著莪(しゃが)

a0135439_20543687.jpg


前栽の立蹲のそばに咲く著莪の花。
春から初夏にかけて実家に帰ると庭の様子が1週間でガラリと変わる。
どこかに出かけなくても充分に堪能できる、そんな休日。
[PR]
by haijikg7 | 2010-05-05 20:58 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://haijikg7.exblog.jp/tb/10554818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by harukob1 at 2010-05-05 22:12
わっ!  ステキ!
こんないい花が咲くお庭があったら、どこへも行かなくていいわね、、。
しっかり堪能して下さい、はいじさんみたいに華麗です。
Commented by haijikg7 at 2010-05-05 22:18
harukob1さん
日本はゴールデンウィーク中はどこも混み合っている様子です。
なので、私はあまり出かけないことにしているのですが、ニュースで各地のイベントや行事が報道されるとお出かけするのもいいなぁと思います。

毎年同じ場所で同じように咲く花の凄さを最近になってちゃんと思えるようになりました。
それが目立たないような場所ならなおのこと。
花は褒められたいなんて思っていないんですね。
ただ、咲くだけ。
Commented by Kaguyahime at 2010-05-08 20:16 x
今日のホームレス茶会のお花は「しゃが&ほうちゃく草」にしました。
はいじさんの素敵な画像のせいもありますね。
私は所謂茶花よりも何てことない野の花の方が好きなんです。
Commented by haijikg7 at 2010-05-08 20:41
kaguyahimeさん
こんにちは。
毎月お疲れ様です。
ほうちゃく草もいいですね。
鳴子ユリといつも間違ってしまうワタクシです。
今日は光明皇后1250年法要の献茶式に行ってまいりました。
もちろん法華寺さんです。
そして帰宅したら美風さんから陰陽についての課題をいただいていて、わぁー!っとなっています。
昼間の和菓子とお抹茶の陰性祭りのたたりでしょうか?


<< 庭の牡丹 銀シャリ屋ゲコ亭 >>