
楽しいですね。

あの~そこのロム専のあなたもコメントくださいまし~(笑)

一緒に考えてみませんか?
Commented by おはる at 2010-05-09 19:11 x
はいじさん、おひさしぶりです。
ロム専は私です。
頭がパニック。。。
スイカの陽、種でしょうか。
水っぽいところは陰性ですが、赤い果肉は、種を包んで
陽性なのかな、って思います。子宮みたいです。
皮の濃い黒と緑が陽性に見え、皮の内側は白くて陰性かな?
太陽の光をいっぱいに受けないと、外側の緑と黒も薄いままで、中も白いままで、甘くならないことも、陰陽?
スイカ畑は毎年見てますが、見当つきません。。
そういえば、トマトも日光を受けて、赤くなりますね。
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 22:05
おはるさん
こんにちは。
種ですか?
むぅ~・・・。
そして太陽にあたらないところって黄色っぽいですよね。
うんそうですね。
こんなにスイカについて考えたことってなかったですね(笑)
Commented by haijikg7 at 2010-05-09 22:13
スイカの中身って、しっかり果肉が詰まってますね。
空洞な部分がない。
これは陽性ということだと思います。
でも果実ってだいたい中身がみっちり詰まってますね。
Commented by azukki_bio at 2010-05-10 06:48
はいじさん おはようございます。
庭仕事してる間にこちらはすっかり陰陽講座の課外授業!?

スイカの陽性。
まんまるで閉じているところ、固い皮に覆われているところ、赤いところ、と思いますが、どうでしょう?ねえ?どうでしょう・・・
Commented by haijikg7 at 2010-05-10 09:10
azukkiさん
こんにちは。
庭仕事関係ですと、私の実家の庭の牡丹はきれいに散っていました。
それなのに、課外授業は続きます・・・。
まんまる
閉じている
硬い皮
赤い

陽性な要素ですねぇ。
ねぇ、そうですねぇ・・。
Commented by torikomesi at 2010-05-10 13:45
はいじさんこんにちは。
難しいですね~
そしていつの間にかスイカに話が移っていたんですね。
すいかの陽って、何でしょうか。
もうついていけない(・_・)......
Commented by haijikg7 at 2010-05-10 18:29
とりこさん
こんんちは。
そうなんです。スイカに話題は移っています。
果てしないです。
ついていけないなんておっしゃらずに引っ張っていってください。
幸せコースに通っていたときなら一月後に「あの回答はなんですかぁ」と伺うこともできたのに、ここにきて、ええ、卒業後の勉強が始まってしまいました。
こんなことでもないと意思しないものですね。
いい機会をいただきました。
って、遅い?(汗)
Commented by kozo-track at 2010-05-10 21:50
はいじねえちゃん こんばんは。
始めの方でコメントさせてもらった後、あわわ~と汗をたらしていました。
陰陽はこのスイカ談義のように1方向から見るものではなく、様々な角度から見なければならないのですよね。
改めて学習させていただきました。
あー、陰陽講座受講したのに、全然わかってないです。
スイカの件で1つ。
スイカ大好き人間の私。
でも、腎臓が弱い為、スイカは特にNG。
でもでも、スイカ糖は逆に腎臓に良いからと、昨年は5時間かけて作りました。
これ何か関係あるのかしらん?とふと。
煮詰めるとますます赤くなって甘くなって、それはスイカとはいいがたい味。はっきりいって甘過ぎて私は苦手でした。
これが腎臓によい、となるとスイカの赤もハイビスカスと同じで陰極まって陽に転じたからで、それを煮詰めると更に陽になるということでしょうか?
むむー。この辺でお口チャックします。(さらに汗)
Commented by haijikg7 at 2010-05-10 23:52
こぞうちゃん
こんばんは。
コメントありがとう。
こぞうちゃんもスイカが好きなんですね。
私もです。
叔父がスイカを育ててたくさんくれるので、ジューサーで搾ってスイカシャーベットにして食べていました。
シャーベットにする前段でスイカジュースを煮詰めるのですが、それが甘くてさすがに「むむう・・・」なお味。
でもそれを凍らせたら甘さはそれほどでもなく、喜んで食べていた過ぎ去りし夏の日々。
ところでこぞうちゃんの作った「スイカ糖」というもの、何でしょう?
調べる前にコメントし始めて、あわわ(汗)
でも私の作っていたスイカジュースとは似ても似つかないものだということは判ります(あはは)。
こぞうちゃんのコメントでさらに学びの機会をいただきました。
あとで調べてみます。
そろそろ私もお口チャックします(大汗)
Commented by マクロ美風 at 2010-05-11 14:57 x
はいじさん、こんにちは。
時々出没してお騒がせしております。
正解をお知りになりたいでしょうが、桜沢先生は決して正解を教えませんでした。
勉強にならないから。
自分で考えることによって身につくことが多いからですね。
スイカの陽性部分については、皆さんが中らずと言えども遠からずなんですよ。
ただ、文章に自信のなさが表れていますね。
そこをハッキリと言い切れるようにしないと、陰陽を生活に活かすことが出来ません。

はいじさん、コメント欄をお借りします。

>子象さんへ

腎臓の病気には陰性タイプと陽性タイプがあります。
それによってスイカの扱いも異なります。
その場合はスイカがむしろお勧めの食べ物になったりしますので、一概にスイカがNGとは言えません。
ご参考までに。
Commented by じゅんこ at 2010-05-11 19:46 x
こんばんは。
週末、風邪でダウンしておりましたら、次はスイカですね。

私も皮が陽性だと思います。
中身がとても陰性で水分が多いので、皮は分厚く、硬くなければ、あれだけ大きくてまん丸には育たない。
また、ハイビスカスとは逆で、成長過程で鳥につつかれたりしたらいけないので、緑と黒の保護色になっているのだと思います。
Commented by kozo-track at 2010-05-11 20:50
はいじさん、コメント欄お借りいたします。

>美風さん
貴重なお話、ありがとうございます。

当時望診していただいた方から、腎臓が弱っていること、スイカ糖ジャムを作って食べるとよいとの診断を受けました。
その時は、「生はダメなのに、どうして煮詰めるといいの?」なんて考えたこともなく、ただいいものだからということだけで、実践していました。
理由もわからないまま、思い出したことだけをこちらのスイカ談義で語ってしまい、結果皆さんを混乱させてしまったこと、申し訳なく思います。
>ハッキリと言い切れるようにしないと、陰陽を生活に活かすことが出来ません。
ハッキリと言い切れるようになるまでは、語ってはいけませんね。
自分のブログでそう書いたはずなのに、書いただけになっています。反省。

本当にありがとうございました。

はいじさん、度々コメント欄を乱してしまい、申し訳ありませんでした。
Commented by haijikg7 at 2010-05-12 07:34
マクロ美風さん
こんにちは。
お忙しいところコメントありがとうございます。
この数日ほど陰陽について考えたことはありませんでした。
幸せコースに通っていた頃も考えて生活しているつもりでしたか、行き詰って答えがでななかったら「まぁいいか」とやりすごしていました。
それは決して本当に「まぁいいや」と思っていたわけではなく、「今の自分には難しすぎるから、いずれきちんと勉強しよう」と思っていたのでした。
けれど毎日の些細なことこそが学びだったのですね。
今更ながらあたりまえのことに気づきました。
そしてもっと早くから日々を学びのステージとして生きていたなら今回も「こうではないか」と言い切れた自分がいたのではないかと思うと過ぎた日々がもったいなかったと思いました。

皆さんと一緒に考える中で、自分の考え方の癖に気づくことができました。
行き詰ったら自分の考え方の癖にも問題があるのかもしれないと思うようにします。
答え合わせや回答も大切ですが、考えるということそのものに価値があります。
それを皆さんでできたことがなおよかったです。
ありがとうございました。
Commented by haijikg7 at 2010-05-12 07:39
じゅんこさん
こんにちは。
風邪ですか?
でもコメントくださったということはもうお元気でしょうか。
たびたびありがとうございます。
じゅんこさんも私と同じ考えだったのですね。
私もあの硬い皮だと思います。
何かの品質改良かもしれませんが、中身は黄色いのもありますが皮の柔らかいスイカは見ませんものね。
皮の黒と緑の所以は保護色ですか。
瓜系は結構ストライプになっていることがありますね。
スイカほどくっきりではありませんが。
Commented by haijikg7 at 2010-05-12 07:44
こぞうちゃん
こんにちは。
大切な学びの機会をありがとうございます。
こぞうちゃんのコメントがなかったらスイカ糖なんてことばも知りませんでした。
>ハッキリと言い切れなかったら語ってはいけません
本当にそうでしょうか?
そんなことはないと思います。
それでは私などどなたのブログにもコメントを書けませんよ~。
こぞうちゃんは注釈や誤解をまねかないような工夫をしながらコメントをしてくださったのですからとても有難かったです。
これからもドンドンお願いしますね。
私もこぞうちゃんのところにたくさんお邪魔しますね。
Commented by さっこ at 2010-05-12 08:14 x
おはようございます。
ハイビスカスとスイカと陰陽とが頭の中を駆け回ってなんだかたのしいです。
ハイビスカスが赤いのは、子(種)を残すためだったのですね。
「負けないように」と考えたわたしは、なんて自己中心的…。
WOWOWでずっとBBC EARTHを観ているのですが、動物も植物もみんな子孫を残すために食べ、生きているように感じました。
スイカについて深く考えたことがなかったのでウィキってみたら、あの赤い果肉は種子をつけるための胎座なのですね。(知らなかったのはわたしだけ?汗)
Commented by さっこ at 2010-05-12 08:15 x
続きです。

わたしも皮が陽性なのだと思いましたが、子(種)を作ったり守ったりする部分は陽性になるのでしょうか。
そういえば妊婦のお友達が、最近おなかまわりに毛が生えてきたと言っていました(笑)
あ、なんだか脱線してすみません。
美風さんがおっしゃった、すいかにまつわる悲しいお話が気になっています。
Commented by ぼっさ at 2010-05-12 21:31 x
帰ってきたら・・・ものすごい盛り上がりようですね。陰陽課外授業(^^;)ゞ。

旅の直前こちらの記事を拝見し、南の島でちょうどハイビスカスやらブーゲンビリアを見ながら同じことを考えていたので、違うところにいえども、またもやシンクロしていることに驚きました★
10ヶ月ぶりのかの地では、10ヶ月前の自分との違いを実感するようで、不思議な感覚でした。またいつか機会があったらお話しますね♪
Commented by haijikg7 at 2010-05-13 10:36
さっこさん
植物も動物も種の保存のために色形が違うのですね。
当たり前のことですが、このたびのことできちんと考える機会になりました。
私も西瓜の赤い部分が胎座だったことは知りませんでした。
それにしても大きな胎座ですね。
そして水分たっぷりです。
熱帯、亜熱帯のような場所で水分をほしがる動物たちをおびき寄せるための水分。
西瓜の水分を補給した動物が種子をばらまいてくれるというからくりなのですね。

さっこさんのお友達の妊婦さんのおなか。私もそんなことを聞いたことがあります。赤ちゃん(種)を守るための現象としてですね。
そういう意味でも西瓜の皮の硬さに陽性を感じますね。

西瓜にまつわる悲しいお話、いつ伺えるんでしょうね・・・。
Commented by haijikg7 at 2010-05-13 10:48
ぼっさちゃん
こんにちは。
お帰りなさい。
盛り上がってるというか・・・。
静かに培われているというか・・・。

そういえば10か月前、かの地帰りのあなたは京都で「色んな体験ができました」と報告されていました。
覚えています。
確か記事にしますとかなんとか・・・ううん・・・??
ではお言葉に甘えてお話をうかがいます(笑)
きっと気持ちはシンクロしているから、ね!


<< からすうり 著莪(しゃが) >>